フォト
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

2011年3月31日 (木)

バケツリレーの次は土のう作戦@福島原発&三鷹市民の方へ

福島原発の損壊で、最初に行われた給水措置は自衛隊のヘリによるバケツリレーだった。その後、東京消防庁や横浜の消防局の英雄的投水が続けられ、燃料タンクの温度がなんとか保たれている。

タービン建屋の汚染水対策に行われているのは土のう。あきれた。放射能まみれの汚染水はトンネルと立て抗にあふれ出し、もう少しであふれるところまで達している。

あふれれば海に注いでしまう。

そこで取られた措置が土のうを積むこと。土のうじゃ、汚れた水はしみ出してしまう。いくら応急とはいえ、原始的なことしかできないんだ。

30日には南300㍍の海から通常の3355倍のヨウ素131が検出されたと発表された。もうかなりの放射能がしみ出してると考えられる。

水溶性の合成樹脂を撒く案が出てきたが、これだってあふれるのは防げない。最高の科学を結集しているはずの原発でも、「想定外」の事態では、こんなものなんだ。事故には全く無力だ。

こうしている間にも放射能は拡散し、大気も海も汚れていく。

Cimg2467

スーパーではペットボトルの水を求める若いお母さんが行列をつくってる。近所のスーパー「サミットストア」では、ボトルを買うと濾過水を無料でサービスしてるんだけど、「放射性物質は除去できません」の張り紙がしてあった。

雨が降るとまた、水道水に放射能が混じりそう。ミルクの水は深刻だよね。

とにかく一刻も早く原子炉を制御して安心させてほしい。ようやく原子炉建屋を特殊なコーティングをした布製の仮設建屋で覆う案が出てきた。(朝日のスクープのようだ)。

でもすぐにと言うわけじゃない。半年も1年もかかる。

その間に周辺の土壌は高い放射能で犯されてしまう。原発から5、6㌔の福島県大熊町で27日に見つかった遺体は、「10万CPM(1分間あたりの放射線検出回数)以上」が検出された。CPMはカウント・パー・ミニット。シーベルト初めいろんなのが出てきますね。

これは全身除染が必要な量だ。このため搬送者が汚染される恐れがあるため収容を断念した。地震から半月、ずっと外にいたら、これだけの放射能を浴びてしまう。

「ただちに」は影響ないが、長い間、このケースではたった半月、浴び続けると危険な状態になる。依然として高い数値を示している福島市あたりだとどうなるんだ。

テレビでは「大丈夫、大丈夫」「風評被害」で片付けようとしているが、放射能の恐ろしさは広島、長崎の人たちがよく知っている。自分自身が勉強して、対策を講じよう。

                rain         sun

さて三鷹市。

自前の井戸が6割、残りは朝霞浄水場から受けていて、金町からはほとんど供給されてない。さらに市ではこんなことも行ってました。

「また、市では金町浄水場からの送水を遮断するよう要請していましたが、3月23日午後11時に送水系統が切り替えられ、現在三鷹市内には金町浄水場系の水が送水されていないことを、3月29日に東京都水道局からの連絡により確認しました」。

金町からは遮断されたんだ。

ということは、朝霞がまずくなっても遮断できる。そうなったら節水しよう。いざとなったら震災用の井戸も市内に数カ所あるよ。

            

2011年3月30日 (水)

ウソみたい・・こんなことが起こるんだカズゴール

後半は日本代表も控えメンバー中心で李忠成、柏木陽介、藤本淳吾、乾貴士らも連携がかみ合っておらず、低レベルの内容になっていた。

それで、テレビの音量は抑えて、29日から始まったNHKラジオの「亀淵昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」を同時に聴いていた。

Cimg2483

後半17分に三浦知良が出てきたぞ。この人は出るだけでいいや。存在感がすべて。正直ゴールなんて期待してなかった。

ヴェルディ時代のカズは好きじゃなかった。カズが悪いんじゃなくて読売が嫌いだった。Jリーグの理念と反対で、サッカーの商業主義を持ち込もうとしてたし、プロ野球でも儲け主義しか考えてない。

ドーハの悲劇だって、カズとラモスのパス交換でミスしたのがイラクのコーナーにつながった。テクニックを過信してたんだ。

ジョホールバルの歓喜の交代も当然と岡田監督を支持した。あのとき「えっ!カズ」と解説の松木安太郎は岡田采配を信じられず、その後も疑問の言葉を連ねていたけど、岡ちゃんが冷静に判断したと思っている。

