フォト
無料ブログはココログ

« 薮魔王、狐の孫@野川公園 | トップページ | 好きです!ゲンノショウコ@野川公園 »

2011年9月13日 (火)

コバノカモメヅル、フジカンゾウなど野川公園9月の花

早秋の花が見ごろです。入り口すぐのフェンスに絡まっているのはコバノカモメヅル。

Cimg4805_2

星型で暗い紫、なんか宇宙人か、その乗り物みたい。

カモメが分かんないです。飛んでる姿を思いうかべたんだろうか。それで名前が直結しない。

はい、例によって自然観察園9月の花だより。

《白色》イヌホオズキ、オトコエシ、ゲンノショウコ(赤も)、コボタンヅル、タコノアシ、タラノキ(樹)、ヒヨドリジョウゴ、ヘクソカズラ、ミズタマソウ、ヤブミョウガ、ヤマホトトギス、ユウガギク

《淡紅色》イヌゴマ、イヌタデ、キツネノマゴ(いいですね、イヌ、イヌ、キツネ)、シュウカイドウ、ナンバンギセル、ヌスビトハギ、フジカンゾウ、ママコノシリヌグイ、ヤマハギ

コバノカモメヅルの隣にはガガイモがあって、お互いに絡み合ってます。

このへんにママコノシリヌグイがあるんだけど、次にいったら、どこだか分かんなくなっちゃった。

そんなわけで写真はないんだけど、いい名前です。

継子の尻拭い。葉っぱの裏や茎にトゲがあります。お尻を拭いたら飛び上がるでしょう。

意地悪な継母。今の童話みたいに、修身の教科書みたいに毒を抜かれたんじゃなくて、悪い人も登場する原型みたいで素敵です。

思考は童話の世界だけです。念のため。近ごろは実母でもおかしいからね。

口直しはフジカンゾウ。

Cimg4794

花がフジ、葉がカンゾウに似ているので、あわせてフジカンゾウ。

安易です。ママコにはとてもかないません。

花だよりの続き。

《黄色》アキノノゲシ、オミナエシ、キツリフネ、キバナアキギリ、キンミズヒキ、コケオトギリ、ダイコンソウ、ヒメキンミズヒキ。

この中ではヒメキンミズヒキが好きだな。

キンミズヒキより花の数が少なくて、やや小ぶりの花がくっきりしている。比べたんで違いが分かりました。

《淡黄白色》イガホオズキ、ハダカホオズキ

《淡紫色》コバギボウシ、ツリガネニンジン、ヤブラン

《青紫色》アキノタムラソウ、カリガネソウ

《暗紫褐色》シュロソウ

これは前半に咲いてるもの。中下旬には別なのも花をつけます。この季節も週に1回は行かないと見逃してしまうので、おじさんは忙しい。


来週にはヒガンバナの茎がにょっきりと顔を出しているでしょう。

[追記]「まま」は、乳母、めのと。昔は乳母が乳を与えて育てたから、血のつながらないことを「まま」というようになり、ままはは、ままちちという言葉が生まれたか。源氏にも「まま」「ままこ」が出てきますーと「岩波古語辞典」に書いてありました。

頼朝の乳母の名とか説明しているケースがあるが、源氏で使われているんだから成り立たない。

[日にちがずいぶんとずれてしまいました。訪ねたのは4日のことです。花の種類も変わってるでしょう。ご注意を]


« 薮魔王、狐の孫@野川公園 | トップページ | 好きです!ゲンノショウコ@野川公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/41560543

この記事へのトラックバック一覧です: コバノカモメヅル、フジカンゾウなど野川公園9月の花:

« 薮魔王、狐の孫@野川公園 | トップページ | 好きです!ゲンノショウコ@野川公園 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31