フォト
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の記事

2011年9月30日 (金)

新宿御苑の十月桜、タイワンホトトギス、ウメモドキ

天気もいいので新宿御苑をぶらぶら。いつものように信濃町から歩いて千駄ヶ谷門から入場。

入り口に置いてあるパンフレットに見ごろの花が記載されている。

タイワンホトトギスがあちこちにあるようだ。

お目当ては後回しにしてちょっと回り道。


Cimg5116

サクラが咲いてるぞ。

ピンクがかってるのと白い花びらがある。十月桜と札がかかってます。狂い咲きじゃないんだ。

八重というほどこってりしてなくて、ほどよい塩梅。けっこうざんす。

みんな足を止めて見入ってます。

ほかには何か・・・。案内図にはウメモドキとある。ニセモノは大好きです。贋作って、ときめき感を覚えます。ガンモドキも好物です。

種村季弘さんの「山師カリオストロの大冒険」(岩波現代文庫)は興奮しまくりの一冊でした。ニセモノの限りをつくす。

マリー・アントワネットの首飾り事件にも登場してきます。錬金術とか薔薇十字団とか、くすぐられます。

「ぺてん師列伝 あるいは制服の研究」(同)もおもしろいよ。


Cimg5131

うわあ、すごい。真っ赤な実が鈴なり。青空が赤く染まってしまいそう。

葉や枝振りが梅に似ていて、実も小さな梅みたいなので名づけられた。この実は、発芽抑制物質を含んでいるので、そのまま地面に落ちても芽を出さない。

小鳥のお腹を通過すると、その物質が中和されて発芽する。かしこい。

そろそろタイワンホトトギスへ。


Cimg5095

絶滅危惧のⅠA類です。

台湾と沖縄に分布、日本での自生地は西表島だけです。園芸店で売られているのは、ホトトギスとの交雑種です。

それなのに群生し、御苑の中で3ケ所くらいある。


Cimg5054

← これは普通のホトトギス。

野川公園の自然観察センター下の野川沿いに群れてます。

あんまり違いは分かんないですね。

あっ、突然、思い出した。キバナノツキヌキホトトギス。黄花の 突き抜き ほととぎす。

黄色いホトトギス。

調布の野草園で大切に育てているんだけど、ことしはようやく花芽が出たとこ。2週間くらい遅れてるらしい。

係の人の話では、10月末になりそうだという。

野草園は10月末でしまっちゃうから、早く咲いてほしいな。

野草園は冬はお休みです。


2011年9月29日 (木)

やっぱり温泉は硫黄泉の刺激臭がたまらないね@福島・高湯温泉

泉質にもいろいろあるけど硫黄泉が「温泉だ!」という気分になります。硫黄の匂いがたまりません。

というわけで福島行きの締めくくりは高湯温泉。市内からクルマで約30分、思い立ったらすぐに行けます。

Cimg4943

途中には果物屋さんが並んでますが、お客さんは見かけません。

東電はちゃんと補償してあげろよ。

目指すは共同浴場のあったか湯。大人250円。東京の銭湯より安い。

訪ねた9月14日は残念ながら臨時休業、駐車場にクレーンが入っている。

こうなりゃ次善の策で旅館の日帰り入浴で、のんびり館へ。

700円だけど朝から夕方までいてもいい。

お昼を食べて、大広間でくつろいで、またお風呂に入る人たちもいる。

まずは内風呂へ。乳白色で硫黄の匂いがきつい。

「窓は閉めないでください」の張り紙がある。

Cimg4947

閉め切ると命の危険があるんです。

すぐ横の源泉から湯を引いているために硫化水素ガスが抜けきっていないんです。

「熱い、熱い」とアライ君とキクチ君は湯船につからずに露天風呂へ。

後から入ってきたじいさんたちも、「こりゃ熱い」と水を入れてうめてました。

源泉は51度、受付のお姉さんに訊いたら、「水でうめないと、どんどん熱くなる」そうだ。

私はちゃんとつかってから露天風呂へ。なんだか熱いお湯は好きです。

硫黄をいっぱいに吸い込んで景色を眺めていれば、まさに極楽、極楽。


Cimg4953_35

ここの放射能の数値は低い。旅館の玄関前で0・197(17日)。東京より少し高いだけ。

それでもお客さんはまだ戻ってないそうだ。

帰り道、ニホンザルがいました。

山深いんです。それで、市内から30分、福島はいいところです。

夜、新幹線に乗って家に戻っても、まだ硫黄臭かった。

高湯温泉については、「やりたい放題!「高湯温泉」を営業休止に追い込んだ三島県令」でも触れてます。

お時間がございましたらクリックを。

三島県令は、福島では悪名高き、栃木ではやり手の評価の三島通庸(みちつね)県令です。

きのう(28日)の朝日新聞によると、高湯温泉から山ひとつ東側の土湯温泉は、震災の影響を受けて青息吐息のようだ。

「同温泉に22あった旅館・ホテルのうち、震災後、5軒が廃業に追い込まれた。直後に2軒、9月に入ってさらに3軒。比較的大きな旅館が持ちこたえられないケースが多く、ほかの温泉街でも廃業した施設がある」。

「614施設が加盟する福島県旅館ホテル生活衛生同業組合によると、県内の宿泊可能人数は1日約5万人。・・・旅館やホテルも今月下旬の受け入れ数は約2500人まで減少した」。

高湯の実態はどうなんだろう?

説明書ばかり分厚くしないで、東電はすんなりと補償しろよ。

それと7400人もの首を切るんだって。人減らしと賃下げでコストを下げるだったら、赤ん坊でもできる。

雇用は守れよ!

ひどいもんだ。

※ 三島県令については、次の日付でも触れてます。お時間がございましたらよろしく。


鬼県令三島通庸は塩原温泉の恩人 10/09/13 記事


栃木県庁を栃木から宇都宮に移転したのも鬼県令の鶴のひと声 10/08/23 記事


麻生太郎元首相は、三島通庸の孫の孫、鬼県令の華麗なる一族 10/08/22 記事

2011年9月28日 (水)

10月1、2日江戸東京たてもの園は入場無料だよ@小金井公園

耳より情報!この秋、ふたつの「たてもの」が加わった江戸東京たてもの園の入場がタダになります。

なんでも「東京大茶会」が行われるので無料で入れちゃうんです。そういえば去年もタダで入ったな。

伊達家の門前で野点をやってたんだ。赤い毛氈が周囲の緑に映えてた。

Cimg5070

← これは多分、新たに移築された「万徳旅館」の裏側。

入場料400円をケチってるので外からです。つるべ井戸が見えます。

150年前に建てられて、平成5年まで青梅で営業していたものです。

昔は富山の薬売りなど行商人の定宿だったそうです。

もう1つの新加入は、「大和屋本店」。

乾物屋さんです。

昭和3年(1928)に港区白金台に建てられた木造3階建て。


Cimg5067

子どもたちが竹馬や土管で楽しそうに遊んでる。

なぜか、昔は空き地に土管が置いてありました。

乗ったり、くぐったり、跳んだり、いろいろ遊びました。

「茶会」ですが、高橋是清邸で、茶席が設けられます。

2・26の舞台で茶席というのも、得難い体験だ。

事前申し込み制なので、興味のある方はお早めに。

去年は、通りすがりのおじさんが「きょうは無料だよ」と教えてくれたんで、喜んで入場して、たっぷりと見て回った。

1日に行くつもりなんだけど、天気が悪そう。

2日は野川公園の観察会だし、どうしようかな。

たてもの園から、つつじ山広場の方へと足を伸ばす。

昨年の11月、死体が見つかったというのでパトカーが10台以上出て、ものものしかったところです。


Cimg5073

bud

新しい遊具があります。春くらいにできたのかな。

「ふわふわドーム」というらしい。

子どもたちに大人気で、行列ができてる。

東京の子どもたちは戸外でのびのび遊べてます。

これが当たり前です。

〈参考です〉1日は都民の日(清水崑さんのカッパのバッジをつけてると都バスや動物園がタダになった)、以下の施設は無料です。新宿御苑も「自然公園ふれあい全国大会」とかで無料です。晴れたらいいな。

浜離宮恩賜庭園 03-3541-0200
旧芝離宮恩賜庭園 03-3434-4029
小石川後楽園 03-3811-3015
六義園 03-3941-2222
旧岩崎邸庭園 03-3823-8340
向島百花園 03-3611-8705
清澄庭園 03-3641-5892
旧古河庭園 03-3910-0394
殿ヶ谷戸庭園 042-324-7991
神代植物公園 042-483-2300
多摩動物公園 042-591-1611
恩賜上野動物園 03-3828-5171
葛西臨海水族園 03-3869-5152
井の頭自然文化園 0422-46-1100
夢の島熱帯植物館 03-3522-0281
東京港野鳥公園 03-3799-5031
東京都庭園美術館(庭園入園料のみ) 03-3443-0201
東京都江戸東京博物館本館(常設展のみ) 03-3626-9974
東京都江戸東京たてもの園 042-388-3300
東京都写真美術館(収蔵展・自主企画展のみ) 03-3280-0099
東京都現代美術館(常設展のみ) 03-5245-4111


