フォト
無料ブログはココログ

« J再開・マチダが神戸小川と名古屋永井に注目 | トップページ | カメバヒキオコシは、亀葉引き起こしなんです@野川公園 »

2012年6月17日 (日)

まだ植物がそろってない植物多様性センター(神代植物公園)の評判

2年がかりの大工事を終えて大型連休前に、ようやくオープンした植物多様性センター。

池や岩山、砂地などをこしらえたんですけど、まだまだ寂しい。

Dsc03606

今は、池のほとりのサワギキョウが咲いてるくらい。

常連らしきおじさん、おばさんと話すんですが、口を揃えるのは「前の方がよかった」。

以前は予算がつかないのか、(都立公園です)、ほったらかし。

でも、意外な花が顔を出したりしてファンも多かった。

整備はされたけど、なにせ種類が少ない。

最初は、武蔵野、島嶼、奥多摩の各ゾーンの小径に入れたんですが、すぐに閉じてしまった。

踏み荒らされるというんですね。

それは分かりきったこと。

甘いよね。

あっ、ノハラショウブも咲いてます。

島嶼ゾーンでは、見慣れない花があるんだけど、道を塞いでしまったので、よくわからない。

安物カメラでは遠くて写真も撮れない。

係の人に訊くと「園芸店で買うわけにも行かないので、少しずつ・・・」


長い目で見ましょうか。


Dsc03617

じっくり眺めるものもないので植物公園へ。

ムラサキがあるんだ。

清楚な白い花が・・・。

明治初めまでの武蔵野は、ムラサキの名所だった。

スカイツリーのライトアップは、粋の水色と雅の紫。

紫は伝統の江戸紫。

ムラサキの根からつくったんですね。

助六の鉢巻きは今でもムラサキ染めなんだろうか。

ムラサキのあれこれについては、こちらなどで触れてます。

ムラサキの花を見るとなぜかホッとします。

遺伝子に残された遠い記憶がよみがえるんでしょうか。

江戸っ子じゃないけど、先祖は江戸時代の初めから杉並で畑を耕してました。

北条の残党が帰農したんでしょうか。


« J再開・マチダが神戸小川と名古屋永井に注目 | トップページ | カメバヒキオコシは、亀葉引き起こしなんです@野川公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45679992

この記事へのトラックバック一覧です: まだ植物がそろってない植物多様性センター(神代植物公園)の評判:

« J再開・マチダが神戸小川と名古屋永井に注目 | トップページ | カメバヒキオコシは、亀葉引き起こしなんです@野川公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31