フォト
無料ブログはココログ

« 上野の赤ちゃんパンダ・さっそく安住紳一郎アナが名前を予想@TBSラジオ「日曜天国」 | トップページ | 「独歩の森」でマヤラン発見@武蔵野市・武蔵境駅徒歩10分 »

2012年7月 9日 (月)

韓流の原点「風の丘を越えて」久々鑑賞@パンソリを習う綾戸智絵に刺激されて

韓国映画「風の丘を越えて」を見直したくなった。

5日だったかな、NHKBSで「パンソリ 私を救った心の歌〜綾戸智絵 韓国・ナムウォン」を見たのは。

母親の介護に疲れ、精神的に追い込まれていた綾戸を救ったのはパンソリとの出合いだった。

パンソリを深く知るために、綾戸がナムウォンにおもむく。

よく知られた伝承などを独特の節回しで歌い、語るのがパンソリです。

「春香歌」(春香伝)はよく知られてます。

底に流れているのは民衆の「恨(ハン)」です。

Dsc04038_2

私がパンソリを知ったのは「風の丘を越えて」だった。

ラストの姉弟の競演に、魂の昇華さえ覚えた。

心が洗われ、歌の世界に吸い込まれてしまうようだった。

劇場は韓国人のおばちゃんでいっぱいだった。

いまこそ韓国映画は普通に公開されるが、当時はほとんど皆無。

輸入配給はシネカノン。

前年に「月はどっちに出ている」がヒットして、韓国映画紹介にも乗り出したんです。

1994年のこと。

これが当たりましたねえ。

まだまだ偏見はあったが、韓国でも良質な娯楽作が作られるようになっていく。

2000年には「シュリ」公開。

ご存知の大ヒット。

韓流ブームが巻き起こってくる。

「風の丘を越えて」は、原点なんです。


51axw0bce2l

見直しましたとも。

旅芸人の話です。

とても悲しくてせつない。

父子3人で流しているが、耐えられずに弟は逃げ出してしまう。

十数年後、弟は姉を訪ね歩く。

弟が太鼓を持ち、姉が歌い始める。

歌声に、心を揺さぶられる。

姉はいいます。「恨をこえた」と。

通いあった姉と弟の心が、天に昇っていった。

実感しますね。


« 上野の赤ちゃんパンダ・さっそく安住紳一郎アナが名前を予想@TBSラジオ「日曜天国」 | トップページ | 「独歩の森」でマヤラン発見@武蔵野市・武蔵境駅徒歩10分 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/46234294

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流の原点「風の丘を越えて」久々鑑賞@パンソリを習う綾戸智絵に刺激されて:

« 上野の赤ちゃんパンダ・さっそく安住紳一郎アナが名前を予想@TBSラジオ「日曜天国」 | トップページ | 「独歩の森」でマヤラン発見@武蔵野市・武蔵境駅徒歩10分 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31