2011年9月27日 (火)

足長〜いハーフナー@マチダも熱い!優勝、降格争いが白熱のJリーグ

Jリーグもいよいよ終盤、残すところ2カ月と少しになりました。優勝争いにはG大阪、名古屋、柏、横浜Mの4チームが勝ち点差3でひしめき合い、目が離せません。

崖っぷちのチームも必死です。

A大サッカー部OBのマチダさんの週末はテレビにかじりつき。サッカーを堪能してます。

           soccer      soccer

Kofu

ゲームというより勝負の面白さが楽めました。優勝争いに絡むG大阪、柏がいずれも残留争いをしている甲府、大宮に足元をすくわれました。

得点力を誇るガンバは0-2の完封負けです。

甲府には前回もしてやられています。

それにしても2点目を決めたハーフナーの足の長さといったら。

Pエリア内で絡まれながら粘って体勢を立て直し突進、左に流れたボールを左足で決めダメ押し点を奪いました。

足元からボールがあれだけ離れると日本人選手の場合、絶対シュートが左にすっぽ抜けます。

それをハーフナーは左ポストから内側へカーブのかかったシュートを放ちました。彼だからこそのリーチ1発です。体だけを取り上げればA級の国際規格といえるでしょう。


横浜ユース時代から一部では注目されていました。ただ実力が伴わず、甲府でレギュラーを張るようになってザックの目に留まったということでしょう。

もう少し揉まれてプレーが体に見合ったようになればと、楽しみです。

順位 チーム      勝ち点
1  ガンバ大阪       54
2  名古屋グランパス      53
3  柏レイソル      53
4  横浜F・マリノス      51
5  ベガルタ仙台      44
6  鹿島アントラーズ      41
7  サンフレッチェ広島     39
8  ジュビロ磐田   37
9  清水エスパルス   37
10  セレッソ大阪   36
11  ヴィッセル神戸   35
12  川崎フロンターレ   34
13  大宮アルディージャ 32
14  浦和レッズ 29
15  アルビレックス新潟 29
16  ヴァンフォーレ甲府 27
17  モンテディオ山形 20
18  アビスパ福岡 15

そういえば日本人でも1㍍90の身長で期待された選手がいましたっけね。

彼の場合はデカいだけでちやほやされた結果、大きく羽ばたけませんでした。持ち上げたマスコミもですが、五輪代表に無理やり繰り込もうとした当時の協会、及び五輪監督の姿勢が問われます。

もともとヘディングの際、相手に手をかけてしまう癖が指摘されていました。欠点を修正できないまま試合に出ても通用しませんよ。

本人の勘違いもあったでしょう。

が、協会は未完の大器を人気先行で何度もつぶしてきています。せっかくの素材を調理もせずテーブルに出したって美味しいわけはないですよね。

大宮はラファエルと東が目立ちました。

特にラファエルは前線で張って2得点。相手CKではゴール前に戻ってヘディングクリア。守りでも献身的なプレーを見せて勝利に結びつけました。精悍でなかなか味のある選手です。

                  soccer      soccer

ホント、ハーフナーのゴールにはびっくりしました。GKもまさか足が届くとは思わなかったでしょう。

もっと体ががっしりしてくると楽しみですね。

2011年9月26日 (月)

ジブリの横断幕が「結婚します」の新バージョンに@東小金井

小金井公園へ行く前に東小金井のスタジオリブリにちょいと寄り道。

Cimg5064_7

日曜日なので人の出入りはない。

少し離れた建物の屋上に渡してある横断幕を見に行く。

あれっ、内容が変わってる。

「こんな時代なので結婚します」。

女の子はイチゴちゃんかな。男の子はミカンちゃん?男の子の左右には「NO原発」の旗と「平和」の文字。

この2人が結ばれて、誓いの言葉は「NO原発」。そして「平和」になるんですね。

秋分の日ごろに架け替えられたようだ。

Cimg3774_2

←〈こちらは旧バージョン〉

宮崎駿監督が25日、こんなふうにつぶやいてました。

「僕らは保育園も持ってるから、放射線には人一倍気を遣うんです。

たばこより害がないとか言う奴が出てきたり、もう頭にくるんです。

たばこはやめろって言われたら、その場でやめれますからね。じゃあ放射能をやめろって言ったら、やめられるのかって思います」。

ジブリの保育園「3匹の熊の家」は、一本西側の通りにあります。いい雰囲気ですよ。

放射能から子どもを守るのは大人の義務です。


2011年9月25日 (日)

おっ、これがガガイモの実か!なるほど一寸法師が乗りそう@野川公園

噂にゃ聞いてたが実物を見るのは初めてです。かわいいじゃありませんか。

野川公園自然観察園のフェンス沿いに見つけました。

大国主の国作りに際して、スクナビコナ(少名毘古那神)が乗ってきたのが「天の羅摩船」(あめのかがみぶね)。

Cimg5042

カガミは、ガガイモのこと。

この実が熟して割れると舟の形になる。青いときでも想像できます。

スクナビコナは小さいんです。上陸した後、オオナムチ(オオクニヌシ)が手に取ってもてあそぶと、飛び上がって、その頬をかじったりします。(日本書紀の一書)。

いたずらな小人。

でも、れっきとした神産巣日神(かみむすひ)、日本書紀は高皇産霊尊(たかみむすひ)の子なんです。

「霊ある神子は少彦名命以来、最初至って小さな形を以って出現する如く、信じ又説明せられて居た」と柳田国男が指摘したように、小さな子が人間界に出現して福徳をもたらす。

そのもっとも古い例なんです。

かぐや姫、瓜子姫、桃太郎、一寸法師などが、これに属している。

スクナビコナは小さな舟に乗ってきたので、一寸法師のお椀の舟を連想させる。

こうしてオオナムチと国作りをしたあとスクナビコナは常世の国に渡っていってしまう。

ついでに言うと、スクナビコナの正体を知っていたのが、久延毘古(くえびこ)。

「今に山田の曾富騰(そほど)」というぞ」と古事記にある。曾富騰とはかかしのこと。

山田のかかしって言うのは、よっぽど古い言い方なんですね。


Cimg5034

ヒガンバナの群落に行く途中で見つけたコムラサキの実。

90度傾いてるのは、枝が台風で横になっちゃったんです。

先っぽから紫になっていくのがよくわかります。


2011年9月24日 (土)

倒木で自然観察園は臨時休園だけどヒガンバナ群落だけは公開@野川公園

小金井公園の樹木も台風で倒れたというブログを読んだので、メーンフランチャイズの野川公園が気になった。お寺で彼岸の法要をすませてからレッツゴー。

Cimg5047_2

湧き水広場の方から入ると観察園内に人がいない。やっぱり休園かな。

なおも入り口に向かうと、柳の大木が倒れてフェンスをなぎ倒している。

根こそぎやられている。多摩地方は都心よりも台風の進路に近かったからね。瞬間的には40㍍以上の突風が吹いたんだろう。

園内も太い枝が落ちている。

入り口には臨時休園の張り紙。だけど、もう一枚があって、ヒガンバナの群落だけは入場オーケー。


Cimg5036

いつもより多くの人がヒガンバナを楽しんでいる。

お彼岸で花も見ごろということで、ここだけ急いで片付けたんだろう。スタッフの方、ご苦労様です。

東八道路を渡った芝生の方もユリノキの大木が何本も倒れてます。プラタナスの大きな枝もポッキリで、あたりには大小の枝が散乱してます。


Cimg5062_5

グルッとまわって、もういちど自然観察園をのぞき込む。

フジバカマに蝶が集まっている。人がいないから安心して蜜を吸っている。

ここにアサギマダラが来るんですよ。


Cimg4648

昆虫担当のボランティアの人に教わったんです。アサギマダラは白い花を好むと。

ボランティアさんは奥秩父の乙女高原(山梨県)へ行って、アサギマダラのマーキングなどを行ってるそうです。

私は、この夏に高尾山で見て優雅な舞いにひと目ボレしちゃいました。

夏を高原で過ごしたアサギマダラは秋になると平地に降りてきて遠く台湾まで旅をします。途中、野川公園にも寄るらしいんです。

それで、ちょっとのぞいてみたんです。

しばらくいたんですが、まだ山にいるんですかねえ。

また、あいたいな。


2011年9月23日 (金)

