フォト
無料ブログはココログ

« まぼろしの滝を瞼に焼き付けたぞ@富士山須走口五合目散歩その2 | トップページ | 柏快勝もガンバが怖いぞ・マチダ通信 »

2011年11月 3日 (木)

うまい!ボリューム満点のキノコ鍋で昼食@富士山須走口五合目散歩その3

まぼろしの滝見物から五合目の登山口に戻れば、お昼どき。東富士山荘で名物のきのこづくし。

Dsc00291

ムラヤマフジコちゃんは、きのこそば(1000円)、私は迷わずきのこ鍋セット(1200円)。

ワーイ、鍋にきのこが山盛りだ。

「なにが入ってるんですか?」

ナメタケ、ナラタケ、チャナメ・・・。

ご飯にもぜいたくに入ってる。

小鉢はキクラゲの佃煮、山椒が添えてある。

汁は、ごくあっさり。

きのこのうま味を味わってもらおうという確かな自信。

最初は薄いかなと思うが、煮えるにしたがって、うま味がどんどん出てくる。

たべてもたべても鍋にはきのこがある。

鍋を見てください。旅館なんかで出す平底じゃありません。

深いからきのこがたっぷり。

山椒をちょいとかけてご飯を運ぶ。口いっぱいにきのこが広がる。

何ともぜいたくなきのこのつかいっぷり。

しばらくしたら「おかわり、いかがですか」

はい、もらいましょう。口直しにつまむキクラゲの佃煮がまた、うまい。

お土産で3つ買っちゃいました。パックに入って1つ300円。


Dsc00293

もう、お腹いっぱい。そば、うどんを頼んだフジコちゃんたちも、そのボリュームに、うれしい悲鳴を上げてました。

山小屋の食事は下界より割り増しなのが相場。経費、労力がかかってるから、当然のこと。

それなのに、このきのこ鍋はボリュームたっぷり、ご飯のおかわりありで1200円。

街場じゃ、安くても1500円は下らないだろう。いや、1800円から2000円はするんじゃないか。

店先に飾ってあった、きょうのきのこ。これが中に入ってました。

東富士山荘のご主人は、きのこ博士で有名。

五合目ではもう時期は終わって、下の方で採ってくる。

「きのこのうま味は、採ったばかりじゃないと出ません。ぬめりとうま味が損なわれてしまうんです」と、ご主人。

ごちそうさまでした。

須走口には山荘は2軒だけ。

富士スバルラインで登っていく吉田口とは大違い。あちらには立派なレストハウスが建ち、観光バスが連なっているが、こちらは、もうシーズンも終わりなので静かなもんです。

あっ、書き忘れました。

きのこ鍋セットには、デザートのおまんじゅう、そしてコーヒーもついてます。食事の前には、きのこ茶も飲んだな。

シーズンにはマツタケうどんもあるよ。

午後はグランドキャニオンを目指します。

わくわくするなあ・・・。

         fuji      fuji       fuji

「五合目散歩プロローグ」はこちらです。

「五合目散歩その2」はこちらです。


« まぼろしの滝を瞼に焼き付けたぞ@富士山須走口五合目散歩その2 | トップページ | 柏快勝もガンバが怖いぞ・マチダ通信 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/42818038

この記事へのトラックバック一覧です: うまい!ボリューム満点のキノコ鍋で昼食@富士山須走口五合目散歩その3:

« まぼろしの滝を瞼に焼き付けたぞ@富士山須走口五合目散歩その2 | トップページ | 柏快勝もガンバが怖いぞ・マチダ通信 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30