でも、ヴェルディ後のカズには尊敬のまなざしを送っている。体力の続く限りサッカー選手でいてほしい。

ピッチもサポーターも期待はカズ一点だ。

川口能活のフィード。カズが走っているぞ。闘莉王が競り勝って、カズに合わせて落とした。冷静に浮かしてネットを揺らした。

あるんですねえ、こんなことが。

こんなシナリオを書いたら「安いドラマをつくるな!」と、すぐに破り捨てられるに決まってる。感動には意外性がつきもだけど、脚本はナチュラルに意表をつかなければ失格だ。

でも現実に起きてしまうと、うち震える。ジーンときたね。その後は張り切りすぎてドリブルで足がもつれてたのもご愛嬌。

カズはやっぱりキングだ。

いつまでも語り継ぎたいね。

2011年3月29日 (火)

菅自宅の武蔵野市のほか西東京市、東久留米市、奥多摩町が計画停電除外地区

全域除外は菅首相が住む武蔵野市だけなんだろうか?選挙区に含まれる他の市はどうなんだろう。
素朴な疑問が沸いてきた。

菅直人首相の選挙区は、東京18区。武蔵野市、小金井市、府中市から構成されている。

以前は府中の代わりに三鷹市が入ってたんだけど、菅直人が強すぎるので、小選挙区制の区割り変更で自民党が府中をかわりに加えた。府中は武蔵野、三鷹に比べて保守票が強いからね。


               riceball       riceball

話はがらっと変わって納豆買い出し。

Cimg2469

茨城の納豆メーカーが製造を開始したので土、日は避けて28日の月曜日に近所のサンドラッグへ。薬屋だけど、肉と野菜以外の食品がおいてある。牛乳も卵もある。水も、豆腐も・・・。

開店の9時半に行ったら少し行列。この程度なら楽勝だろう。

1人1パックだけど無事にゲット。年寄りが食べるだけなので3日後にまたくればいい。 

     riceball       riceball

話は戻って計画停電。「除外」「対象外」の理由が明確でないので疑心暗鬼になる。東電の説明は「鉄道の運行」なんだけど、複数の路線が乗り入れている国分寺や八王子、立川は除外になってない。このことはこちらで書きましたので、よかったら参照してください。

選挙目当てか。小金井市は「一部除外」。第2グループに属していた区域が「対象外」になった。

その理由は「東北地方太平洋沖地震に伴う避難者の受入れ施設(味の素スタジアムが指定された)など社会的影響の大きい施設」と言うんだけど、味スタがあるのは調布市。

電線の系統が同じかもしれないが、便乗っぽい。

府中はどうだ?

除外地区はなさそうだ。

Cimg2471_2

《入荷量は少ないですが、おかめ納豆がありました》  →

選挙区優遇とは言えないようだ。武蔵野市は怪しいけど・・。小金井の第2グループも市の半分くらいか?

ついでだから多摩全部を調べてみよう。

私が住んでる三鷹市は90%以上が対象外、わが家は一度も停電してません。不公平です。これについてはこちら「知らぬ間にわが家は「計画停電」の対象外になっていた」で書きました。

西東京市は全域除外。西武新宿線の関係か。

調布はつつじヶ丘あたりが対象外。味スタの近所も。「鉄道運行」と「避難所」で理屈は通っていそう。

狛江市はほとんどが対象外。実施しているのはごく一部だけ。ここは電線の系統の関係でしょう。狛江市は多摩地区なのに電話の市外局番が「03」なんです。都内と一緒。電線も計画停電が実施されない世田谷区と同じ系統なんでしょう。

狛江は世田谷区に入りたかったんです。こんな面白い話があります。1953年(昭和28)に町村合併促進法が施行され、調布は狛江に合併を呼びかけた。

「しかし、狛江町では、世田谷区への編入の夢を捨てきれなかった町長が、こうした議会の動きとは真っ向から対立し、議会がこれを数で押し切る姿勢を見せると、昭和29年3月1日からはついに職印をもって雲隠れするという異常事態の中で、合併への参加が見送られることになった」。

これは調布市史からの引用です。結局、調布町と神代町が合併して今の調布市ができた。

その他の地区は、八王子市、国分寺市、町田市、青梅市、多摩市、日野市、東大和市、武蔵村山市、羽村市、福生市、あきる野市、稲城市、日の出町、檜原村、瑞穂町が実施。

一部除外地区があるのが、国立市、昭島市、東村山市、国立市、立川市、小平市。鉄道が関係してそうだが詳細は不明。

武蔵野市のほかにも全域除外の市と町があった。

東久留米市。西武池袋線がとおっているからでしょうか。土地勘がないのでよくわかりません。

そして奥多摩町。檜原は実施しているので人口の問題じゃない。小河内ダムの発電の関係か。

こうして多摩全域を調べると、やっぱり武蔵野市の全域除外は優遇されてると思う。疑心暗鬼になるのは否めない。

2011年3月28日 (月)