こいつも好きです・タヌキマメ@神代植物公園

秋になって、こいつとまた出合えるのが楽しみでもあります。

Cimg4972_6

タヌキマメ。分解するとタヌキ・マメ。マメ科です。豆ができるんですかねえ。

もうちょっと寄った方がかわいいかな。


Cimg4885

いつものようにピンが甘いです。

腕が悪いのかカメラが安物なのか。たいがいひとのせいにします。

言い訳も毎回同じです。芸がないですね。

もうすぐ発売のミラーレスの一眼、ニコン1買おうかな。

接写はどうなんだろう。カメラ屋で見てこよう。

上の写真と光が違いますね。

別の日に行ったんです。老人週間でタダなのをいいことに連日通いました。

パソコンで再生したら、やっぱりピンが甘い。それで取り直しにいったんです。

どうせヒマですから。

神代植物公園の野草コーナーで咲いてます。

入場者もあんまり、ここまでは来ないですね。なにしろ地味ですから。

北側のフェンスにそった雑木林の中が野草園。十数種の野草が花をつけてます。まだ名前が一致しない。


Cimg4976_8

タヌキマメ、去年よりも増えたような気がします。

子供のころはどこにでも生えてた気がするんだけど、近ごろは、あんまり見ないですね。

木の下じゃなくて、もっと光が当たるとこ。道沿いに群れをなしてます。

日照がよくないと育たないようだ。


2011年9月22日 (木)

「2−0だが不満多いぞ!Uー22」マチダが叱る

5−0くらいで楽勝と思ってたのに手こずりました。U22日本代表はマレーシア相手に2−0。きれいなパスサッカーを目指しすぎてるんですかね。

もやもやしてるとこにA大サッカー部OBのマチダさんから厳しい指摘のメールが届きました。

                soccer    soccer


Cimg5028
ピンチは1度きり。危なげない勝ち方でした。

でも不満が多い内容です。技術差があるので、ボールは持てるしパスも楽。

結果無駄なパス交換をし、相手との間隔が詰まってひっかけられていました。

1本余計です。

そのせいでスペースが生まれず、背後へ抜け出すこともままならない、ふんづまり状態でした。

いくらパスサッカーを掲げても、パスに酔いしれるだけでは点になりません。

細かいミスも目立ちました。

フリーなのに単純なパスも通せない。前を向かない。

やはりA代表と比べると精度が劣ります。

東は1点を決めたけれど、その後がいけません。

ゴール前でフリーなのにスルーしてどうするんですか。触ればいいだけなのに喝!

全体的に一本調子。イケイケはいいけれど、つんのめりっぱなしでした。

頼みの清武が足の痙攣。使い過ぎじゃありませんか。

いくら若いといってもねえ、限度があります。まだ手抜きをするほどスレていないし。抑えることも教えてやってほしい。

長丁場、コンディション維持も戦術の一つ。関塚監督ら首脳陣も心得ているでしょうがね。


                          マチダ


                 soccer    soccer

こんなんじゃ、ずる賢いサッカーをするバーレーン、シリア戦が気がかりです。

2011年9月21日 (水)

無人の飯舘村を横断して川俣町で名物のシャモを@福島

南相馬市の警戒線まで南下したので帰路につく。飯舘村を横断し、川俣町から北上して福島市内というルートが最短だ。

Cimg4935

愛知県日進市で行われた花火大会で打ち上げが中止されたのが川俣町でつくられた花火。

ひどい話だ。

もし花火に放射能が付着していても「検出せず」のレベルで、それが破裂して大気中に拡散するんだから、問題なんかないはず。

それより福島の原発から今もばらまかれている放射能の拡散の方が影響は大きい。

静岡のお茶も汚染されたのだから愛知県にだって達しているはず。

放射能は北半球をぐるぐる回ってるんだよ。

冬になって北風になれば、今以上に南の方へ飛ぶのかもしれない。

飯舘村に入る。

当然、村民は避難している。


Cimg4938

町の中心部と思われる郵便局の前でひと休み。村役場は以前はこの通りにあったが、新築して引っ越したそうだ。

人はいません。交通量は意外に多い。新潟ナンバーの覆面パトカーがパトロールしている。

この道を封鎖してしまうと、南相馬から中通りの福島市内や郡山、二本松へ向かうのに不便だ。

それで通過は認めてるんだろう。

ここは阿武隈高地にできた谷のような地形。だから人が住み、道もつくられた。

皮肉なことに放射能の通り道にもなってしまった。

放射能は山にぶつかって村に降り注いだんだろう。

郵便局向かいの民家は門を閉ざし、カーテンが引かれている。


Cimg4940

いつになったら村に戻れるのか。

飯舘村は相馬郡大舘村と飯曾村が合併して飯舘になった。昭和31年(1956)のことだ。

こんな歌を思い出した。

♬ ああ許すまじ原爆を

三度許すまじ原爆を

われらの街に ♬

「原爆を許すまじ」は「第五福竜丸」が被ばく、無線長の久保山愛吉さんが亡くなった直後につくられた。

昭和29年(1954)、アメリカはマーシャル諸島のビキニ環礁で水爆実験を行い、160㌔東で操業していた第五福竜丸が死の灰をかぶったのだ。

町工場の工員・浅田石二の詞に都立日比谷高校の社会科教師・木下航二が曲をつけた。

さすが日比谷高校。いまだに日比谷と聞くと尊敬しちゃいます。なんてったって府立1中。我が方は2中。1と2の差は大きい。

静岡県漁民葬では、静岡大生らが歌うこの歌で久保山さんを送った。


こんなふうに歌詞をかえたくなった。

♬ ふるさとの街追われ
  
  身寄りの眠る緑の土地に

  今は死の灰そそぐ

  ああ許すまじ原発を

  再び許すまじ原発を

  われらの街に ♬

飯舘村を抜けると川俣町。

シャモが名物だ。

道の駅川俣シルクピアで遅い昼飯。

シャモ南蛮を頼んだら、粉をこねてそばを打ちはじめた。うれしいねえ。

打ち立てのそばはうまい!。

2011年9月20日 (火)

飢饉から人々を救ったのはヒガンバナだった@野川公園

はるか縄文か弥生時代に揚子江付近から持ち込まれたヒガンバナは、株分けした球根が全国に植えられていった。

だから日本中のヒガンバナは同じDNA。もとをただせば同一の株なんです。これについては前回に触れた。

きょうは、なぜ広まったのかについて。

野川公園のヒガンバナは18日、六分咲きくらい。

Cimg5006_6

つぼみを持った茎がニョキニョキ伸びてるでしょ。

秋分の日には満開だな。

古代の人々は田んぼの畦などにヒガンバナの球根をせっせと植えていった。

〈第一の理由〉畦などを丈夫にする。

ヒガンバナの根は球根を地中に潜り込ませる働きをするので、畦道や土手が崩れるのを防いでいる。

〈第二の理由〉球根からは、ほかの植物の生育を抑える物質が出ていて、他の植物を生えさせない。

縄張りへの侵入を許さないんだ。だから群落を形成する。

人間にとっても雑草の生育を抑えてくれるのは大助かり。

〈第三の理由〉モグラ除けにもなった。モグラは畦に穴をあけてしまうからね。

ねずみも防いだ。

Cimg5008_4

(おっ、こっちの方は咲きそろってる。一面がヒガンバナです)。

お墓の周りに植えられたのは、ねずみを防ぐ意味もあった。

昔は土葬ですからね。

お彼岸のお供えの花にも使えた。

お彼岸というのはずっとあとのことだけどね。

さらに、球根をすりつぶして壁土に混ぜたんだって。

ネズ公除けです。

昔の人は経験的に覚えていった。エラいです。

〈最大の理由〉なんてったって、飢饉の時にはヒガンバナが重要な食糧になった。救荒食として利用したんです。

球根には良質のデンプンが含まれてるんです。

きっと旱魃や冷害にも強いんでしょう。


Cimg5021_13

ただし球根は毒を持ってます。

リコリン・セキサノールというアルカロイド系の有毒物質が含まれていて、そのまま食べると吐き気や下痢を引き起こした。

この毒素は水に溶けやすいため、球根をすりつぶして水にさらせば食用になった。

水にさらして毒を抜くなんて古代の人は、いろんな植物で経験してます。

揚子江付近にいたころから知ってたのかもしれません。

いやあ、すごく役に立ってます。

シロヒガンバナは、ショウキズイセンとの交雑種です。

これも野川公園の自然観察園に咲いてます。

以上は、「身近な雑草の愉快な生きかた」(稲垣栄洋、ちくま文庫)、野川公園自然観察センターの解説などを参照しました。

2011年9月19日 (月)

