フォト
無料ブログはココログ

« 都心で見つけた!ナンバンギセル@新宿御苑 | トップページ | 御苑で見られる絶滅危惧種「生きた化石」メタセコイア@新宿御苑 »

2011年8月 7日 (日)

ウマノスズクサ・カラスウリ・玉藻池@新宿御苑

「あった、あった」とおばちゃんグループが騒ぎながら、盛んに写真を撮ったりしている。

なんですか?

「ウマノスズクサよ。植えてもらったの」

Cimg4406

園内でジャコウアゲハを見かけたんだろう。

それで、卵を産みつけるウマノスズクサがあれば、もっと増えるだろうと公園に要望したんだ。

愛好会でも結成してるんだろうか。

変わった花ですね。奥にはこぶがある。

これが大事な役割を果たすんです。

花は腐肉の匂いを発して小型のハエをおびき寄せる。

誘われたハエは、奥に進んでこぶに閉じ込められてしまう。食虫植物?

そうじゃないんです。

ハエをおびき寄せたのは雌しべ。ハエが入った頃に今度は雄しべが花粉を出すようになり、ハエは花粉をたっぷりつけて脱出できるようになる。

こういうのを雌性先熟というんだそうです。

フランス式整形庭園の植え込みに巻き付いてますが、おばちゃんたちがいなかったら見つけられなかったでしょう。

近くにはカラスウリが、まとまって花をつけてました。


Cimg4408

昼間なので花は閉じちゃってますが、雰囲気は味わえる。

このくらいなら上等だ。

背の届かないところに咲いてるので、秋には赤い実が見られるかもしれない。

野川公園のは、手の届くところなので、いつのまにか実がなくなってしまうんだよね。

千駄ヶ谷門から入って、大分歩いた。

どこかでひと休みしよう。

大木戸門の近くに庭園がある。

行ってみよう。


Cimg4415_3

ここは内藤家の庭園「玉川園」。

今では玉藻園と称してます。

まだまだ歩くぞ。


« 都心で見つけた!ナンバンギセル@新宿御苑 | トップページ | 御苑で見られる絶滅危惧種「生きた化石」メタセコイア@新宿御苑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/41095694

この記事へのトラックバック一覧です: ウマノスズクサ・カラスウリ・玉藻池@新宿御苑:

« 都心で見つけた!ナンバンギセル@新宿御苑 | トップページ | 御苑で見られる絶滅危惧種「生きた化石」メタセコイア@新宿御苑 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30