フォト
無料ブログはココログ

« カトリーヌはいるけどオードリーはいないんだ@神代植物公園 | トップページ | すごいな調布には式内社が3座もある@深大寺青渭神社で考える »

2011年10月26日 (水)

ちょっと遅れて見参・黄花の突き抜きホトトギス@調布野草園

もう咲き始めているだろうと約半月ぶりに調布の野草園へ。

ややっ!遅かりし由良之助。

Dsc00182

お目当てのキバナノツキヌキホトトギスは盛りを過ぎてました。

もっと鮮やかな黄色だったと記憶してたんですけど。やや色があせてる感じ。

宮崎県の尾鈴山を中心とした地域だけしか見られない。

あまり陽のささない谷川の崖などに自生している。

黄色いホトトギスは、これとキバナノホトトギス、タマガワホトトギスの3種だけ。

タマガワ以外の2種は宮崎県だけに自生している。

タマガワは、ここ野草園で見ることが出来ます。ホトトギスなのに夏に咲くんです。

鉢じゃなくて地植えされてます。

こちらに掲載してます。比べてみてください。

タマガワといっても東京を流れる多摩川じゃないよ。京都の井手の玉川です。

名前のツキヌキは、茎が葉を突き抜けていることから。写真でも突き抜けているのが分かりますね。

次のつぼみが出てきてますね。

キバナノツキヌキホトトギスは世界的な希少種だが、乱獲で国や県のレッドデータブックの絶滅危惧1B類に指定されている。

大事にしたいですね。


お次はミカエリソウ。

Dsc00186

きれいに咲き誇ってるんですが、いかんせん葉が全部、虫に食われて無惨な姿。

シソ科です。シソ科の植物は、虫が好むんでしょうか。

葉が写らないように撮ってますが、背景では葉脈を残してきれいに食べられてるのが分かります。

「見返り草」と草がついてますが、草じゃありません。

木なんです。

そういわれれば茎じゃなくて枝ですね。

草と木の違いの定義は難しいです。

竹は草か木か。ヤシは?

竹はイネ科なので草です。ヤシの茎は木化して太くなっているが、ヤシ科の単子葉植物です。

調布の野草園は今月の28日で閉園。

来年の2月まで冬休みです。


« カトリーヌはいるけどオードリーはいないんだ@神代植物公園 | トップページ | すごいな調布には式内社が3座もある@深大寺青渭神社で考える »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/42650106

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと遅れて見参・黄花の突き抜きホトトギス@調布野草園:

« カトリーヌはいるけどオードリーはいないんだ@神代植物公園 | トップページ | すごいな調布には式内社が3座もある@深大寺青渭神社で考える »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31