日本代表に闘莉王復帰を・マチダが熱望

福島に行っていたのでマチダさんからのメールを1回飛ばしてしまいました。

A大サッカー部OBのマチダさんは、サッカー三昧の日々。Jリーグもはしごして見てます。

             soccer      soccer

テレビに見たような景色が映っていました。大横川殺人事件のようです。

さてJです。闘莉王、見ました?タイムアップ寸前の守り。

ゴール前中央で鹿島に与えたFK。壁からするすると1人離れてゴールマウス左へ移動しました。本能なのか。おそらく勝負勘でしょう。

どんぴしゃりの読み。完全に決まったと思われたシュートを頭ではじき出しました。超のつくファインプレーですよ。

攻めても同点のヘッド。まだまだ使えます。ハーフナーとのパワープレー用2トップ、行けると思いますがねえ。


清水VS浦和。凡戦の原因はピッチです。

ひどい!エコパ。J1、J2の中でも最低ではないないでしょうか。両ゴール前、つまり真ん中付近の端から端までの芝がメチャクチヤになっています。

あんな凸凹で、質の良いプレーをしろなんて無理。Jの理念なんて忘れ去られています。猛暑で芝が枯れたのでしょうか。

他と比べようがないくらいのメンテナンス。

原因はどうあれ実際プレーをさせたのですから、Jとエコパと磐田に責任はあります。なぜかJ凋落の始まりのようでなりません。
                                        マチダ

             soccer      soccer

解説すると大横川は、マチダさん、私が定年まで勤めた会社の近所なんです。

はい、闘莉王の絶妙の位置取り、スポーツニュースで見ました。

名古屋—鹿島。野沢が左隅を狙ったFK。野沢もやったと思ったでしょうね。

混戦から押し込んだヘッドも得点勘があるんだよね。

ザックもそのうち呼ぶんじゃないでしょうか。

2011年9月18日 (日)

日本中のヒガンバナは「きょうだい」なのだ@神代植物公園

お彼岸を前にヒガンバナが成長してます。あちこちから開花の便りも聞かれますが、多摩地区のは、つぼみのつき初めが多いのかな。

Cimg4986

老人週間で60歳以上は無料なもんで神代植物公園をうろうろ。

雑木林で目を凝らすと、芽を出してました。

茎が伸びてつぼみを付けてるのもあるが、芽生えたばかりのはいとしいです。

こんなのがあちこちからニュキニョキ出てます。

ヒガンバナは、10月から翌年4月までが栄養成長期。

葉で光合成して球根に栄養を送る。花が終わった後に葉が出てきます。

5月から9月は生殖成長期。

地中の球根を成長させ開花の準備をする。

9月中旬のわずかな期間が花期です。

日本中のヒガンバナは、ほぼ同じ時期に赤や白の花を咲かせる。寒暖の差もあるのに不思議でしょ。

夏の終わりのサルスベリは、北から南に順々に咲いてくんでしょ。

実は、日本中のヒガンバナはみんな、きょうだいなんです。

きょうだいは、正確ではないです。皆クローンなんです。

遺伝子も同じ。1つの球根をつぎつぎに分けて植えていき、それが日本中に広まったんです。


Cimg4988

どうしてそんなことが分かるのかって?

ヒガンバナの花は、あだ花。それで実をつけることができない。

はしょって説明すると、染色体のまとまりが3組なんです。

奇数だと花粉と胚珠が受精しても、もとの染色体と同じにならない。

人工的に3倍体につくられた種なしスイカに種がないのと同じです。

3倍体植物の悲しい宿命です。

このため、花が終わって球根が大きくなると分球して2つに、さらに分かれて4つに増えていきます。

こうして同じ場所にどんどん増えていきます。

でも、元の球根にいろいろな種類があれば、クローンにはならないだろうって?

それがどうやら同じ球根らしいんです。

原産地は中国の揚子江付近。

揚子江といえば稲作伝来ですね。

持ち込まれたのは縄文の終わりか弥生の初めでしょう。

球根が一人で歩いてきたわけではありません。

モミとヒガンバナの球根を携え人たちがやってきたんです。

たまたま荷物の中に紛れ込んでいたんじゃなさそうです。

一緒に大事に持ち込んだんです。

揚子江から直接ではなしに山東半島を経由して半島に一時滞在して、それから日本列島に来たらしい。

「越」の民、呉越の越です。


Cimg4994

もうすぐ開きそうなつぼみもありました。

彼らが持ってきたヒガンバナの球根はわずかで、同じ株だった。

このわずかな球根が日本中に広がったのだ。

球根でしか増えないものが、どうして全国にあるのか。

ヒガンバナは人間にとって、あるいは稲作にとって、とっても大切な植物なんです。

死人花、幽霊花、捨て子花などといって気味悪がっていてはバチが当たります。

倭人が生き延びてこられた理由の一つにヒガンバナの存在があるんです。

ウソじゃないです。

続きは次回に。


2011年9月17日 (土)

相馬の景勝・松川浦から南相馬の警戒線まで南下

福島市内から国道を一路東へ。約1時間で相馬市に入る。

ここは、相馬氏の居城だった中村城の城下町。そのため道は隘路や丁字路などが残っている。

敵の侵入を防ぐためです。

相馬野馬追の総大将が出陣する妙見様(相馬中村神社)は城跡の一画にある。

市街地を抜けて、なおも東へ行くと日本百景にも数えられる景勝地の松川浦だ。

Cimg4925

ここは阿武隈高地から太平洋に注ぐ宇多川と小泉川の河口が、砂州によってせき止められた潟湖。潮干狩りや海水浴が楽しめる。

潟湖に面して漁港や水産会社があったが、1階部分は津波が流してしまった。途中の旅館なども根こそぎにやられている。

すでに残骸は片付けられ、復旧のために重機が入って地面をならしている。この槌音が未来への希望だ。

砂嘴(さし)の部分に渡る松川浦大橋は通行止めだ。

津波の恐ろしさをただただ感じるばかり。

たとえようなど何もない。

ここから南相馬へと太平洋沿いを南下。

南相馬には国史跡の真野古墳群がある。南相馬市鹿島区真野川流域は、古代の陸奥の国行方郡真野郷で、120基を超える古墳があったとされる。

Cimg4931_2

行方、相馬、鹿島など千葉や茨城の地名があるのは、頼朝と藤原氏の奥州合戦の論功行賞で千葉氏らが黒川、宮城、亘理(以上宮城県)、行方(相馬郡)などの地頭職に任じられたためだ。

地域は離れるけど、伊豆の伊東氏は安積郡(郡山市)。それで郡山には磐梯熱海(熱海町)、王宮伊豆神社など伊豆由来の名がつけられた。

南相馬に入ると、田んぼは荒れたまま。作付けがされてない。稔り豊かな土地だったろうに・・・。

漁船が畑の中に転がっている。何艘もだ。

何㌔くらい運ばれてきたのか。

道路脇にプランターが置かれ除染を期待してヒマワリが植えてある。

効果はなかったようだが、やらないよりはいい。田んぼは野草が繁るに任せている。

ここはもう原発から20〜30㌔の区域だ。

Cimg4934_7

どこまで行けるのか?浪江町まで行けるのか。

とんでもない。

そのはるか手前の南相馬市の原町まで。奥州浜街道の宿場町として栄えた。

南相馬の一部は、計画避難地区なのだ。

警戒線の手前のコンビニが営業してたのでジュースを買いがてら様子を聞いてみる。

「ここは放射能は低いです」。マップで見ると南相馬中心部は0・44マイクロシーベルト。

ここからの帰路は無人の飯舘村を抜ける道になる。


2011年9月16日 (金)

計画的避難区域のB級グルメ浪江焼きそばを食す@福島市の屋台村

飯坂温泉波来湯(はこゆ)の45度の熱いお風呂で全身の毛穴が全開、毒素も放出されたようで気分爽快。

Cimg4915_2

駅近くの居酒屋「屋台や十八番」でさんざん飲んで食べた後、アライ君が「浪江焼きそばを食べよう」というので「ふくしま屋台村 こらんしょ横丁」へ。

9軒の屋台が集まった一画です。浪江焼きそばが食べられるのは入り口にある絆亭。

浪江町の若者2人がやってます。

浪江町は、かなりの地域が原発から20㌔圏内で計画的避難区域ですから町民は避難し、仮の町役場も二本松市に移ってます。

二本松でも浪江焼きそばの店ができているが、福島市内ではここだけのようだ。

はい、ダッシュ村のあるところだそうです。

お腹に余裕がないので「2人前を4人で・・・」と注文すると、こころよくオーケー。

Cimg4917

噂通りの太麺。もやしに豚肉、これに紅ショウガとネギが乗せてあるシンプルなもの。

麺がもちもち、辛めのソースがこれによく合う。おいしかったです。

満腹のはずなのにみんなぺろっと平らげました。

お酒が定量に達したキクチ君とさっちゃんは、ここでご帰還。

ここから先はアライ君に案内してもらう。

食い気が満たされると色気だわね。

というわけで2軒隣の「さくら亭」へ。


Cimg4918

店主のひとみちゃんは22歳。福島の郷土料理がウリです。

ところで、【ふくしま屋台村 こらんしょ横丁】は、福島商工会議所青年部が「まちなか賑わい創出事業」のひとつとして企画。


福島市の中心市街地に新しい魅力を作り出し、福島の食材にこだわったメニューを提供することで地産地消を促進し、情熱ある若手経営者のための起業支援にも取り組んでいるという試み。

