フォト
無料ブログはココログ

« 岩崎家の別荘だった殿ケ谷戸庭園のシライトソウ@JR国分寺駅徒歩3分 | トップページ | 100年後に建てられた北条氏照の墓&山椒みたいなサンショウバラ »

2012年5月30日 (水)

「日本100名城」八王子城跡を訪ねて@高尾駅からバス

関東屈指の山城と言われ、難攻不落を誇ったんだろうけど、一日も持たないで落ちてしまった。

人数の差はあっても、そんなに簡単に城が落ちてしまうものなのか。

守備3000に対して攻撃側は1万5000。


Dsc03325

北条氏照の館があった御主殿から曵き橋を見おろす。

戦時には、この橋を落として侵入を防ぐ。

ほかに道はない。

下は城山川が流れ、城壁を上ってくるのは容易ではない。

本丸は標高460㍍の山頂部にあって、ここからは歩いて4、50分はかかる。

上から大石も落とされるだろうし、こんな山城を攻めるのも大変だ。

最初に城壁に取り付く雑兵はイヤだろうね。

攻めたのは前田利家、上杉景勝ら。

天正18年(1590)6月23日落城。

八王子城が落ち、丸裸にされた小田原の北条氏直は7月5日に降伏した。

北条方でなおも持ちこたえていたのは埼玉県行田市の忍城。

石田三成の水攻めにも耐え、城を明け渡したのは7月14日。

震災で延期になっていた映画「のぼうの城」は今秋に公開される。


Dsc03332

すぐ下にある御主殿の滝です。

落城時に婦女子が滝上で自刃、次々に滝に身を投げたと言います。

川は三日三晩赤く染まったという。

細い流れと小さな滝です。

当時はもっと深い滝壺があったのか。

悲劇を伝説に仮託したんでしょう。

濡れた岩に滑らないように慎重に川まで下りてみる。

御主殿は陽当たりもよく広々としているが、

ここは木立にさえぎられて日も届かない。

おまけに雨も降り止まない。

なんか霊気を感じるような感じないような・・。

雨の中、酔狂に八王子城跡を訪ねる人は少ない。

いるのは鳥見の人たちだけ。

ヤマドリを狙ってるみたいです。

こっちも、目論みがある。

ネコノメがあるんじゃないかとにらんでる。


Dsc03334_2

裏高尾にあるんだったら御主殿の滝にあってもおかしくない。

これは何でしょうね。

ヨゴレネコノメでしょうか。

ひとつかみだけですが、へばりついてました。

シャガはあちこちで咲いてましたね。

武蔵野地区とはひと月くらいのズレでしょうか。

八王子神社に詣でて本丸まで登ろうと考えていたけど、

あいにくの雨。

滑って捻挫でもしたら、助けも呼べない。

無理は禁物なのであきらめました。

(5月25日に訪れました)。


« 岩崎家の別荘だった殿ケ谷戸庭園のシライトソウ@JR国分寺駅徒歩3分 | トップページ | 100年後に建てられた北条氏照の墓&山椒みたいなサンショウバラ »

八王子市」カテゴリの記事

コメント

すご~い!
物語…楽しかったです。
八王子にそんな所があったのですか。
滝が美しいです。
ネコノメソウも予想通りありましたね。

でも、雨の日は、気を付けてくださいね。
ホント、助けも呼べないですからね。

かたつむりさん。

高尾山と違って、こっちは人が少ない。

同じような花が楽しめるんじゃないかと思ってます。

今度は天気のいい日に行ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45458342

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本100名城」八王子城跡を訪ねて@高尾駅からバス:

« 岩崎家の別荘だった殿ケ谷戸庭園のシライトソウ@JR国分寺駅徒歩3分 | トップページ | 100年後に建てられた北条氏照の墓&山椒みたいなサンショウバラ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31