フォト
無料ブログはココログ

« 「手塚治虫のブッダ展」で深大寺の白鳳仏は貸し出し中 | トップページ | ヤマシャクヤク、シャクナゲ、タカアシサイシン@神代植物公園 »

2011年4月27日 (水)

氷河期の生き残りミツガシワと絶滅危惧種ノウルシ@深大寺周辺

氷河期の生き残りと言われるとわけもなく感動しちゃうよね。ミツガシワです。柏に似た葉が3枚ついているのがネーミングの由来。

Cimg2887

調布の野草園に咲いてました。湧き水を利用した池にまとまって花を開いてます。

亜寒帯や高山の湿地に見られ尾瀬などではポピュラーなようです。寒いところが適してるんだ。ところが練馬の三宝寺池や京都の深泥池(みどろがいけ)などの暖地でも孤立的に自生している。

深泥池は、平安時代末期に編まれた『梁塵秘抄』に『いづれか貴船へ参る道、賀茂川箕里(みのさと)御菩薩池(みどろいけ)、御菩薩坂』」とある。

上賀茂神社のあたりだろうか。

これらは氷河期の生き残りなんだそうだ。氷河期が終わって暖かくなっても生き延びたんだ。

何万年も前、列島が寒かったころはどこにでも繁茂していた。暖かくなるにつれて生存域が狭められていったが、しぶとく生き残った。すばらしい適応力だ。

神代植物公園の分園水生植物園にも咲いてますが、深大寺城跡の崖の下を流れている小川の中なんで遠くてよく撮れなかった。

水生植物園で盛りなのがノウルシ。湿地に群落をつくってます。


Cimg2835_2

ミツガシワもノウルシも絶滅危惧種に指定されてます。環境の変化ですね。

トウダイグサにそっくりです。どちらもトウダイグサ科トウダイグサ属なので仲間です。

どこが灯台なのかと首をひねっていたが、トウダイは灯台ではなく燈台。油を入れた皿を置く台です。納得。


Cimg2837

こんなふうにまとまって生えてます。

ゴールデンウイークに野草園に行ってみたいと思った人は休みに注意してください。祝日は休園です。

ホームページでは  ●休園日   3月から5月までは,月曜日と祝日

                 6月から10月までは,月曜日と祝日及び
                  第1、第3、第5の土曜日と日曜日

となってます。

つまり祝日の5月3、4、5日はお休みなんです。気をつけてください。

祝日は休むという原則を立て、ゴールデンウイークでも貫くきっぱりした姿勢はいいですね。頑固は好きです。

ボランティアのおじさんたちが休めるようにしたんでしょう。

« 「手塚治虫のブッダ展」で深大寺の白鳳仏は貸し出し中 | トップページ | ヤマシャクヤク、シャクナゲ、タカアシサイシン@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/39739394

この記事へのトラックバック一覧です: 氷河期の生き残りミツガシワと絶滅危惧種ノウルシ@深大寺周辺:

« 「手塚治虫のブッダ展」で深大寺の白鳳仏は貸し出し中 | トップページ | ヤマシャクヤク、シャクナゲ、タカアシサイシン@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31