フォト
無料ブログはココログ

« ハンカチノキは「植物界のパンダ」なのだ&深山含笑花にご対面@神代植物公園 | トップページ | 旧古河庭園の洋館には仏間がある・東京北区@地下鉄の地上を歩く・南北線 »

2012年5月 2日 (水)

絶滅寸前ノウルシの花に接近遭遇@神代植物公園の水生植物園

ここに絶滅危惧種のノウルシがあるのは知ってましたが、花と遭遇するのは初めてです。

環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)ですから、絶滅の危険が増大している種です。

Dsc02713_2

花が面白いので画面いっぱいにしてみました。

ねっ、かわいいでしょ。

黄色いのは花じゃなくて苞葉。上の楕円形のは果実のようです。

その上のが花なのかな。

ということは咲き出してからもう日が経ってるんだ。

葉の黄緑もやさしい。

Dsc02717

湿地にこんなに群落を形成してます。

触ってはいけません。

茎を切ってしまうと乳液みたいのが出てきて、かぶれます。

それでノウルシ。

こうした花のつき方はトウダイグサ科ですね。

「春植物」といわれていてタネを飛ばし終えると枯れてしまう。

6月ごろには姿を消して、地下茎の生活に入る。

ヒガンバナの葉も、もう枯れてきてますもんね。

セツブンソウの葉も、もうすぐ影も形もなくなってしまうでしょう。

水生植物園の一番南の方にあります。


Dsc02705_3

途中でいっぱい群れて咲いていたのがサワオグルマ。

上から撮ったので木道が写ってます。

これは勢いがいいので絶滅の恐れはなさそうです。

車輪を思わせる花なので小車。

沢など湿地を好むのでサワオグルマ。

アヤメも咲いてました。

ハナショウブは職人さんがせっせと手入れをしてました。

もう少しです。

入り口近くにはシラン。


Dsc02697

シランも純粋野生種は絶滅危惧種なんですが、園芸種が紛れ込んでいるので、さほど珍しくはないですね。

ここのは野生種なんでしょうか。

区別の仕方を知りません。

5月1日、調布の野草園に行く予定だったが、空模様があやしいので手前の水生植物園にして正解だった。


« ハンカチノキは「植物界のパンダ」なのだ&深山含笑花にご対面@神代植物公園 | トップページ | 旧古河庭園の洋館には仏間がある・東京北区@地下鉄の地上を歩く・南北線 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

多摩散歩人さん、こんにちは!
ノウルシ、見たことがあるのに、こんなお花が咲くのは
知りませんでした。
初めて見ます。かわいいですね!

かたつむりさん。深大寺の境内では、なんじゃもんじゃの白い花が満開です。

深山含笑花は、この雨でもう終わりかも。

ノウルシは価値ありです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45095780

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅寸前ノウルシの花に接近遭遇@神代植物公園の水生植物園:

« ハンカチノキは「植物界のパンダ」なのだ&深山含笑花にご対面@神代植物公園 | トップページ | 旧古河庭園の洋館には仏間がある・東京北区@地下鉄の地上を歩く・南北線 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31