ひとみちゃんと他愛のない会話を楽しんで、さらにもう1軒。

シメはみちのくボンガーズがやっている「笑タイム」。

ボンガーズは福島を中心に活動しているお笑い集団。アライ君が応援していて、キクチ君やさっちゃんもライブを見に行ったことがあるらしい。

元は吉本の養成所にいた連中のようだ。

11月に新宿でライブをやるらしい。ヒマだったらのぞいてみよう。

夜も更けた。

早く寝なくては・・・。

2011年9月15日 (木)

アチチ!源泉は45度@福島飯坂温泉の波来湯(はこゆ)が新装オープン

福島へ。飯坂温泉駅近くに共同浴場の波来湯が新装オープンしたというのでなにはともあれクルマで急行。

市内から20分も走ればいいので楽チン。運転は待ってくれていたアライ君。キクチ君も一緒です。

Cimg4902_3

旅館の玄関を見ると「歓迎」の中に「南相馬市民様」が。

多くの方が仮設やアパートなどに移られたというが、行き先の決まらない人たちが残っているんだ。

波来湯は鯖湖湯についで古い湯で、開湯は1200年前という。

鯖湖湯はかつては佐波古湯とも表記していた。


波来湯も、左波来といっていて、両方まとめて「さばこ湯」だったのかもしれない。

浴場の前は公園に整備されていて、足湯も設けてあります。

波来湯がリニューアル・オープンしたのは、ことしの元日。


Cimg4903_4

入浴料は、鯖湖湯200円より100円アップの300円。でも安いやね。

飯坂の源泉は熱いので有名です。

浸かるには相当の覚悟が必要です。

安心してください。波来湯は、ぬるい浴槽も用意してあります。

ぬるい方は40度。浴槽に温度計がついてます。

熱い方は45度。足を入れてみる。

つま先からジンジンして、やけどしそう。


Cimg4907_5

キクチ君は「心臓に悪い」と足だけ。アライ君は、熱い湯が苦手です。私も1度目は断念。洗い場で冷ましてから再チャレンジ。

なるたけ体を動かさないように、そっとそっと体を沈める。温度計が46度に上がった。我慢、我慢。

動くと熱いのでじっとしてる。

1分くらいで、もうダメだ。

でも、湯上がりは気持ちいいよ。体全体がピシッとする。

夜のビールがうまそうだ。


2011年9月14日 (水)

好きです!ゲンノショウコ@野川公園

このシンプルさ、好きです。飲めばたちどころに調子が良くなる、現の証拠でござい。

Cimg4849

恥ずかしながら去年、ようやく覚えたばかりです。初体験については、こちらで告白してます。

そうそう、京都の学ちゃんに教えてもらったのでした。学ちゃんも無事、定年を迎えたけど、これからも花の名前を教えてね。

色も白か、紅紫。どちらか1色です。西日本が紅紫、東日本が白のようです。

野川公園では両方咲いてます。

↓ こちらはヤマホトトギス。


Cimg4834

気になる花です。形を面白がってるんでしょうね。

ホトトギスは日本、台湾、朝鮮半島に分布していて、19種のうち13種が日本で確認され、そのうちの10種が日本固有種なんだって。

それで日本が原産と考えられている。大陸から離れてから独自に発展していったのかな。

調布の野草園にはキバナノツキヌケホトトギスが鉢植えされてます。

去年見たのは10月下旬でした。写真はこちらにありますので、興味のある方はクリックしてみてください。

絶滅危惧IA類(CR)(環境省レッドリスト)ですから、貴重なものです。

名前を漢字まじりで記すと、黄花の突き抜きホトトギスです。

6月下旬にはタマガワホトトギスも咲いてました。。こちらです。

2011年9月13日 (火)

コバノカモメヅル、フジカンゾウなど野川公園9月の花

早秋の花が見ごろです。入り口すぐのフェンスに絡まっているのはコバノカモメヅル。

Cimg4805_2

星型で暗い紫、なんか宇宙人か、その乗り物みたい。

カモメが分かんないです。飛んでる姿を思いうかべたんだろうか。それで名前が直結しない。

はい、例によって自然観察園9月の花だより。

《白色》イヌホオズキ、オトコエシ、ゲンノショウコ(赤も)、コボタンヅル、タコノアシ、タラノキ(樹)、ヒヨドリジョウゴ、ヘクソカズラ、ミズタマソウ、ヤブミョウガ、ヤマホトトギス、ユウガギク

《淡紅色》イヌゴマ、イヌタデ、キツネノマゴ(いいですね、イヌ、イヌ、キツネ)、シュウカイドウ、ナンバンギセル、ヌスビトハギ、フジカンゾウ、ママコノシリヌグイ、ヤマハギ

コバノカモメヅルの隣にはガガイモがあって、お互いに絡み合ってます。

このへんにママコノシリヌグイがあるんだけど、次にいったら、どこだか分かんなくなっちゃった。

そんなわけで写真はないんだけど、いい名前です。

継子の尻拭い。葉っぱの裏や茎にトゲがあります。お尻を拭いたら飛び上がるでしょう。

意地悪な継母。今の童話みたいに、修身の教科書みたいに毒を抜かれたんじゃなくて、悪い人も登場する原型みたいで素敵です。

思考は童話の世界だけです。念のため。近ごろは実母でもおかしいからね。

口直しはフジカンゾウ。

Cimg4794

花がフジ、葉がカンゾウに似ているので、あわせてフジカンゾウ。

安易です。ママコにはとてもかないません。

花だよりの続き。

《黄色》アキノノゲシ、オミナエシ、キツリフネ、キバナアキギリ、キンミズヒキ、コケオトギリ、ダイコンソウ、ヒメキンミズヒキ。

この中ではヒメキンミズヒキが好きだな。

キンミズヒキより花の数が少なくて、やや小ぶりの花がくっきりしている。比べたんで違いが分かりました。

《淡黄白色》イガホオズキ、ハダカホオズキ

《淡紫色》コバギボウシ、ツリガネニンジン、ヤブラン

《青紫色》アキノタムラソウ、カリガネソウ

《暗紫褐色》シュロソウ

これは前半に咲いてるもの。中下旬には別なのも花をつけます。この季節も週に1回は行かないと見逃してしまうので、おじさんは忙しい。


来週にはヒガンバナの茎がにょっきりと顔を出しているでしょう。

[追記]「まま」は、乳母、めのと。昔は乳母が乳を与えて育てたから、血のつながらないことを「まま」というようになり、ままはは、ままちちという言葉が生まれたか。源氏にも「まま」「ままこ」が出てきますーと「岩波古語辞典」に書いてありました。

頼朝の乳母の名とか説明しているケースがあるが、源氏で使われているんだから成り立たない。

[日にちがずいぶんとずれてしまいました。訪ねたのは4日のことです。花の種類も変わってるでしょう。ご注意を]


2011年9月12日 (月)

薮魔王、狐の孫@野川公園

人生ン十年、ようやく名前を知ることができました。これですよ、これ。

Cimg4809

ほったらかしの空き地などにはびこっているヤツ。背丈も2㍍くらいはあって、ひと目見れば忘れないんだけど名前を知ろうとも思ってなかった。

名前なんかついてるのかって感じでしたね。野川公園のボランティアガイドの人が教えてくれました。

ヤブマオウですよ、薮の魔王。名は体を表している。

と、メモしてきたんですが、正式にはヤブマオのようです。ついつい面白そうな方を選んで記憶しちゃうんですね。

昔はこれから繊維を取ってたらしい。漢字では藪麻苧。カラムシ属です。

魔王の方が似合ってる気がするのは私だけでしょうか。

こっちもどこでも見る草。

Cimg4822_2

前回行ったときは撮らなかったので写真を撮ってきました。

キツネノマゴ。道に生えてたら踏みつけちゃいそうだけど、よく見るとかわいい花です。

Cimg4830_9

こんなふうにびっしりと茂ってます。

野の草の名前を覚えると、それだけでうれしい。ひらがなを一つ一つ覚えていく子どもと一緒です。

2011年9月11日 (日)

