フォト
無料ブログはココログ

« 「独歩の森」でマヤラン発見@武蔵野市・武蔵境駅徒歩10分 | トップページ | 汁だくはないのか?北京の吉牛丼by戸塚の純ちゃん »

2012年7月11日 (水)

支那じゃないよ、絶滅危惧種のシナノアキギリ@神代植物公園

キバナアキギリだとばっか思ってました。

Dsc04078_2

入り口の案内板にもそうなってる。

ある日、新しい名札が立てられ、シナノアキギリとなってました。

花は同じだが、葉の形が違うので区別は明確だという。

キバナはほこ形。シナノはハート形。

写真をチェックしてみると、ハート形のようだ。

2010年秋に調布の野草園で見かけてブログにも書いたんだけど・・・。

葉の形までは覚えてません。

専門家が鑑定してるんだから間違いはないでしょう。

野草園のときにも書いたが、シナノは信濃。

どっかの知事さんが、わざと使う支那ではありません。

「(パンダの赤ちゃん)そんなもの、どうでもいい」

支那はどうだか分かりませんが、中国が大嫌いなんですね。

長野県の松原湖など限られた地域にしかない。

絶滅の危険性が極めて高い種です。

秋桐だけど、真夏前に咲くんですね。


Dsc03964_3

秋の七草も咲いてます。

キキョウもナデシコもずいぶん前から目にする。

ハギも。

これはヌスビトハギ。盗人萩。

実が、盗人の足跡みたいなんだとか。

盗っ人は、足裏の外側をつかって、足音がしないように歩いたんだとか。

誰が考えたんでしょうね。

鬼平が指揮するような大泥棒じゃなくて、こそ泥のイメージ。

憎めない感じの名前です。


Dsc03962

← これは多分、ウマノミツバ。

葉が三つ葉に似てるが食用にはならない。

馬にでも食わせておけ、が由来とか。

ネーミングの投げやり感が大好きです。

足を止めて眺めるほどの花でもないし、食べられもしない。

毒でもないから、注意を喚起する必要もない。

見分けるためだけにつけられた名前。

人間の無関心さにもめげずに、しっかりとはびこってます。

庭に植える気にはならないけど、頑張って生きていけよと、

応援しちゃいます。


« 「独歩の森」でマヤラン発見@武蔵野市・武蔵境駅徒歩10分 | トップページ | 汁だくはないのか?北京の吉牛丼by戸塚の純ちゃん »

調布市」カテゴリの記事

コメント

ウマノミツバ、高尾山で見ました。
一生懸命観てしまいました。
今日、神代植物園に行きました。
深大寺城跡のエノキに会いに行きましたが、ネジバナは
すっかり姿を消していました。行くのが遅すぎました。
でも、園内の深代小橋を渡ってすぐ、右の小道に折れてしばらく行くと
マヤランが沢山、2か所に咲いていましたよ!
お蔭さまです~♪アップは、ちょっと遅れます。

かたつむりさん。

ネジバナ残念だったですね。

ホントに花の命は短い。

マヤラン、ツバキ園の方ですね。

探しに行ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/46274908

この記事へのトラックバック一覧です: 支那じゃないよ、絶滅危惧種のシナノアキギリ@神代植物公園:

« 「独歩の森」でマヤラン発見@武蔵野市・武蔵境駅徒歩10分 | トップページ | 汁だくはないのか?北京の吉牛丼by戸塚の純ちゃん »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31