フォト
無料ブログはココログ

« マチダはACLもちゃんとチェックしてる | トップページ | ミミガタテンナンショウ見っけ@浅間山公園・府中 »

2011年4月14日 (木)

GW後には咲くのでムサシノキスゲの下見@海抜80㍍の山

Cimg2661_2

笹が繁った細い尾根道を歩くのはいいもんです。たまにすれ違う人たちとは「こんにちわ」と挨拶を交わす。まるでハイキング。

このへんの海抜は55㍍くらいかな。きすげ橋を渡ったら頂上を目指して急な方の男坂を上ります。

都内とは思えないですな。といっても府中市。多磨霊園の隣にある浅間山(せんげんやま)公園です。

ニッコウキスゲの変種ムサシノキスゲがここだけに自生しているのはよく知られている。ゴールデンウイークのあとくらいには、黄色い花を楽しむ人たちが大勢やってくる。群生して見事なもんですよ。

きょうはその下見。いつもならムサシノキスゲに先立ってキンランがちらほらと咲いているんだけど、ことしはまだのようだ。

寒さが影響しているのか。


Cimg2662_2

頂上に鎮座している浅間神社。海抜は80㍍。平地との比高は30㍍しかありません。これだって立派な「名山」?制覇だ。ヤッホーッ!

周囲は低地だから見晴らしは抜群。

台地が古多摩川などによって削られ、ここだけが残ったもので、神社のある堂山、中山、前山の三峰(?)からなる。

多摩川の南側は多摩丘陵として残った(削られて団地になっちゃったけど)が、東側はこの一帯だけが浸食されなかったんだ。

山の中を楽しみながら歩いていると2時間くらいはあっという間に経ってしまう。

湧き水があるんです。下に降りてみよう。

ちょろちょろと水が出てます。ここはみたらし(水手洗)神社。

Cimg2670

湧き水の上にコンクリでつくってあるのがそうです。

斜めになっているのはカメラのせいではなくて木の根っこがいたずらをしたんでしょう。

浅間神社のご神体は、この山の中の泉からこつ然とあらわれた銅製の十一面観音だと「新編武蔵風土記稿」に記されているらしい。

きっとこの泉のことだ。それでここもあがめられて神社になった。

もっとも現在のご神体は自然石になっているという。

« マチダはACLもちゃんとチェックしてる | トップページ | ミミガタテンナンショウ見っけ@浅間山公園・府中 »

府中市」カテゴリの記事

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/39600381

この記事へのトラックバック一覧です: GW後には咲くのでムサシノキスゲの下見@海抜80㍍の山:

« マチダはACLもちゃんとチェックしてる | トップページ | ミミガタテンナンショウ見っけ@浅間山公園・府中 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30