フォト
無料ブログはココログ

« また行きたいな福島飯坂温泉の鯖湖湯 | トップページ | マチダはACLもちゃんとチェックしてる »

2011年4月13日 (水)

ジロボウエンゴサク・カキドオシ・イカリソウ@野川公園

朝顔のラッパがすぼまったのか。長細い風船みたいな花、これはジロボウエンゴサク。

Cimg2637

名前も変わってる。延胡索は、冷え性に使われる漢方薬の名前。

ケシ科キケマン属の根元の塊茎を掘り出して、ゆでて乾かすと生薬になる。腰痛や膝痛、腹痛の緩和にも効果があるらしい。

ただし薬にするのはケマンソウで、ジロボウエンゴサクに薬効があるかどうかは知らない。

ジロボウは次郎坊。伊勢地方ではすみれを太郎坊というそうで、これに対比させたという。

でも、どうしてすみれが太郎で、こっちが次郎なのか。そもそもなんで、すみれと比べたのかは分かりません。

世の中は知らないことばかりです。

「テラ」とか「京」なんて単位もでてきました。こうなると「マイクロ」なんて、とてもちっぽけに思える。

数字のマジックではないんだろうけど、なんだか毎日聞かされ、とてつもない単位が登場すると、もう麻痺してきてる。いけませんね。

これはどこにも生えてるカキドオシ。

Cimg2655_2

日本全国どこにでも生えてる雑草です。

垣根を超えて侵入してくるので「垣通し」。いい加減な名付け方です。見たまんまで、どうでもいいと投げやりです。うんざりするほど生えてたんですね。

これすら最近では住宅街では見かけない。雑草にも住みにくい世の中になってしまった。

去年の今頃は見向きもしなかったけど、よくよく見ると、なかなかかわいい花じゃありませんか。

これが糖尿病にきくんですね。お茶にして飲んでもいいし、青汁でもいいらしい。

案内してくれたボランティアの人の話では、若い頃に糖尿病になった人がカキドオシ茶を飲み続けて血糖値が上がるのを防いだという。学会でも認められてます。

Cimg2650

白い折り鶴みたいですね。気品がある。

イカリソウです。花が白いのでトキワイカリソウかもしれない。ボランティアの先生に訊かないと区別はつきません。

折り鶴が飛んでるみたいだ。

なかなかいいアングル!と、自画自賛。

« また行きたいな福島飯坂温泉の鯖湖湯 | トップページ | マチダはACLもちゃんとチェックしてる »

三鷹市」カテゴリの記事

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/39586924

この記事へのトラックバック一覧です: ジロボウエンゴサク・カキドオシ・イカリソウ@野川公園:

« また行きたいな福島飯坂温泉の鯖湖湯 | トップページ | マチダはACLもちゃんとチェックしてる »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31