フォト
無料ブログはココログ

« 「札幌の恥辱」といわせた3−0快勝・マチダもカイカーン! | トップページ | 秋近しだな・キツネノカミソリ、ナツズイセン&キレンゲショウマ@調布野草園 »

2011年8月12日 (金)

そのものずばりのワルナスビ@野川公園

すごい名前です。ワルナスビ。悪ですよ悪。

Cimg4568

最近あちこちの道ばたで見かけ気になっていた。花はナスに似ていてかわいいよね。6月ごろから咲いてたんじゃないか。

この前、野川公園の植物観察会に行ってボランティアの人に教えてもらいました。野川の土手にはびこってます。

こいつが始末に負えない。何しろ繁殖力は旺盛、除草剤も効きにくく、耕耘機などですきこんでも、地下茎の一つ一つから芽が出てしまう。

おまけに茎の葉の裏に大きな刺が生えている。下手につかむとけがするよ。

さらにソラニンを含んでいて有毒なんだって。家畜が食べると中毒死することも。

完全な悪だ。

Cimg4574

北アメリカ原産で、日本で最初に発見されたのは明治時代。千葉県の御料牧場。今の成田空港だ。

あまりの悪ぶりに牧野富太郎博士がワルナスビと命名した。

ほかに悪がつく植物はあるのか。海藻のウルシグサの別名がワルクサ。

こいつはほかの海藻と一緒に置くと変色させてしまうので漁師に嫌われている。

川岸に生えているのはオオブタクサ。2㍍くらいありそうだ。

巻き付いてツルを伸ばしているのはアレチウリ。こいつらも思う存分に生えてます。外来種のはびこりかたは半端じゃない。


Cimg4578_2


« 「札幌の恥辱」といわせた3−0快勝・マチダもカイカーン! | トップページ | 秋近しだな・キツネノカミソリ、ナツズイセン&キレンゲショウマ@調布野草園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/41185275

この記事へのトラックバック一覧です: そのものずばりのワルナスビ@野川公園:

« 「札幌の恥辱」といわせた3−0快勝・マチダもカイカーン! | トップページ | 秋近しだな・キツネノカミソリ、ナツズイセン&キレンゲショウマ@調布野草園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30