フォト
無料ブログはココログ

« 天井画の赤龍神とベーブ・ルース@深大寺深沙堂 | トップページ | ソシンロウバイが見ごろです、ロウバイもチラホラ@梅の香ただよう野川公園 »

2012年1月 4日 (水)

寒風切り裂く和太鼓ライブ@神代植物公園

和太鼓っていいねえ。いにしえの感情が呼び起こされるんでしょうか。

Dsc00884

力の限りたたき続けたのは、和太鼓ユニットの「風神」。

でんと置かれたのは4尺の大太鼓。

でかいよ。

牛1頭からは8尺の太鼓もつくれる。

でも、昔の牛の方が音がいいそうです。

育ちかたでしょうか、栄養の加減でしょうか。

こんなところにも科学文明のひ弱さがあらわれてます。

不思議なもんです。

ユニットのリーダーは、一目見て判別できました。

上半身の筋肉のつきかたが違う。

数種類の太鼓を使っての演奏。

まるでジャズです。

それもフリージャズ。オーネット・コールマンのアルト・サックスがフューチャーされても良さそうだ。

すこぶる新鮮。太鼓のリズムと自分が一体化していく。

和太鼓の認識を新たにしました。


Dsc00868

4尺の大太鼓はさすがに体全体に響きます。

叩き続けるリーダーの筋肉の美しさ。

ひたすらに打つ。

まるで自然と格闘しているよう。

崇高だった。


           

深大寺初詣の帰りに神代植物公園を通ったんです。

2日のことです。

中を抜けてく方が近道なものなので。

いつものことですが、そば屋はどこも混んでましたね。

サビンヌさんも忙しげにクレープを焼いてました。

“あれ”がなければいいお正月です。


« 天井画の赤龍神とベーブ・ルース@深大寺深沙堂 | トップページ | ソシンロウバイが見ごろです、ロウバイもチラホラ@梅の香ただよう野川公園 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒風切り裂く和太鼓ライブ@神代植物公園:

« 天井画の赤龍神とベーブ・ルース@深大寺深沙堂 | トップページ | ソシンロウバイが見ごろです、ロウバイもチラホラ@梅の香ただよう野川公園 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30