フォト
無料ブログはココログ

« 日本はタロイモ文化圏の北限・つーことが意味するもの | トップページ | 美の競演だ!キンラン、ギンラン、ササバギンラン@浅間山公園 »

2011年5月10日 (火)

山菜の女王コシアブラを食す@もらいもの

さわやかな苦み。こんな表現はないんだけど、苦みが心地よく口いっぱいに広がって、思わずうまいとうなずいてしまいました。

Cimg3085_2

苦みと同時にうまみも感じ取れます。

さすが山菜の女王コシアブラ。王様のたらの芽よりも優しい味わいだ。

姪が新潟の田舎に嫁いでるので送ってくれたものです。

新潟から1時間弱も磐越西線に乗った田んぼの広がる穀倉地帯。

姪の家には裏山があり、山菜は採り放題。

新潟もこれからようやくタケノコのシーズン。

近所の人たちが勝手知ったる他人の家とばかりにシャベル持参で入ってきて必要なだけ掘っていくそうだ。

秋に柿の実が色づくと、今度は猿がうまそうに食べ尽くしてしまう。そんなところで暮らしてます。

震災でスーパーから米が消えたときも「米、送れ、頼む」とSOS。近所の農家で分けてもらったのを送ってもらい大助かり。

天日干しの正真正銘の新潟米で、これがうまかった。

写真のコシアブラは、もらいものの一部。

大半は、もう天ぷらにして家族の腹に収まってしまいました。

炊き込みご飯が絶品らしい。軽くゆでたのを炊きあがったばかりのご飯に混ぜるだけでいいようだ。

これじゃ少ないかな。いいや、自分の分だけ炊き込みご飯にして食べちゃおう。

« 日本はタロイモ文化圏の北限・つーことが意味するもの | トップページ | 美の競演だ!キンラン、ギンラン、ササバギンラン@浅間山公園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

よく、山で「コシアブラ」を採りましたが、
いつも、「おしたし」でいただいてました。
炊き込みご飯にとは驚きものです!

appleちゃちゃさんへ だいどこが使えなくてまだ炊き込みご飯を作ってないんですが、こんな記事を見つけました。

最近人気のコシアブラ。わが家も大好きです。
抗酸化作用も強く、冬バテの体を元気にしてくれます。
最近は、栽培物も出ているようですが、味はやはり天然物が一番。
天ぷらを塩でいただくのが最高ですが、炊き込みご飯の美味しさも格別です。8割を特製の漬け汁に漬けるのと、2割のコシアブラを最後に生で刻み入れるのがポイントです。
ほうばると口中にコシアブラの風味が広がります。これは本当に絶品ですよ! 余ったら焼きおにぎりやお茶漬けにすると最高です。
また、コシアブラを拍子木切りの茹でタケノコと一緒に豚肉で巻いてフライにすると、これまた絶品です。

詳しくは、こしあぶら&炊き込みご飯で検索してみてください。

うまそうでしょ?

コシアブラという山菜、初めて知りました。
岩手にはなかったな〜。
おいしそうですね。

appleみみりんさん、おいしいですよ。東北は宝庫みたいですよ。

近頃特に珍重されだしたようで、昔は知る人ぞ知るような感じだったんじゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/39913241

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜の女王コシアブラを食す@もらいもの:

« 日本はタロイモ文化圏の北限・つーことが意味するもの | トップページ | 美の競演だ!キンラン、ギンラン、ササバギンラン@浅間山公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30