江戸野菜の復活・武蔵境唐辛子

あちこちで江戸野菜復活の動きが盛んです。効率化のために切り捨てられていった野菜たちを守っていこうという試みはいいですね。

味の画一化なんてつまりません。多様な農業が続けられるようになれば、消費者の心も食生活も豊かになります。

マクドナルドのハンバーガーを食べたのは、もう20年前になる。

モスクワに1号店ができた1990年。ロシアのパンは、噂にたがわず硬かったのでマクドナルドの柔らかいパンはおいしかった。日本では食べていない。

Cimg4895

10日、借りた本を返しに図書館に行ったら、真ん前の広場でお祭りをやっていた。武蔵境ピクニックというようだ。

ステージは津軽の荒馬踊り。周りには韓国、台湾、シンガポール、ペルーなどのお店があって、お国自慢の料理を売っている。

夏のぶり返しでのども乾いていたので、スリランカのお店で冷たい紅茶を。ミルクとジンジャーがあったので、飲んだことのないジンジャーにする。

葉はウヴァです。高地で栽培されるセイロン紅茶の代表的銘柄です。

濃くてコクがある。あまりジンジャーの感じはしないが、飲み後がさっぱり。

私も家ではウヴァを飲んでるんだけどなあ。煎れかたが悪いんですね。あれこれ試してみよう。

紙コップ1杯が100円。


Cimg4900

武蔵境産の唐辛子を使った「さかいのとんがらし」を売ってたので一味を1袋求める。

戦前は、武蔵野の唐辛子は名物だったらしい。

江戸時代には内藤唐辛子が有名です。

新宿から大久保まで一面の唐辛子畑。緑の葉と赤い実のコントラストが美しかったようだ。

その伝統を受け継いでよみがえらせてるんだ。

たかが唐辛子だけど、違うんだよね。辛いだけじゃなくてうま味がある。

なにをつくろうか。とりあえずは麻婆豆腐かな。

10グラム入りで200円。ふだんは商店街のお茶屋で売ってる。

それにしても、駅前にオープンした図書館を中心にした複合施設の武蔵野プレイス、多くの人が利用しているらしい。

武蔵野市長らが挨拶していて、だれだったか「1日に5000人が利用してます。豊島園より多い」と自慢してました。

東京都により買収が発表された豊島園の年間入場者は94万人。

なにしろ駅の真ん前だからね。もとは農水省の倉庫だった。

私も三鷹市民だけどちょいちょい利用してます。

武蔵野市に感謝。邑上守正市長は高校の後輩らしい。税金は払ってないけどよろしくね。


2011年9月10日 (土)

うろうろは三文の得・道ばたで絶滅危惧種マヤランに出合った@深大寺

きょうも深大寺周辺をうろうろ。絶滅危惧Ⅱ種に出合った。「世界ウルルン滞在記」のナレーター下条アトムを思いうかべてください・・・。

やっと会えました。マヤランです。

Cimg4857

このへんに顔を出すのは、「マヤランに注意」の立て札があるので知ってました。

夏の終わりに突然、茎を出すというので、この日(8日)もウロチョロしながら見回り。

咲いてるじゃありませんか。

道ばたです。絶滅危惧種が、ありふれた場所に、当たり前のように花をつけてるじゃありませんか。

思わず「おっ」と声を出して膝をついてパシャパシャ。

ご夫婦が通りがかって何事かと見ているので「マヤランです」と自慢してやった。

丈は10㌢ちょい。小さくて花も地味なので、注意しないと見過ごしてしまいます。

神戸六甲の摩耶山で発見されたのでマヤラン。

葉もないし、根も持たない変わった植物で、シンビジウムやシュンランの仲間。


Cimg4867

こちらは別の株。捜してみるとあちこちにあります。

どこだって?

神代植物公園の深大寺門の前です。

門を出てササのしげみの手前、敷石がある方の道にもあります。

植物公園の中でも見られるらしいけど、こっちはただです。

そうそう、都立の公園は15日から老人週間とかで60歳以上は無料です。(21日まで。多分、20日は休園日なのでチェックしてください)。

無料なのは、以下の公園です。

恩賜上野動物園/井の頭自然文化園/多摩動物公園/神代植物公園/旧芝離宮恩賜庭園/浜離宮恩賜庭園/清澄庭園/小石川後楽園/六義園/向島百花園/旧古河庭園/殿ヶ谷戸庭園/夢の島熱帯植物館/葛西臨海水族園/旧岩崎邸庭園。

私もこの期間は神代植物公園通いです。公園の中のマヤランもチェックしてこよう。

多分、バラ園の南側の林の中だと思います。

葉も根もなくて、どうやって生きているのかというと、地下茎の細胞に菌がいて、この菌から栄養と水をもらってるんです。

共生しているのはベニタケ科などのキノコです。

だからマヤランを密かに持って行っても育ちません。

不心得を起こしても枯らすだけですから、道ばたに生えているのを楽しむだけにしてください。


2011年9月 9日 (金)

今宵の祝杯はOGビーフとともに・・・なでしこ、豪州さまさまの五輪出場決定

日本—北朝鮮に続いて、中国ーオーストラリア戦。どうせ中国が勝つんだろうと思いながらも一縷の望みを託して観戦。

立ち上がりの中国は何度も決定機をつくり。NHK解説の大竹七未が[いつ決めてもおかしくないですね」とため息をつくほど。


G20110909001585650_thumjpg

この時間帯に決められなかったのが中国の敗因。豪州も徐々にリズムを取り戻し、後半16分、コーナーキックの大混戦からバン・エグモンドが力を抑えたミドルシュート。

見事でした。

感謝感謝です。思わず「よしっ!」って、一人でガッツポーズしてしまいました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんからさっそく、喜びと辛口のメール。

          soccer      soccer


いやー、オーストラリアさまさまです。日本はオージービーフの輸入枠を大幅に増やさなければなりません。


北朝鮮戦ドローは、佐々木監督の采配ミスですよ。

1点リード、残り時間からみて当然逃げ切り策でしょう。ザックでもそうしたはずです。

監督自身もボールキープを指示していたのだから、分かっていたはずです。

なぜ、交代選手を投入しなかったのか「?」ですよ。

3分間守るだけに徹すればいいのに、2枚もカードを残したまま同点にされたんですから納得がいきません。

選手はバテバテでした。ロングキックも蹴れなくなっていました。

外へ出して時間稼ぎをすることすらできませんでした。

なのに、手をこまねいていたように見えます。W杯から通して初めてみせた大きな失敗ではないでしょうか。

選手は芯疲れです。体の芯が疲れ切っています。

だから、気持ちは元気で動けると思っても、体がいつものように反応しないのです。

同点弾を決められる前の近賀のクリアミスがいい例でした。

原因?それはもう…。大きな意味では協会にも責任があります。

やっと陽の目を見た女子サッカーを、ここぞとばかり売り込みました。

国民栄誉賞までもらってイケイケ状態、ノーガードだもの。試合じゃないんだから、前がかりもいい加減にしないと。どこかで取材規制をするべきでした。

予選がハードスケジュールなのは分っていたんですから、なおさらです。贔屓の引き倒し。あわや悔やみの3分間になる恐れがありました。

とりもなおさず、五輪ゲットはおめでたいこと。最低のチーム状態の中でよくやりました。

あとはメダルへの準備です。若い力の台頭も望まれます。ミドルシュートの強化も必要です。なでしこは、もう十分認知されました。

マスコミフィーバーとも一定の距離を置いて、周到な計画を立ててほしいものです。
                                                                   マチダ

               soccer      soccer

なにはともあれ、おめでとう。この大会を通して、なでしこのデキは最悪でした。しっかりと反省して本番に生かしてもらいたいですね。


2011年9月 8日 (木)

♬白い花が咲いてた・・・「一枚のハガキ」「コクリコ坂から」はしご

♬さよならと 云ったら
     黙ってうつむいてた お下げ髪

昭和25年のNHKラジオ歌謡ですか。4歳だったけど、この歌は知っている。歌い手は岡本敦郎。

胸キュンで甘酸っぱい初恋。男の子は都会の学校に行くんでしょうか?

長野あたりが舞台でリンゴの白い花かと思ってたけど、舞台は丹後半島の峰山町。

作詞の寺尾智沙が、夫で作曲の田村しげるのふるさとを浮かべたらしい。

ノムさん、野村克也監督の出身地です。京都から列車で行ったことがあるけど、友達の家に泊めてもらったことしか覚えてない。


Cimg4778

最近は、散歩してるとなぜか♬白い花が咲いてた・・と口ずさんでいる。

歌われるのは、部室の取り壊しをめぐって高校生たちが集会を開いているシーン。


見回りの教師の目をくらますために、「白い花の咲く頃」を歌ってごまかすのだ。

時代設定は1963年5月。

部室の建物はカルチェラタンと呼んでることになってたけど、時代がちょっと早いんじゃないの。

徳間書店の昔の建物が出てきたり、徳間社長みたいな人が高校生の訴えに耳を貸す、物わかりのいい理事長として登場、それなりに懐かしい。

でも、時代を描くのって難しいよね。

個々人のそれぞれの思いがあるから。「オレのあのころは違う」と感じさせたら終わりだもん。私の63年はビートルズ一色でした。


朝鮮戦争と高校生の「反乱」、2つの時代が交差するんだけど、結びあっては受け取れなかった。

「赤い河の谷間」も歌われるけど、印象は薄い。

「うつむいてたお下げ髪」はいなかったけど、今も残っているのは「白い花の咲く頃」です。

                ×     ×

「一枚のハガキ」はつらいよね。

くじ引きで内地にとどまり生き残った豊川悦司。

待ちこがれているはずの妻川上麻衣子からは「あんたなんか死んじゃえばよかったんだ」とののしられる。

ハガキを持って亡き戦友のもとを訪ねれば、大竹しのぶに「あんたは、どうして死ななかったの」と、やり場のない悲しみをぶつけられる。

夫を失った大竹は「あんたも生身の体」と姑の柄本明から、義弟との再婚をすすめられる。

親切ごかしだけど「イエ」のことしか考えてない、とてもいやらしい言葉。

再生へのキーワードが「ひと粒の麦」というのが、どうも引っかかる。

私が浅薄なのか。

それにしても、公開から1カ月近くたってたのによく入ってました。

99歳の新藤監督、100歳を超えても、「撮る」って言うんじゃないか。少しも衰えは感じさせません。

ということでひさしぶりに映画のはしご。

そのあとは、ほどよい時間になったので夜の街へ。

こっちも3軒はしごで、あとはおぼろ。

                ×    ×

「一枚のハガキ」はアカデミー賞外国語映画賞に日本から出品されることが決まった。ノミネートの5本に入るんじゃないかな。

新藤さんは、頑固だけどとってもいい人。腰手ぬぐいで現場を動き回ってた姿はまさにカツドウヤだった。100歳の勲章ってのも素敵だね。


2011年9月 7日 (水)

