フォト
無料ブログはココログ

« レモンエゴマと檸檬の匂い@野川公園 | トップページ | 浦和ついに降格圏&遠藤の状態が心配・マチダのJリーグ通信 »

2011年10月16日 (日)

思わず拝みたくなるフユノハナワラビ、ありがたい名前の薬師草@野川公園

こんな花を見てると京都に行きたくなるなあ。2、30代にはしょっちゅう行ってたんだけど、ずいぶんとごぶさただ。

通ってたといっても、もっぱらの祇園界隈の安い飲み屋ですけどね。高そうな店にも連れて行ってもらったこともあって、木屋町の小さな店で食べた天ぷらはおいしかった。天ぷらとはこんなうまいものかと思いましたね。

嵐山の料亭でごちそうになった京懐石も忘れられない。

興福寺の阿修羅もいいけど、やっぱり太秦広隆寺の弥勒菩薩半跏像が忘れられないですね。仕事で太秦に行って、時間があると広隆寺に寄ってました。

フユノハナワラビを見て、あっ、これは仏像の光背だーーと思いました。

Dsc00005_19

上から目線がダメです。這いつくばって下からあおらないと光背のイメージが出ません。

そのつもりで見てください。

広隆寺の弥勒菩薩は、国宝指定の第一号なんですね。修学旅行で説明は聴いてたんだろうけど、すっかり忘れてました。

弥勒さまは56億7000万年後にこの世にあらわれて人々を救ってくれる。

もうちょっと早く(ちょっとじゃないね。大幅に短縮して)来て、飢饉、病気、貧困、放射能などで苦しむ人たちに救いの手を差し伸べてくれないかな。

↓ ヤクシソウ、薬師草です。


Dsc00011

名前の由来は、花の下の葉(苞葉)が薬師如来の光背に見えるからという。

肝心の葉がよくわかりません。ピント合わせだけしか考えてないから、大事なところを逃してしまう。思慮がたりません。

きょうは光背くくりでした。


Dsc00068

こちらは後日、撮影したもの。群れてます。

後ろはICUの敷地です。


« レモンエゴマと檸檬の匂い@野川公園 | トップページ | 浦和ついに降格圏&遠藤の状態が心配・マチダのJリーグ通信 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/42510666

この記事へのトラックバック一覧です: 思わず拝みたくなるフユノハナワラビ、ありがたい名前の薬師草@野川公園:

« レモンエゴマと檸檬の匂い@野川公園 | トップページ | 浦和ついに降格圏&遠藤の状態が心配・マチダのJリーグ通信 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30