やっぱり怪しい・菅首相自宅の「計画停電」除外

少し電線事情が分かってきたぞ。JR武蔵境変電所周辺の高圧電線、鉄塔めぐりは、どうやら無駄骨だったようです。

ここは鉄道のためだけで家庭用とはつながってません。JRははるばる新潟の水力発電所から独自に電線を引いてるんです。

ひとつ面白いことを教わりました。スタジオジブリの東側を通ってJR武蔵境変電所に入っていく高圧電線「前久保ー武蔵境線」は通称ネコバスとマニアの間では呼ばれているらしい。

「となりのトトロ」でネコバスが通った送電線はこれだということになってるそうです。(出典は「たわたわのペーじ」。勉強させてもらいました)

Cimg2460_2

そもそも電車の電力は自前でまかなっている。

停電して運行に支障があるのは、踏切や信号の電力。これは東電から供給されている。家庭と同じだ。家庭用電力の変電所に行けば何か分かるかもしれない。

そんなわけで、東電の三鷹変電所を久しぶりに訪ねた。

あらま、昔は鉄塔が建ち並び、電線がぎっしり張り巡らされていたのに、まるで変わってしまった。北側はマンションになっている。たしかここも変電所の敷地だったはずだ。半分売ったんだ。

ここに西から入っている高圧電線は「車返線」。くるまがえしと読みます。府中市の地名です。車返変電所があるので、府中からやってきてるのか。

ここで一般家庭用に変圧して普通の電線から送り出してるんだ。

Cimg2464_2

柵をはみ出してマンションの敷地に電柱が立ち、何本もの電線が市中用の電柱に伸びている。

三鷹近辺の電力だ。隣の武蔵野には行っているのか?

中央線の信号にはこれが使われているようだ。その公算は大きい。ちなみに東京ー立川は踏切がありません。昨年、高架になりました。(そのため計画停電の初日、東京—立川間は運行してました)。

出て行く鉄塔もあるぞ。東方向に続いている。

「三井線」のプレートが張ってある。変電所の外のナンバーは16、東に行くにしたがって数字が小さくなっている。

財閥とは関係なく「三鷹—井の頭線」で、管轄は荻窪支社。井の頭の南から杉並区に行ってるんだ。

京王井の頭線の久我山変電所と関係があるのか。でも、菅首相の自宅がある吉祥寺は路線が違いそうだ。

中央線の信号用に、ここの電気が使われているのは間違いなさそうだ。だから三鷹駅前は停電できない。「対象外」になるのは分かる。

三鷹駅の北口も同じ理由か。

じゃあ吉祥寺はどうなんだ?菅首相の自宅は中央線の北側。南側にある「三鷹変電所」の電気が行っているのか。そうだとしても鉄道用とは別の系統と見た方が地理的に自然だ。

鉄道の信号は三鷹からの送電で事足りるだろう。

武蔵野市全域が計画停電の対象外になった理由は「東電は、同市にはJR中央線や京王線(※井の頭線のこと)、西武線が乗り入れているため『管轄する変電所を止めると、鉄道の運行に大きな影響が生じると判断した』と説明している」(共同通信)。

「管轄する変電所」は三鷹のようだ。練馬ということも考えられるが方角が違う。それに23区から市部には供給しないだろう。(三多摩差別というのがある)。

近くにほかにはめぼしい変電所はなさそうだ。

西武新宿線は乗り入れてないので、明らかな間違い。意図的にこうした説明をしているのか、記者も知識がないから気づかない。支局に配属されてる若い記者が書いたんだろう。支局長もチェックできない。嘆かわしい。

同じ理由で西東京市も対象外になっている。西武新宿線が走っているからだ。ここには三鷹とは別の変電所があるんだろう。まあ納得できる。

Cimg2462

(三鷹変電所の中の車返線=左=と三井線。真ん中に電線がないのが分かりますか)。

ここから先は素人には分かりません。

でも、なんとなく怪しい。三鷹変電所と中央線の信号用の間は止められなさそうだ。つながってるからね。

その東側の吉祥寺はどうなんだ。停電しても差し支えなさそうなんだが・・・。

吉祥寺と同じ条件の国分寺はどうだ。中央線が通り、西武国分寺線と西武多摩湖線の始発駅だ。

駅前は本町。第3グループのBだ。

公平に停電になっている。

立川は?

