フォト
無料ブログはココログ

« キブシとカラスノエンドウ@野川公園 | トップページ | おお!カタクリがこんなに自生@野草園と神代農場 »

2011年4月 7日 (木)

決めた!わが家の災害避難場所@千鳥ヶ淵とICUで連日の花見

5日は地下鉄東西線の九段下に集合して千鳥ヶ淵でそぞろ歩き散歩。

靖国神社境内は宴会自粛なので人出も少ない。去年見たことでもあるし、そちらはパスして千鳥ヶ淵から半蔵門へ。

002_3

cherryblossom

靖国通りを渡ったあたりから田安門がのぞめる。全体的には5、6分咲きだが、ここはほぼ満開。夕日を浴びた桜の照り返しがうす桃色を引き立てていた。

↑ 写真は、A大サッカー部OBのマチダさんが撮ったもの(©マチダ)。

徳川御三卿の田安家がここにあったので名づけられたが、江戸城が築かれる前は百姓地で田安台と呼ばれており、田安大明神があったと言う。

田安家を興したのは8代将軍吉宗の第二子宗武。1730年(亨保15)だった。門はその前からあり1636年(寛永13)に建てられている。他の2家は一橋と清水。

去年よりずいぶんと人が少ない。半分以下だ。ライトアップ自粛のためだろう。

戦没者墓地の北となりに立派な家がある。「なんだろうね。普通の人じゃないね」と一同首を傾げる。地図で見ると宮内庁長官の官舎のようだ。どおりで!

約50分、ぶらぶら桜を眺めて、あとはいつもの飲み会。近況など話し合って気のおけない時間を過ごした。

Cimg2574

cherryblossom


6日は近場で花見のはしご。わが家の災害時の緊急避難場所と決めているICU(国際基督教大学)へ。ここの桜も見事です。

門から100㍍くらいのまっすぐな道路の脇が桜並木。

並木が尽きたところに教会があるんですが見えません。

9、10の土日には近隣の人に開放する。うちの年寄りも出かけるようだ。

ここがわが家の緊急避難場所と決めてある。

敷地は宏大なのでいくら人が集まっても大丈夫。

教室なら雨風がしのげる。学食もあるから炊き出しも可能だ。

ちょっと下見をしてきたが、かなり広い。楽に2、3百人は同時に食事ができそうだ。花見の途中だろうか、近所のおばさんらしきグループも中でお茶を飲んでいる。

一応「部外者の立ち入りはお断り」となっているが、おとなしくしていれば見逃してくれそうだ。

学生寮があるからシャワーの設備も使わせてもらえるだろう。

キリスト教の学校だから、来るものは拒まないはずだ。

あとは年寄りをどうやってここまで連れてくるかだ。リヤカーを用意しとけばいいんだけど物置がないしなあ。

↓ これは歩道の桜とヒュウガミズキ。

Cimg2582

↓ ICUの本館前の芝生広場。ここならヘリも着陸可能だ。

「この広場に集合」と子どもたちには言い聞かせてある。

Cimg2580_2cherryblossom

« キブシとカラスノエンドウ@野川公園 | トップページ | おお!カタクリがこんなに自生@野草園と神代農場 »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/39513795

この記事へのトラックバック一覧です: 決めた!わが家の災害避難場所@千鳥ヶ淵とICUで連日の花見:

« キブシとカラスノエンドウ@野川公園 | トップページ | おお!カタクリがこんなに自生@野草園と神代農場 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31