フォト
無料ブログはココログ

« イチリン、ニリン、サンリン、少し飛ばしてクリンソウ@野川公園自然観察園 | トップページ | ジャケ写はジュリー本人が撮ったんだ@マキシシングル「3月8日の雲」 »

2012年5月 5日 (土)

豊島氏の最前線・崖の上の台地に築かれた平塚城をしのぶ@地下鉄の地上を歩く・南北線

神奈川の平塚じゃないですよ。東京の北区、京浜東北線の上中里駅から南は切り通しの急な坂になっていて、崖上にあるのが平塚神社。

平安時代には豊島郡の郡衙があったところで豊島氏の館があった。

Dsc02563

背後は切り立った崖。下の線路には東北新幹線や京浜東北線が走ってる。

荒川が削った台地。防御にふさわしい場所です。

中沢新一「アースダイバー」でいう岬です。

縄文時代にはここまで海がきていた。

貝塚があり、飛鳥山には古墳もある。

神社の西側では大規模な発掘調査をやっていた。

いにしえからの聖なる地です。

豊島氏は秩父氏の支流。

荒川を下って勢力を伸ばしてきました。

平安時代にはここが最前線。

源義家らが後三年の役の帰路、この館に逗留。

もてなしに感謝して鎧と十一面観音を賜ったという。

神社の裏手が小高くなっていて鎧が埋められているという。

聖なるところなので立ち入り禁止になってます。

その塚が平なので平塚。


Dsc02561

豊島氏はその後、石神井川をさかのぼって勢力を拡大していく。

となりの飛鳥山を削って隅田川に注いでいるのは石神井川です。

としま園の中にあった練馬城、石神井公園の石神井城などを築いた。

いろいろあって最後には太田道灌と対峙、江古田・沼袋の戦いで惨敗して没落してしまった。

散歩ガールたちは神社の入り口にある和菓子の平塚亭つるおかに入っていきます。

なんか聞いたことがあるなあと思っていたら、「浅見光彦」はこの近くに住んでるんです。

それで、たびたび小説に登場する。

豆大福が名物らしい。

時期なので柏餅を食べようかとも考えたが、さっきチョコ乗せフランスパンを食べたので我慢。

ちょっと歩いて滝野川公園の「地震の科学館」。

体験コーナーで震度6の揺れ(7だったかな)。

座っていても床に手をついて支えるほど。

地震対策は怠りないように。

« イチリン、ニリン、サンリン、少し飛ばしてクリンソウ@野川公園自然観察園 | トップページ | ジャケ写はジュリー本人が撮ったんだ@マキシシングル「3月8日の雲」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えっ、平塚亭って実際にあるのですか?
浅見光彦は、「住んでいた」のではなく、
「住んでいる」のですよ!
豆大福食べに行こうかなあ。

そーなんですよ、ちゃちゃさん。

実際にあるんです。

ご指摘感謝。

作者が「住んでいた」のつもりだったんですが、言葉足らずだったですね。

北区豊島の生まれですが、そうだったんですか、全く知りませんでしたねぇ。勉強になります。
滝野川公園のそばの大蔵省印刷局東京病院で出産もしましたが、かつては近くには十条製紙もあって、現在でも引き込み線が残っています。

通りすがりのおばちゃんへ。

病院の前も通りました。

北区の豊島という町名は知りませんでした。

やっぱり地名は大切ですね。

古いものは残しておいてほしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45110271

この記事へのトラックバック一覧です: 豊島氏の最前線・崖の上の台地に築かれた平塚城をしのぶ@地下鉄の地上を歩く・南北線:

« イチリン、ニリン、サンリン、少し飛ばしてクリンソウ@野川公園自然観察園 | トップページ | ジャケ写はジュリー本人が撮ったんだ@マキシシングル「3月8日の雲」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30