フォト
無料ブログはココログ

« ウバユリがいっぱい@神代植物公園 | トップページ | 次の相手スウェーデンが調子よさそう・なでしこ2−1カナダ »

2012年7月25日 (水)

満開!アキノタムラソウ、タコノアシも@野川公園

戻り梅雨も終わって夏の花が一斉に開き始めました。

端境期で寂しかった野川公園の自然観察園も、いろどりがにぎやかになってきました。

Dsc04415_6

梅雨のさなかに咲き始めていたアキノタムラソウは満開です。

名前にいつわりありですが、旧暦の感覚なんでしょうね。

8月に入ればすぐに立秋です。

キク科にタムラソウがあるが、こちらはシソ科。

学名はSalvia japonica。日本のサルビアです。

ナツノタムラソウがあって、ハルノタムラソウもある。

ややこしい。

でも肝心のタムラの意味はよくわからないようです。


Dsc04400_3

タコノアシ。

秋になると茎が赤くなって、吸盤みたいな実を着ける。

そのまんまですが、ガブリとかじりつくとおいしそう。

昔はどこでも見られたんですが数が減って準絶滅危惧種に指定されてます。

川と見ればコンクリで護岸ばかりして、湿地が減ったからねえ。

去年より本数が増えたみたいです。

Dsc04403

オカトラノオはそろそろおしまいですが、ヌマトラノオはまだまだ盛り。

タコノアシの隣にあります。

右側にはミソハギの赤紫の花が。

夏休みの観察には便利ですよ。

穂がお辞儀するのがオカ。

こちらは真っすぐ立ってます。

シンプルな花に好感を覚えます。


bud

bud

bud


Dsc04404

イヌゴマです。

ゴマに似た小さな実を着けるそうです。

イヌですから食べられない。

犬は縄文時代から飼われて役に立っていたのに、言葉にするとイメージ悪いですね。

どうしてでしょう。

岩波古語辞典には「他の名詞に冠して、似ているが実は違うものをあらわす」とあります。

植物に限らず、犬侍、犬死は、臆病でむだだし、

犬に小判、犬の論語なんてのいうのもあるんですね。

まだまだ咲いてますが、次の機会に・・。

« ウバユリがいっぱい@神代植物公園 | トップページ | 次の相手スウェーデンが調子よさそう・なでしこ2−1カナダ »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

多摩散歩人さんは、毎日お元気ですね。
そして、魅力いっぱいの野川情報…。
今年はちょっと予定あり、無理なので、多摩さんのブログで楽しみます。

タコノアシは観たことがありません。
本当にイヌなんとかの名前をみると、ランクが下という意味合いが多いですね。
イヌのつく植物名の多いこと、タヌキ、キツネ、クマもあるけど、ウサギやリスはないのかな?
さがしてみると面白いですね~happy01

男女のサッカーを見てるので寝不足気味です。

タヌキで思い出しました。

タヌキマメが咲くのを今から楽しみにしてます。

タヌキそっくり。

昔はそこらへんで見かけたんだけど、見なくなりました。

神代植物公園の野草園にあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/46435395

この記事へのトラックバック一覧です: 満開!アキノタムラソウ、タコノアシも@野川公園:

« ウバユリがいっぱい@神代植物公園 | トップページ | 次の相手スウェーデンが調子よさそう・なでしこ2−1カナダ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31