フォト
無料ブログはココログ

« 見つけた!フクジュソウの芽がニョキ@神代植物公園 | トップページ | 「うどん居酒屋なかにし」でうどんすきをたらふく食べた@表参道 »

2012年1月17日 (火)

小石川「こんにゃく閻魔」で食べ損なったけんちん汁@地下鉄の地上を歩く会

NHKラジオ「ラジオビタミン」で「こんにゃく閻魔」から中継していた(16日)。

あれっ、きのう行ったばかりだ。

Dsc01046_2

なになに、近くの商店の人たちがけんちん汁をこしらえてるって。

しかも、参拝者にふるまってくれるそうだ。

材料のこんにゃくは、お参りした人がお供えしたもの。

15、16日は例大祭で、きのうもふるまったらしい。

われわれがお参りしたときには、ガスコンロが片付けてあるだけだった。

そうか!ガスコンロは火渡りのためじゃなくてけんちん汁だったのか。

惜しいことをした。

お日様が出なくて寒い日だったので食べたかったなあ。

あったまったろうに・・・。

小石川の源覚寺。通称こんにゃく閻魔。

「宝暦年代のころ(1751年~1764年)、眼病を患った老婆が閻魔大王に21日間の祈願を行ったところ、夢の中に大王が現れ「願掛けの満願成就の暁には、私の両目の内、ひとつを貴方に差し上げよう」と言われたそうです。

Dsc01048



満願の日に、老婆の目は治りました。


以来、大王の右目は盲目となりました。
老婆は感謝のしるしとして好物の「こんにゃく」を断ち、それを供えつづけたということです。


このことから、源覚寺の閻魔さまは「こんにゃく閻魔」と呼ばれるようになり、眼病治癒の閻魔さまとして人々の信仰を集めている」。

夏目漱石「こころ」や樋口一葉「にごりえ」にも、こんにゃく閻魔は出てくるそうだ。

お参りのあとは、一葉の終えんの地などゆかりの場所をたずねる予定だ。

つながってくるんですねえ。

六本木の俳優座前に午前10時に集合、寄り道をしながら地下鉄南北線の地上を歩いている。

すでにみんなは丸ノ内線、銀座線などを踏破、目黒から六本木はすでに歩いて南北線は2回目。

高校の同級生です。

リーダーが沿線の見どころなどをチェックして興味津々なコース設定をしてくれているので、ついていけばいい。

リーダーには感謝です。

あちこち訪ねましたので、追々に紹介していきます。


« 見つけた!フクジュソウの芽がニョキ@神代植物公園 | トップページ | 「うどん居酒屋なかにし」でうどんすきをたらふく食べた@表参道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/43775863

この記事へのトラックバック一覧です: 小石川「こんにゃく閻魔」で食べ損なったけんちん汁@地下鉄の地上を歩く会:

« 見つけた!フクジュソウの芽がニョキ@神代植物公園 | トップページ | 「うどん居酒屋なかにし」でうどんすきをたらふく食べた@表参道 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30