フォト
無料ブログはココログ

« 震災で「富士山」に崩落発生立ち入り禁止 | トップページ | 千駄ヶ谷・鳩森八幡には将棋堂もあるぞ・中にはでっかい王将 »

2011年4月22日 (金)

お見事!三春の滝桜が満開@福島県三春町

福島市に住むキクチくんたちは21日、三春町の滝桜見物に出かけました。小中学校以来の仲良し4人組です。

東京は曇ってたけど福島は晴天。アライくんの運転でさっちゃんとみっちゃんも同乗、おじさんおばさんグループは朝9時に出発。二本松を経由して1時間くらいで到着した。結構近いんだ。

110421_103830

見事ですね。これでも満開ではないらしい。三春町のホームページでは20日現在で5分咲きとなってます。(22日の金曜日に満開宣言!)

テレビでも毎年、紹介されてるけど、すごい人です。平日だからじっちゃん、ばっちゃんが多いかな。

桜については町のホームページを拝借。

「エドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)で、大正11年10月12日、根尾谷の淡墨ザクラ・山高神代ザクラなどとともに国の天然記念物の指定を受けた名木です。


日本を代表する桜の巨木で、日本三大桜の一つに数えられ、岐阜県の淡墨桜とともに東西の横綱に位置づけられています。

樹齢は1,000年以上といわれ、樹高は13.5m、根回りは11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0mの巨木で、近くから見た姿は圧巻です」。

そうそう、思い出した。集落の間を抜けて狭い道を上っていくんだ。例年は車がびっしりで動かない。集落の人たちが店を開いて野菜やだんご?なんかを売ってたりする。

おいしいんだろうな。

ことしは、いつもより人は少ないけど、帰りは渋滞したそうです。

三春町って、いい名前ですね。

梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春と呼ばれるようになったーー。いいですね。

でも、これは願望というかロマンチックな説。

これも町のホームページの受け売りですが、南北朝時代の文書には「御春」と書かれている。それで「みはる」という呼び名が先にあって、それに「三春」の漢字を充てたと考えられている。

でも「みはる」ってなんだ?ここから先は霧に包まれてしまう。


         cherryblossom            cherryblossom

キクチくん、最近はあまり外出してないようだ。

「出かけても楽しくないし、飲み屋に行ってもつまんないんだ」

「みんな沈んでるんだ?」

「そうなんだ。話も弾まない」

原発の影が気持ちを落ち込ませてるんだろう。

福島の人たちが本当の笑顔を取り戻すのに、あと何カ月かかるんだろう。


         tulip            tulip


今朝(22日)、毎日新聞の「余録」にこんなことが出ていた。

「阪神大震災で被災者のケアにあたった精神科医は、地震の40〜50日後に人々の間のある変化に気づく。

ふだんより元気になった人と、引きこもってしまう人の違いが目につく。その差がまるで開いたはさみの刃のように広がって行くのだ。・・・酒を飲まなくなった人とアルコールにのめり込む人・・・。

・・・最初のわずかな差が日を追ってどんどん開いて行く。医師はそれを経済用語を借りて「鋏状格差」8きょうじょうかくさ)と呼んだ」。

        note             notes


♬ 行かなくちゃ、行かなくちゃ、君に逢いに行かなくちゃ・・・。

« 震災で「富士山」に崩落発生立ち入り禁止 | トップページ | 千駄ヶ谷・鳩森八幡には将棋堂もあるぞ・中にはでっかい王将 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/39699863

この記事へのトラックバック一覧です: お見事!三春の滝桜が満開@福島県三春町:

« 震災で「富士山」に崩落発生立ち入り禁止 | トップページ | 千駄ヶ谷・鳩森八幡には将棋堂もあるぞ・中にはでっかい王将 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30