フォト
無料ブログはココログ

« 「名古屋は上がり目なし」悪童マチダがJリーグ中間総括 | トップページ | ここは国分寺崖線(ハケ)の最南端@等々力渓谷 »

2011年5月23日 (月)

まだまだ歩くぞ!高級住宅街の古墳めぐり@田園調布から等々力へ

3世紀後半という関東地方最古の宝来山古墳を確認したあとは、等々力の御岳山古墳と等々力渓谷内の横穴墓を目指す。

Cimg3312

宝来山古墳の下にあるのが宝来公園。田園調布とは思えない、というよりだからこそなのか、自然豊かな公園だ。

雑木林に囲まれ池にはショウブが。武蔵野の面影を残してる。

公園を抜けて駅へ。田園調布の道は駅から放射状なので、どのみちをたどっても駅に行き着ける。便利だね。

ほら駅が見えてきた。昔の駅舎が保存されている。ひさしぶりだなあ。

ここ出身の友人もいなかったし、下宿屋やアパートなんかないから東横線で通学していたが、縁はなかった。

それでも高級住宅街の物見遊山で降りたことがある。それ以来だ。

これは駅の隣にある証券会社。無粋なビルではありません。

銀行も2階建てのビルに入っていて景観が保たれている。

今どきの個性が失われた駅前とは格段に雰囲気が違う。

Cimg3313

自由が丘で乗り換え。ホームから見る自由が丘も全く記憶にない景色だ。

もっとも40年前もあまり縁はなく、映画館の武蔵野推理劇場に行ったくらいか。

大井町線の等々力で下車し10分ほど歩くと多摩川を見下ろす崖の上にあるのが御岳山古墳。

墳長57㍍の大型円墳、または帆立貝式古墳。造成で削られちゃったので形が分からないんです。

5世紀中ごろに多摩川流域を支配した首長のものと見られてます。

宝来山が3世紀後半、亀甲山が4世紀後半、そして御岳山が5世紀中ごろ。多摩川下流域にはほぼ連続して豪族がいたんですね。

おそらく豪族、首長が支配したのは多摩川の対岸、川崎市側で米をつくっていた人々。その人たちは古墳を見上げながら首長たちの意向にしたがっていたのか。

登り口の扉はカギがかけられ御岳山古墳には上れません。

Cimg3316

一番上に小さな祠が見える。古墳の地が神社になっていることは多い。

聖なる場所は古代も近代もかわらないんですね。

広い目黒通りを渡れば、そこは等々力不動、等々力渓谷。

恥ずかしながら渓谷を訪ねるのは初めてです。

« 「名古屋は上がり目なし」悪童マチダがJリーグ中間総括 | トップページ | ここは国分寺崖線(ハケ)の最南端@等々力渓谷 »

古代史」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

このところ、私の慣れ親しんだ土地の連載で
どこまでブラブラ行くのだろうか?
ほくそ笑んでおりました( ̄ー ̄)ニヤリ

歩いて探索のルポ、面白いですねーgood

bud 多摩川台公園、初めて行きましたがいいところですね。

宝来公園も緑豊か。田園調布にこんな公園があるなんて知りませんでした。

ご愛読よろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/40089421

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ歩くぞ!高級住宅街の古墳めぐり@田園調布から等々力へ:

« 「名古屋は上がり目なし」悪童マチダがJリーグ中間総括 | トップページ | ここは国分寺崖線(ハケ)の最南端@等々力渓谷 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30