フォト
無料ブログはココログ

« おなじみボラギノールにも使われているムラサキが咲き始めました@調布野草園 | トップページ | 再び曽根中生監督と・がれき処理の新発明を引っさげて南相馬へ行くんだって »

2012年5月15日 (火)

野川公園でニッコウキスゲが・・ムサシノキスゲとの違いは?

三鷹、小金井、調布にまたがる都立の野川公園でニッコウキスゲが開花。

Dsc03002_2

本当かいなと観察センターの人に確認しました。

ボランティアさんなど詳しい人が「間違いない」とお墨付きを与えたそうです。

日光や信州の霧ヶ峰などの開花は7月上旬ですから大分早い。

平地はあったかいからね。

そばにムサシノキスゲも花をつけてるので比べてみる。

まず花茎が短い。

花は、赤みが少なくて黄色に近い。

日光で見たことはないので、そのほかは分かりません。

ムサシノキスゲは、ニッコウキスゲの変種ですから、大きな違いはない。

氷河期が終わって小山に取り残されたニッコウキスゲが、暖地の気候に適応したんです。

ご自分で比べてみたい方は、前回ムサシノキスゲを掲載してますのでクリックしてみてください。

本当は日光などに出かけた方がいいんでしょうが、“実物”に出合えただけでも良しとしますか。

もやもやは晴れてないけどね。

Dsc02991_2

ヤブニンジンです。

ずっと気になってたんだけど名前が分からなかった。

葉がニンジンに似てる。

野川公園では、開花情報にも入れていない。

無視されてるんです。

野の花からも仲間はずれ。

しかし元気よく、やたらはびこってます。

4月中旬には咲いてたから花期も長い。

小さくていとしい花です。

みんなが見向きもしないから、余計にかわいくなっちゃいます。


Dsc02996

お次はセリバヒエンソウ。

これも思う存分に仲間を増やしてる。

ツバメが飛んでるようなので飛燕草。

しっぽのように伸びた花をツバメに見立てた。

トンボにも見えます。

明治になって中国から渡来した。

東京中心に勢力を広げて今じゃどこまで見られるのか。

現在は黄色い花だらけで区別がついてない。

ケキツネノボタン、オヘビイチゴ、ニガナ、オオジシバリ、ウマノアシガタ・・。

ま、気長にひとつひとつ覚えていきます。


« おなじみボラギノールにも使われているムラサキが咲き始めました@調布野草園 | トップページ | 再び曽根中生監督と・がれき処理の新発明を引っさげて南相馬へ行くんだって »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45244778

この記事へのトラックバック一覧です: 野川公園でニッコウキスゲが・・ムサシノキスゲとの違いは?:

« おなじみボラギノールにも使われているムラサキが咲き始めました@調布野草園 | トップページ | 再び曽根中生監督と・がれき処理の新発明を引っさげて南相馬へ行くんだって »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30