「本田不在が・・・」マチダが嘆く・弱気ザックやっと引き分け

ザックはボランチに阿部、トップ下に長谷部という守備重視の先発。これが裏目に出てウズベキスタンに好きなようにボールをまわされてしまったのが苦戦の原因。

それにしてもウズベクからの国際映像は解像度が最悪。画面サイズも横が切れてアナログのようだ。NHKのBSは補正が不足していてくっきりしてないので、後半から日テレに変えました。こちらの方はややマシでした。

ウズベクのテレビは多分、まだアナログなんですね。

NHK解説の長谷川健太も無内容で、フォーメーションの説明すらせずに、「辛抱する時間帯です」とアナウンサーが振ると「辛抱しかないですね」くらいしか言えない。もっと打開策とか戦術について説明してほしかったな。

さて、A大サッカー部OBのマチダさん、当たり前すぎる結論ですが、本田不在に根本原因を見ました。こんなことじゃいけないんですけどねえ・・・。

              soccer      soccer

Cimg4851


やはり、本田不在が響いています。分かりきったこと、と言われればそれまでですが、代役たちはパス出しが得意でも中盤でキープできない。

人への強さが代役にはありません。

阿部を使い長谷部を動かした前半のザックマジックは、思惑通りには機能しませんでした。

微妙な違和感が消化不良を引き起こし、いいところなしの結果になりました。

香川なんかまったく死んでいたもの。

失点の場面は相手の8番が完全にフリー。

体を寄せることもできなかったのは、どこかにずれがあったからでしょう。

後半、清武を入れ、元のスタイルに戻してやっとチームが落ち着きました。

その清武ですが、攻めはよくても、ディフェンスがからっきしです。

相手に体を寄せることすらせず、お義理で背中を追いかけるシーンが何度かあり好パスを許していました。

本田なら奪いに行っています。

後半からの出場なんですから、守りももっと激しくしないと日本は背負えませんよね。誰か正しい守り方を教えてやれ、と言いたい。

トップの選手なら来て当たり前のはず。でも案外基本的なことが忘れられているというか、知らないケースは、ままあるものです。

チームでは許されても代表ではねえ。攻撃のセンスばかりがもてはやされている弊害かもしれません。

ても、負けないであーっよかった。んにゃ、ここは厳しく勝たなきゃですか。

                                マチダ

              soccer      soccer

ザックは名将でも、国を背負った真剣勝負の経験がありません。そのため弱気、あるいは慎重な先発布陣になった。アウエーではこれがウイークポイントになるかもしれません。

心配です。


2011年9月 6日 (火)

五輪に王手だが「フィットしてない永里」が気がかりとマチダリポート

韓国戦よりは連動した動きが出ていたけど、パスミスが目立ったゲームでした。

佐々木監督が言ってたように「オーストラリアは大したサッカーをしてない」ので助かりましたが、なでしこの連動性もまだまだです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも決定機を外し続けた永里に気をもんでます。1点入れれば嗅覚が戻るんでしょうけどねえ。

ということでマチダさんの辛口講評。

            soccer         soccer

Cimg4819

オーストラリアの動きが重く、おまけに大した策もないので、安心して見ていられました。


でもシュートを外しすぎです。

永里はフリーで、しかもGKと1対1状態になりながら、2本外しました。

技巧に走る必要はなく、鋭くピシッと蹴ればいいのに。

その影響か後半、右でボールを貰い、前へ突っかけてシュートするべき場面ではパスを選択していました。弱気すぎます。

永里はW杯のときから、どうもチームにフィットしていないように映ります。

ストライカーとしてのプライドは垣間見えるのですが、却ってそれが邪魔をしているようでなりません。

使われている割には役割を果たしていないでしょう。

ドイツでのプレースタイルをなでしこにそのまま持ち込もうとするのは、明らかに無理があります。もう一つ吹っ切れていないのかも。


ピッチのせいか全体的に細かなミスが目立ちました。

特に軽いパスが、思ったより転がらず、かっさらわれるケースが何度かありました。3戦目にもなるのだから、そろそろ適応しないと。北朝鮮は不気味ですね。

            soccer         soccer

厳しい見方をしちゃうのはワールドカップの残像が残っているせいでしょうか。

予選突破は見えたけど目指すは本番の金。もっともっと精度を高めていってもらいたいですね。
                               


2011年9月 5日 (月)

秋なのにシモバシラ、1番人気はナンバンギセル@野川公園

月イチ恒例の野川公園植物観察会。時おりザッと降ってくるが傘をさすとすぐにやんでしまう。私より上?のオバサマたちのグループに入りました。

ボランティアのガイドさんも女性。いわゆる雑草も丁寧に教えてもらいました。

あちこちに群生しているピンクの小さな花。キツネノマゴ。みんな知ってる草です。変な名前。由来は不明だが、キツネノママコナが転じたとか。

入り口近くには変な名前がまとまってます。ついでボントクタデ。ボントクは愚か者。ヤナギタデは香辛料としてつかえるが、これは辛みがないのでボントク。

イシミカワの青い実がきれい。自然の青は奥深いです。ママコノシリヌグイも確認しました。

このへん写真を撮ってません。置いてかれちゃうので、次の機会にじっくり撮ります。

きょうの目的はシモバシラ。↓


Cimg4784

冬に霜がついた姿をあちこちで見ているらしい。「私は御岳山で」「私は高尾山」。もっと具体的に詳しく場所を言ってたけど、忘れちゃった。

おばちゃんたち、野草の大家です。にわか仕込みのこちらは、とてもかないません。

私は霜がほとんど溶けたのを見ただけです。野川公園でも冷え込んだ日に10時の開園と同時に来れば見られるそうです。神代植物公園のグリーンセンターにもあります。

「わあ、きれい」「いい色ね」とおばちゃんたちが歓声を上げていたのがナンバンギセル。


Cimg4790


8月に新宿御苑で見たのよりも色が濃いみたいだ。

ススキの根元をかき分けて捜すのが楽しい。

調布野草園近くの野っ原でも見られます。高速をくぐって行ってみてください。

きょう(4日)はいいっぱい教わりました。忘れないように復習に行かないと・・・。

2011年9月 4日 (日)

「栄誉賞ボケ」とマチダがなでしこに喝!・日本2−1韓国

日本女足国家隊、らしからぬひどいできでした。前と後ろは間延びしてるし、パスミスの連発。A大サッカー部OBのマチダさんは「1、2年後には韓国に抜かれてしまう」と危惧してます。

よかったのは前半10分に点を入れるまで。あとは韓国が、なでしこのお株を奪うパスサーッかを展開してました。ということで、辛口のおなじみマチダレポート。

              soccer          soccer

Cimg4782_3


完全にお株を奪われていました。

韓国は相手を囲ってボールを奪い、細かくパスをつなぐ。ボール支配率でも完全に上回り、W杯のなでしこそのものでした。1、2年後、韓国は日本を抜きますよ、必ず。


やはり危惧していた通り、栄誉賞疲れ,いや栄誉賞ボケです。

澤にキレがなく、宮間もどこにいるのかわからない始末。パス出しに冴えがありませんでした。

熊谷は自らのミスでピンチになっているのにトロトロ戻るだけ。

鮫島もサイドでボールを奪われてピンチを招いていました。2人とも海外移籍の成果を見せたとは言えませんよね。チーム全体を疲労感が覆っているようにも感じます。


大苦戦は死に物狂いのプレーがなかったからです。

W杯優勝は、あきらめない必死のプレーがもたらしたものでしょう?体を張ってこそのなでしこでしょうに。

それを忘れたんでは、ただの女子サッカー。五輪出場は到底無理です。

上り詰めたことで、うまくなったと錯覚しているのではと疑いたくなります。つまらないミスが多いし、体が重いせいか足先だけのプレーが目立っていました。

久々の代表プレーで呼吸が合わなかったのかもしれませんが、中1日で修正できるか難しいところです。

勝ち点を取ったからでは済まされません。相手はオーストラリア、心配だなー。

              soccer          soccer

試合後の談話を聞いていると、選手たちは修正点を分かっているようなので、W杯の優勝は忘れて、ひたむきなプレーを思い出してほしいですね。


2011年9月 3日 (土)

