フォト
無料ブログはココログ

« ケシにクラクラしたんでタケノコご飯で毒消し@東村山のギャラリー喫茶「四季の花」 | トップページ | まだ赤い実がついてるよアリドオシ・千両万両有り通し@神代植物公園 »

2012年5月18日 (金)

春の花はそろそろラスト・バイカイカリソウがかわいいよ@神代植物公園

セツブンソウに始まった春の花も、だいたいが目的を果たしたようです。

花は樹木に移ってますね。

トチノキとかマユミ、ニシキギ、タニウツギなんかが花をつけてます。

そこで名残惜しい春の花たちを・・。

Dsc03061_3

これはバイカイカリソウなんですが、花弁が落ちてしまったんでしょうか。

梅花、梅の花には見えません。

でも、カゲロウが飛んでるみたい。

これはこれでかわいいでしょ。

西日本に見られるイカリソウの仲間です。

とってもちっちゃい。

ほかの花は残ってませんでしたので、咲き終わりでしょう。

来年はちゃんと見たいと思ってますが、タイミングが合うかどうか。

幸運を祈りましょう。


Dsc03049

ヤマオダマキ。

苧環(おだまき)は、中を空洞にして巻いた麻の糸玉のこと。

なんだけど、ちゃんと認識してません。

私の中では、静御前の「しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな」

が、何となく頭にあって、全く別の詩がごっちゃになってました。

思い違いなのか、いい加減に学んできたせいか。

その詩は、

   まだあげ初めし前髪の


   林檎のもとに見えしとき


   前にさしたる花櫛の


   花ある君と思ひけり

女の子の髪がくるっとカールしてるのが、おだまきだと思ってたんです。

それで「あげ初めし」が、おだまきと重なってた。音が似てるでしょ。

静御前と島崎藤村「初恋」がごっちゃになった。

恐ろしいですね。

おだまきの髪飾りや帯留めがあるから、おだまきの髪型があると覚えちまったんですね。

恥ずかしい。

山に行くと青紫のミヤマオダマキが見られる。

たんなるオダマキは園芸種。


Dsc03048

もういっちょう。

ミヤマヨメナです。

これの園芸種がミヤコワスレ。

青が濃いのを選抜していったんです。

江戸時代の園芸家は、経験でメンデルの法則を知ってましたからね。

すごいもんです。

公園の新緑も深い緑に変わってきた。

アジサイもつぼみを持ってる。

季節はめぐって春から夏へ・・・。

« ケシにクラクラしたんでタケノコご飯で毒消し@東村山のギャラリー喫茶「四季の花」 | トップページ | まだ赤い実がついてるよアリドオシ・千両万両有り通し@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45299944

この記事へのトラックバック一覧です: 春の花はそろそろラスト・バイカイカリソウがかわいいよ@神代植物公園:

« ケシにクラクラしたんでタケノコご飯で毒消し@東村山のギャラリー喫茶「四季の花」 | トップページ | まだ赤い実がついてるよアリドオシ・千両万両有り通し@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30