フォト
無料ブログはココログ

« ヘンな花たち…サイハイラン、ヤセウツボ、キョウガノコなど@野川公園 | トップページ | クサノオウは「草の王」じゃなくて「瘡(くさ)の王」@野川公園 »

2011年6月10日 (金)

「ムラサキグサの花を見たい」と少女からメッセージ@なので調布野草園に案内

むらさきの一本(ひともと)ゆえに武蔵野の草はみながらあはれとぞみる
・・・古今集・雑歌上八六七・詠み人知らず


ムラサキグサただ一株のせいで、武蔵野の草は全て懐かしく思う
(愛する一人の為に、それにつながる全ての人は懐かしく思う)

Cimg3650_2

和歌とともに「子供のころからの幻の花・・・楚々としたムラサキを一度見てみたい」と添えられてました。

期待に応えずにはいかない。

梅雨の合間を見計らって、いざ調布の野草園へ。

少女はこんなこともいいます。

高校校歌の三番「紫匂う武蔵野の、あとに基おく教の舎・・」とあるのはムラサキグサ。

同窓会「紫芳会」の紫は紫草(ムラサキ)から。

武蔵野一中でも校章になっていて、校歌二番は「むらさき草の花清く・・・」で始まる。

都立小石川高校、国分寺一中の校歌校章にもムラサキが入っている。

よっぽどあこがれてるんだね。あれこれ調べてる。でも、校歌の三番に、そんなくだりがあったっけ。こちとらすっかり忘れてます。三番を歌ったことはないかもしれない。ハナから知らないのかも。

「紫芳会」っていうのも、そういわれりゃそうだ。武蔵野の真ん中立川にある。

Cimg3513
こちらの関心は「紫芳会」とあるので、匂いはどうなのか。芳しいのか。

入り口近くに植えられているので少女はさっそく近寄って接写。近寄ったり離れたり、しばし見入ってました。

写真タイムが終わったあと、匂いはどうかと鼻を近づけたが何も感じない。

「枕詞みたいなものよ」と笑われちゃいました。確かに大海人皇子は「紫草(むらさき)のにほへる妹を憎くあらば人妻故に我恋ひめやも」と額田王に返している。

ムラサキは匂わなくても匂うものなんだ。「にほえる妹」「心にしみて」にかかるようだ。

こんなのがある。少女に教えちゃいましょう。

埼玉県新座市にある跡見女子大の学園祭「紫祭」は「ゆかりさい」と読みます。

「源氏物語」ではこう使われてます。「かの紫の縁(ゆかり)たづねとり給いて、そのうつくしみに心入り給いて」(末摘花)

Cimg3520

源氏が紫上を迎えとったのも藤壷の身代りとしてである。かの女は藤壷の姪で、つまり「紫のゆかり」の少女であった。(「日本古代文学史」西郷信綱、岩波現代文庫)。

「紫のゆかり」は熟語なんです。

万葉集、古今集、源氏物語と受け継がれ、「いとしく思う人に関係のあること。また、いとしい人の縁者」(岩波古語辞典)を、わざわざ紫のと色合いを添えて表現した。

うーん、ムラサキには特別な感情、憧憬が込められている。

となると「紫上」にも何かが込められているのかもしれない。

古今集注には「女の異称」とあるようだが、紫式部がそんなストレートでつまらない名づけ方はしないだろう。

源氏にとって紫上は「紫草(むらさき)のにほえる妹」・・・。

このムラサキ・ツアーには三鷹に住む同級生のTも急きょ参加。朝8時半に少女が電話したのに二つ返事、自転車で待ち合わせ場所まで駆けつけました。

ノリがいいんで気持ちがいいね。

「あらかわいい」とか言って少女がレンズを向けてたので、お相伴でパチり。

オオバウマノスズクサです。

« ヘンな花たち…サイハイラン、ヤセウツボ、キョウガノコなど@野川公園 | トップページ | クサノオウは「草の王」じゃなくて「瘡(くさ)の王」@野川公園 »

調布市」カテゴリの記事

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

ムラサキ・ツアーですか、いいですね。
この少女が誰かてことは言わないけれども、
わたしゃも元少女故、
ツアーに参加したかったぞなもし…。

bud 横顔で分かっちゃうんだ、すごいね。またツアーが企画されたらお誘いします。許してね。

つい最近まで「紫芳会」は「紫峯会」だと思っていました。
当然「紫峯」は富士山のことだと・・・。
困ったもんですね、この自分に都合の良い勘違いにも・・・。

fuji さすがフジコちゃん、そういうことってよくあるよね。

いえいえ、横顔だけでは判断できませぬ。
それほどの分析力はありませぬ。
で、誰だったのでしょう。

いえいえ、横顔だけでは判断できませぬ。
それほどの分析力はありませぬ。
で、誰だったのでしょう。

bud  ヒント! 1年C組

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/40331570

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムラサキグサの花を見たい」と少女からメッセージ@なので調布野草園に案内:

« ヘンな花たち…サイハイラン、ヤセウツボ、キョウガノコなど@野川公園 | トップページ | クサノオウは「草の王」じゃなくて「瘡(くさ)の王」@野川公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31