ザックの大博打にマチダがうなる・日本1−0北朝鮮

A大サッカー部OBのマチダさんも私も連日のサッカー観戦です。きょう4日はなでしこ。

いつ決めるのかと待ち続けて5分のロスタイム。それまでも、惜しいシュートがバーに阻まれたり、キーパーの好セーブが出たりで、引き分けでもしょうがないとあきらめていた。でも、怒濤の攻撃、迫力あったね。

マチダさんはハーフナー・マイク投入のザック采配にうなってます。

              soccer         soccer

G20110903001544570_thumjpg


いやはや、きもきしました。北朝鮮はかつて見せていたようなたくましさが消えていた。日本に失点の不安はなかった。

しかし長友、本田を欠いた攻撃は、縦パスの精度が少しずつずれていました。受け手も細かなミスをしていたため、チャンスに結び付かない。

雨交じりのピッチのせいでしょうか。岡崎、香川ともに足にボールが吸い付いていなかった。内田のクロスにも微妙なずれがあったように見えます。

柏木は悪くはないが、本田と違って、前が詰まってからの球出しになりがちなため、シュートスペースをかえって消してしまっていたのではないでしょうか。つまり裏へ飛び出せないわけです。

本田はもっと早い段階、つまり相手が密集する前に縦を突いています。それと、もっと強いミドルシュートが打てれば展開が変わっていたかもしれません。

ルンルンの韓国戦が10年に1度くらいの内容だったただけに、アラが目立ちました。

Tokyo1109031menns146


ハーフナーの投入、ザック大博打には驚きました。

普通あんな用兵できないでしょう。いくら194㌢とはいえ昨日来たばかりの選手ですよ。

背の高い北の10番が退場、制空権が取れると踏んだから思い切って投入した。

これで攻撃のオプションが増えたわけです。低くて速いばかりではなく、高いも選択できますからね。結果、ロスタイムのパワープレーに結び付きました。

冷静になればわかりますが、あの場面でスパッと。さすが。

もっとも北のバテ具合などから、負けはないと踏んでいたのでしょうがね。

北のGKが負傷しても交代しなかった理由がわかりました。足を痛めていた割にはよく飛んでいました。2番手とはよほど差があったからでしょう。

             soccer         soccer


私は長谷部の攻め上がりに感心しました。相棒の遠藤が右内転筋痛で動き回れない分、自分が攻撃の変化をつけようと果敢にアタックして何度も好機を演出。

気迫ですね。頼れる主将です。

NHKBSでは岡田武史前監督がゲスト解説。

試合後に遠藤が「ビデオを見て修正すべき点をチェックします」とか優等生の答え。

これに対して岡ちゃんが「修正点なんてないだろ」と突っ込み。

遠藤は「はい、ビデオ見ません」と即答していた。

細かい点を言ったらいろいろあるが、トータルでは岡ちゃんも及第点。このままでいいと見ているんだろう。

これで初戦の緊張もほぐれただろう。ウズベク戦が楽しみ。トップ下は香川だな。清武も先発。気負い過ぎの柏木は、精神的な成長を期待したい。


2011年9月 2日 (金)

マチダも佐々木監督も渋い顔・なでしこ3−0タイ

A大サッカー部OBのマチダさん、中国の旅順などへ旅行して、お腹を壊してしまいました。毒掃丸で無事、治ったそうです。旧満州の生まれで、生誕の地を訪ねたんです。

さて、なでしこ。前半は日本中がイライラ。控え選手は功を焦ってしまったんでしょうか。連携した動きができなかった。引き分けにでもなっていたら大変でした。

マチダさんも苦言。

              soccer           soccer

Cimg4780

なでしこは、やはり1.5軍ではしんどかったです。イライラのし通し。相手が引いて守ったのなんのは関係ない。

有効なポジションへ走っていないだけです。パスを出した選手、3人目。

パスミスが多かったのも、その辺が原因かもしれません。

後半だけで5点は取れていたはずです。

終了間際、宮間もらしくないシュートミスをしていました。相手がタイということで、全員にどこか緩みがあったのではないでしょうか。


テレビに映る佐々木監督の顔は終始渋かった。W杯メンバーと代役たちの差が、思っていた以上にあったからではないでしょうか。
                                                O-157を心配したマチダ

              soccer           soccer

朝日はこんなふうに指摘しています。

「ボランチの宇津木は横パスが多くてリズムを変えられず、右サイドの高瀬は一本調子のドリブル突破を試みては、相手にはね返された」

「チーム全体も、ボールを持てる時間が長い分、考えすぎて難しいプレーを選択しがちに。ゴール前まで迫っても、余計なパスを挟むなどして好機を潰した」。

後半から宮間が入って、本来のリズムを取り戻した。宮間は視野が広いので、スペースにぐさっとパスを供給できる。

さすがです。

他の試合では、北朝鮮が1−0でオーストラリアを破ったのにはびっくり。

ドーピングで大量失格者を出して若い選手を使ったにもかかわらずですよ。

ドーピング違反の理由が、雷に打たれたので鹿の角の粉末を処方したというんですから、訳分かんないです。

貴重な決勝点を挙げたキム・スギョン。16歳ですよ。なかなかかわいいし、相当なセンスの持ち主です。

なでしこも要注意です。


2011年9月 1日 (木)

縄文時代からの聖地、三鷹の古八幡神社by「アースダイバー」中沢新一

崖上にある国立天文台裏の遊歩道から富士山を眺めていたら「古八幡」に行きたくなった。大沢八幡神社の宮司をしている小学校の同級生と話していて「コ八幡」と発音したら「ああ、フル八幡ね」と訂正されたことがある。

Cimg4775

名前の通り古い八幡様です。天文台から坂を下った野川沿いに鎮座してます。

小さな小さな神社です。

かつて大沢八幡は、この地に祀られていたが、度重なる洪水のために坂上に遷された。今の天文台の構内です。

大正になって天文台誘致のために再び遷座。ICU(国際基督教大学)の裏門近くに落ち着いた。

ご神体は遷されたが、古八幡は依然として前の場所に祀られた。

不思議でしょ。

祀らずにはいられなかったんでしょう。

ここは縄文時代からの聖なる土地だから。

中沢新一著「アースダイバー」(講談社)の序章にこうあります。

「いまICU(国際基督教大学)のある高台には、このあたりでも有数の縄文の村があったが、そこから森を抜けて野川に近づいていくと、川が大きく湾曲して典型的なミサキの地形をつくりだしている地点に、おあつらえむきのように『古八幡』の神社が建っている」。

Cimg4771

「ぼくの想像では、かつてここには男根のかたちをした石棒を祀った、このあたりの中心的な聖地があった(はずである)。

川に向かって突き出した『さきっぽ』の地点につくられた聖地で、人々はなにを祈ったのか」。


中沢は、こうも続けている。

「小さな社殿の縁先にお多福人形。・・・そこにはぷっくらとした女性器が隠されていた」。(誰かが人形をしまったのか、今はない)。

地図の右の緑が天文台。古八幡は「現在位置」のやや下のところです。


中沢は縄文や弥生の遺跡を縄文地図に書き込んでいった。海が今より内陸に入り込んでいたころです。

そうすると古墳や神社、寺などが半島や岬の突端に位置していることに気づいた。

「縄文時代の人たちは、岬のような地形に、強い霊性を感じていた、そのためにそこには墓地をつくったり、石棒などを立てて神様を祀る聖地を設けた」。

芝増上寺の隣にある全長106㍍の芝丸山古墳もそうですね。ここは江戸時代までは日比谷入江が入り込む海沿いの高台だった。

増上寺だって霊的な聖地を選んで建てられたのだ。

縄文人が感じた霊性は、2000年以上が経っても日本人の中に受け継がれているんだ、すごいことです。

箕輪将監によって三鷹の大沢村が開かれたのは江戸開府の直前。初めは古八幡を中心としたあたりだったのだろう。

だが大沢八幡の移転にともない、現在の野川公園方面近くの高台に住居を移したようだ。箕輪姓はそちらに集まっている。

古八幡を新たに祀った人たちはその後に移り住んだのか。姓は榛沢(はんざわ)が中心のようだ。同級生がいた。

昔、今の埼玉県に榛沢郡があった。深谷、寄居のあたりです。箕輪さんたちがいなくなった土地に移住してきたんだろうか。

ちょうど夏祭りが終わった後で、境内に寄付者の氏名を書いた半紙が並んでいた。箕輪姓はなく、榛沢が多かった。


« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31