フォト
無料ブログはココログ

« アケビの花って不思議だな@野川公園自然観察園 | トップページ | お待たせ!ムサシノキスゲ開花情報・キンランももう少し@府中・浅間山(せんげんやま) »

2012年4月25日 (水)

また緑のサクラ御衣黄(ぎょいこう)を見に行く@西武新宿線花小金井駅

バッチリ満開だ。

遠目には若葉と同化して花があるかどうかも分からない。

Dsc02479

近づいて見上げると、咲いてる、咲いてる。

びっしりと詰まって、神代植物公園のよりも密度が濃い感じ。

木も5㍍はあろうか大きい。

教えられた通りに階段を上がって駅の改札口へ。

ちょうど上から見下ろせる。

花は下向きについてるので、上から見るとよく見えません。

ここは西武新宿線の花小金井駅南口。

駅前広場に何気なく植えられてるんです。

近くのスーパー大丸ピーコックのレジのおばちゃんは知りませんでした。

駐輪のお礼にお茶を買ったついでに訊いてみたんです。

忙しいと気づかないのかな。

御衣黄は飛鳥山公園にも1本あるそうです。

28日に飛鳥山に行くからついでに見てこよう。

帰りは小金井の浴恩館公園でツツジ鑑賞。

小金井公園の1㌔ほど南にあります。

Dsc02490

昭和の初めまでツツジの名所は新宿大久保だった。

今じゃコリアンタウンだけどね。

大久保のツツジについてはこちらで取り上げてます。

見ごろには臨時電車も出たといいます。

ここのツツジは大久保から移植されたもので小金井市の天然記念物。


バックの建物は「空林荘」といって、作家の下村湖人が講習生と寝食を共にした宿舎。

湖人はここで「次郎物語」の構想を練り、次郎の少年時代を書きました。

浴恩館は、若者たちが自給自足の生活をしながら人生を語り合った生活学校。

湖人はその初代館長というわけ。


Dsc02475

途中、中を通り抜けた小金井公園にこんなのがありました。

新緑の中だから、いやでも目立つ。

オオバベニガシワだそうです。

トウダイグサ科ですから柏とは関係ありません。

新葉の時は赤くて、夏になるとふつうの緑になるそうです。

中国東南部の原産。

庭木として植えられているそうですが、これまでは気づきませんでした。


« アケビの花って不思議だな@野川公園自然観察園 | トップページ | お待たせ!ムサシノキスゲ開花情報・キンランももう少し@府中・浅間山(せんげんやま) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

京王線飛田給駅から スタジアムに向かう道路 旧甲州街道までは御衣黄並木 新街道まではピンクの八重 (名前忘れました) 今盛りです その先は染井吉野の並木が続いて 花の季節はみごとです

そよごさん、情報ありがとう。

近くなので見に行ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/45011021

この記事へのトラックバック一覧です: また緑のサクラ御衣黄(ぎょいこう)を見に行く@西武新宿線花小金井駅:

« アケビの花って不思議だな@野川公園自然観察園 | トップページ | お待たせ!ムサシノキスゲ開花情報・キンランももう少し@府中・浅間山(せんげんやま) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30