フォト
無料ブログはココログ

« どう考えても怪しい虚無僧「アウトローたちの江戸時代」@府中市郷土の森博物館 | トップページ | 府中市に住んでいた民俗学者の宮本常一さんと「土佐源氏」@郷土の森博物館 »

2011年6月 5日 (日)

明治初期の俠客人気番付と慶応水滸伝@府中郷土の森博物館特別展

特別展「アウトローたちの江戸時代」、虚無僧に続いてじっくりと見入ったのが「近世俠客有名鏡」。

Cimg3455_2

ざっと眺めると、タイトル下は別格のようだ。

真ん中の新門辰五郎、幡随院長兵衛、金看板甚久郎、花川戸助六、会津小鉄の5人は、浅草、下谷、京橋などとなっているので江戸市中の親分の格付けでしょうか。

それにしては、会津の小鉄が入ってる理由は分からない。

会津小鉄会って、京都の方にあったよな。よほど由緒ある組なんだ。

大関は大前田英五郎、大庭久八。関脇は銚子五郎蔵、国定忠治。そうそうたる顔ぶれだ。

多摩の小金井小次郎はーー。おっ前頭だ。

黒駒勝蔵や清水次郎長、勢力富五郎よりもランクが上なのか。(次郎長は清水湊長治郎のように番付では次は治と表記してある)。

なにを基準にしているのかは分からないが、小金井小次郎は明治期にはちょいと知られた親分さんなんだ。

おっさんは眺めているだけでも面白いけど、今の人たちは反応しないんだろうな。ラジオで聴いた講談や浪曲は端っこの方にいってしまった。

こんな本があるんだ。「慶応水滸伝」。知らなかったなあ。「天保水滸伝」は浪曲や数々の映画で取り上げられているが、こいつは初耳だ。

えっ、「天保水滸伝」も知らないって?  そうだろうな。

利根川を挟んだ笹川繁蔵と飯岡助五郎の勢力争いで、玉川勝太郎の「利根の川風 たもとに入れてーー」で一世を風靡したもんなんだけど、もうはやりませんね。

平手造酒(ひらて・みき)が特異なヒーローになったのも、この話から。「天保水滸伝遺品館」が千葉県東庄町笹川にあるようです。

話は戻って「慶応水滸伝」は歌舞伎でも上演されてるんだ。

Cimg0080

柳亭種彦の書いた「落花清風慶応水滸伝」(上下巻)が正式タイトル。小次郎没の翌年というから明治15年(1881)に書かれた。

上巻では府中宿の親分藤屋万吉に同行した伊勢参りで国定忠治と対したエピソード、下巻は新門辰五郎とのきずなを中心に描かれているという。

国定忠治は「嘉永水滸伝」があるんだ。

それにしてもアウトローが好まれたのも映画「仁義なき戦い」あたりまでか。

アウトローの存在を許さない世の中になったもんな。そんな市民社会がいいのか悪いのか。

面白みがないとだけはいえますな。


     downwardright       downwardright


小金井小次郎は流刑先の三宅島で井戸を掘るなど島民のために尽くしたため今でも小金井市と三宅島は友好都市となっていることや、初代の小金井市長さんは小次郎の子孫など、小次郎についてはいろいろ書いてます。

画面右のカテゴリーの「小金井」をクリックすると一番下の方に

野川沿いを歩いて俠客の墓へ④ 2010.04.09
野川沿いを歩いて俠客の墓へ③ 2010.04.08
野川沿いを歩いて俠客の墓へ② 2010.04.02
野川沿いを歩いて俠客の墓へ① 2010.04.01

小金井小次郎・補足、その2 2010.04.25

などのタイトルが出てきます。

「俠客の墓へ」の①をアクティブにしときます。ここからたどれるのかな。

« どう考えても怪しい虚無僧「アウトローたちの江戸時代」@府中市郷土の森博物館 | トップページ | 府中市に住んでいた民俗学者の宮本常一さんと「土佐源氏」@郷土の森博物館 »

府中市」カテゴリの記事

近世史」カテゴリの記事

コメント

大変失礼なことを申し上げて申し訳ございません。
本文を読ませて頂きますと、「天保水滸伝遺品館」が茨城県東庄町笹川にあるようです。

茨城県と記されて居りますが、茨城県はこの手前の東庄、新宿の利根川大橋を渡った対岸が茨城県で、東庄町千葉県香取郡東庄町笹川です。

今日は関脇の銚子の五郎蔵さんのお墓に参ってきました。

大きなお世話で大変失礼しました。m(_ _)m

銚子の五郎蔵こと木村勝五郎 さん。
ありがとうございます。

早速訂正します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/40231108

この記事へのトラックバック一覧です: 明治初期の俠客人気番付と慶応水滸伝@府中郷土の森博物館特別展:

« どう考えても怪しい虚無僧「アウトローたちの江戸時代」@府中市郷土の森博物館 | トップページ | 府中市に住んでいた民俗学者の宮本常一さんと「土佐源氏」@郷土の森博物館 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30