フォト
無料ブログはココログ

« ホタル狩りにはネギ坊主を持って・・・@ ♬雨なのに・・野川公園 | トップページ | 俺は待ってたぜ!イチヤクソウがようやく開花@府中の浅間山(せんげんやま)公園 »

2012年6月15日 (金)

蒲焼き・蒲鉾・蒲団・蒲公英・・・みんな蒲(ガマ)がある不思議だな@神代植物公園水生植物園

Dsc03596

大黒様が因幡の白ウサギにやさしく言った「蒲の穂にくるまりなさい」のガマです。

ガマの花粉には止血の効果があります。

そして秋になると綿毛になるんです。

止血と安息を与えてくれるんですね。

フランクフルトソーセージの上の部分が雄花、下は雌花です。

みなさんはハナショウブの写真を撮ってます。

ガマなんか撮ってるのは私だけ。

ところで、タイトルのように蒲焼き、蒲鉾、そして蒲団まで「蒲」があります。

どうしてなんでしょうか。

蒲団は綿毛で分かりますよね。

このソーセージがほころんで綿毛ができて、風に乗ってタネが飛んでいく。

寝具に詰めたんですね。

綿が日本にもたらされたのは10世紀のことです。

それまでは綿毛をつける植物をつかってたんですかね。


Dsc03594_2

蒲の話が長くなるので一息入れてアサザです。

びっしり池を覆ってます。

個体数は減ってるけど、あんまり増えると日をさえぎってしまう。

増えすぎるのも善し悪しのようです。

戻って蒲焼き。

昔はウナギを開かないで、ぶつ切りにして焼いたんだそうだ。

それで蒲の穂みたいと、蒲焼きに。

ああ、ウナギ食べたい。

高止まりしたというけど、ちょっとねえ。

この前、安いウナギが食える登亭の値段をみたら、うな丼の並みで1500円くらいだった。

新橋から銀座に行くところにあって、いい匂いをさせていた。

むかし(といってもずいぶん前)は、500円くらいだったのになあ。

Dsc03600_2

また寄り道しましてハンゲショウ。

半夏生(はんげしょう)は、7月2日ごろのこと。

その頃に葉が白くなるのでつけられた名前。

梅雨とはいえ夏なんです。

次は蒲鉾。

板カマボコを思い描いてはいけません。

竹の棒にすり身を巻き付けたのが始まり。

のちに板カマボコが考案される。

竹輪と思ってください。

蒲公英、たんぽぽ。

これは分かりません。

共通するのは綿毛くらい。

西域の発音に漢字をあてたんではないでしょうか。


« ホタル狩りにはネギ坊主を持って・・・@ ♬雨なのに・・野川公園 | トップページ | 俺は待ってたぜ!イチヤクソウがようやく開花@府中の浅間山(せんげんやま)公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

蒲といえば、きょう話題の蒲田 きっと昔はガマの穂がたくさん茂って
いたんでしょうね。きっともっと海も近かったでしょうから

ほっとおばさんへ。

コメントありがとう。

そういえば蒲田でしたね。

ブログは前夜に書いていたもんで・・・。

本当に、みんな蒲がつきますね。
たんぽぽも。綿毛ふわふわの物に
ついている?でも蒲鉾は?

因幡の白うさぎの蒲の穂にくるまって・・・
のくだりは、ホワホワして気持ち良さそうで
大好きです。
止血作用があったとは。
色々勉強になりました。

みみりんさん。

字ひとつで、いろいろ面白いですね。

ブログ読んでますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45654941

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲焼き・蒲鉾・蒲団・蒲公英・・・みんな蒲(ガマ)がある不思議だな@神代植物公園水生植物園:

« ホタル狩りにはネギ坊主を持って・・・@ ♬雨なのに・・野川公園 | トップページ | 俺は待ってたぜ!イチヤクソウがようやく開花@府中の浅間山(せんげんやま)公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30