フォト
無料ブログはココログ

« 野毛大塚古墳に上って古代の首長気分@世田谷区野毛 | トップページ | マチダもバルサの世界を堪能「これぞ世界最高峰」・バルセロナ3−1マンU »

2011年5月28日 (土)

ことしはバッチリ!ムラサキの白い花@深大寺近くの調布野草園

明治の初めごろまでは、そこら中に生えてたのに絶滅危惧種になってしまったムラサキの開花状況を確かめに調布の野草園に出かけた(25日)。

Cimg3424_3

去年は予備知識もなく出かけて、ムラサキが咲いてるんだ!とちょっと舞い上がって写真を撮ったのでボケボケ。それでも図々しくブログに載せたのは6月14日。写真は見られたものじゃないけどムラサキについてあれこれ書き連ねてます。

お暇がありましたらこちらをご覧ください

そのリベンジのための様子見のつもりだったのに、なんと満開です。近づいたり離れたり人間ピントになってバチバチ撮りました。

この写真ならいいでしょう。特になんということのない小さな花です。希少種というから付加価値が生まれる。

江戸紫がどんな植物から採られているのか知らなきゃ江戸っ子じゃない、と勝手に理屈も付けました。

一応、先祖は、ご府内じゃないけど、杉並区の大宮前に江戸時代から住んでる。水飲み百姓だけどカッコつきの江戸っ子だい。きりりと粋な江戸紫の鉢巻きをしてみたいね。助六みたいに。

野川公園自然観察園のボランティアの人が、ここ調布の野草園に「ムラサキを分けてくれないか」とお願いに行ったことがあるそうだ。

でも、断られたんだって。

さすがに小石川植物園にはあるようだ。

ムラサキの向かい側の鉢で咲いてたのがヤツシロソウ。

Cimg3401

熊本県の八代で発見された絶滅危惧種。九州の山地にしか自生してないらしい。

こっちはポピュラーなミヤコワスレ。

Cimg3405

順徳天皇は本当にこの花で流刑のわびしさを慰められたんだろうか。普通の野菊だもん。後世の誰かが創作したんだろう。でも、詩的な名前を付けたよね。


« 野毛大塚古墳に上って古代の首長気分@世田谷区野毛 | トップページ | マチダもバルサの世界を堪能「これぞ世界最高峰」・バルセロナ3−1マンU »

調布市」カテゴリの記事

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

むらさきの一本(ひともと)ゆえに武蔵野の草はみながらあはれとぞみる
・・・古今集・雑歌上八六七・詠み人知らず

ムラサキグサただ一株のせいで、武蔵野の草は全て懐かしく思う
(愛する一人の人の為に、それにつながる全ての人は懐かしく思う)

と詠われていたそうですね。

楚々としたムラサキの写真、素敵です!

bud いつもコメントありがとう。

ムラサキに反応してくれるひとがいるのは心強い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/40158444

この記事へのトラックバック一覧です: ことしはバッチリ!ムラサキの白い花@深大寺近くの調布野草園:

« 野毛大塚古墳に上って古代の首長気分@世田谷区野毛 | トップページ | マチダもバルサの世界を堪能「これぞ世界最高峰」・バルセロナ3−1マンU »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31