中央線のほかに南武線、青梅線、五日市線の始発駅だ。多摩都市モノレールもある。

立川市には対象外もあるが、はずれの方で、純粋に電力系統の問題だろう。駅周辺は第4グループのC。

計画停電の区域になっている。

八王子も八高線の始発で京王線もある。駅前は旭町で、計画停電が実施されているようだ。

ヘンだぞ。おかしいぞ。鉄道のことを理由にするんだったら、国分寺、立川、八王子も除外されていていい。何が違うのか。

吉祥寺、ましてや武蔵野市全域が「対象外」になるのは、まだ納得がいかない。恣意的な匂いを感じざるを得ない。

2011年3月27日 (日)

鉄塔を追って・菅首相自宅「計画停電」対象外の理由は正しいか

再びJRの変電所に戻って考える。

菅総理の自宅を含む武蔵野市の全域が「計画停電」の対象外になった。東電が発表している理由は「鉄道用変電所と周辺地区」。中央線武蔵境駅の西に大きな変電所がある。鉄道用の設備だ。

Cimg2453

《中富線の鉄塔》

ここを通ってほぼ南北に貫いて走っているのが中富線の鉄塔。幹線のようだ。他の鉄塔よりも断然でかい。動脈。

北へたどると小金井公園の中を通って埼玉県の川越の方向に伸びている。小金井公園で追跡はあきらめたので、目視はしていないが、ネットで調べると、そちらからきている。

鉄塔ファンがいるんですね。いろんな人が探検の成果を発表してます。「塔ちゃん」というのかな。

南側は小金井市の東側から三鷹市に入り、調布の方へと続いている。調布、狛江を経て世田谷に行ってそうだ。

三鷹市内には富士重工線1番と同2番なんてのもあった。

中富線の支線が工場に引き込まれているのか。プレートには富士重工線(車返線No.41〔鉄〕〜富士重工)とあった。府中に、車返(くるまがえし)という地名があるので、そちらからきているのか。

この動脈を止めると、電車が動かせないのだろう。

変電所の真北には「前ー境148」という小さめの鉄塔があった。線を伝うと「前久保ー武蔵境」と表記したプレートもあった。これが正式名称か。

東電の鉄塔ではない。

JRのだ。6万4000ボルトで、中富線の15万4000ボルトの半分以下だ。鉄道用に変圧したんだ。

これが変電所の中に引き込まれている。

Cimg2454

《変電所の中に入っている「前—境線」の電線》

これがJR用の電力なんだ。

変電所から北東に出ている鉄塔もあった。

「境ー戸1号」が変電所の中にあり、武蔵野市内にある亜細亜大の横では「同4号」。6万4000ボルトで鉄道用。

西武新宿線の田無の方向に向かっている。(その先の埼玉県の戸田まで行ってるそうです)。

南側には、「新鶴見線」がある。すぐ近くに「境—新3号」があり、ちょっと行った三鷹市内のプレートは「新鶴見線 武蔵境ー新鶴見5」となっていた。

これもJRの所有だが、15万4000ボルト、中富線と同じだ。はるばる横浜の鶴見間でつながってるんだ。鶴見にはきっと変電所があり、東海道線などに電力を供給してるんだ。

JRのものでは「境ー八3号」なんてのもあった。これは南にくだって京王線に電力を供給しているのか。(訂正 八王子変電所に行ってます。あくまでもJR用)。

結局、中富線以外はJRのものだけだ。

この変電所が鉄道電力の基地だということは分かった。

でも、中富線からいきなり電線が引き込まれているわけではない。

Cimg2455

《右が中富線、左はJRの「前ー境線」。武蔵野市桜堤で写す》

変電所の北では中富線とJR用の「前—境線」が仲良く並行し、「前—境線」が変電所の中に引き込まれる。

南側でも2つの鉄塔はランデブーしてる。

鉄塔の路線は大体分かったが、この高圧電線がどのように各家庭に行き渡るようになるのかは全く分からない。

そして中富線を止めると鉄道が動かないらしいことも分かった。(訂正 中富線は鉄道用には使われてない。その後の調査はこちら「やっぱり怪しい・菅首相自宅の「計画停電」除外」に書きました。基礎知識がないのですみません)。

これと武蔵野市内除外の関係はまだまだ不明だ。

中富線からどこかの変電所で電圧を変えて武蔵野市内に供給しているようには見えないけど・・・。

「少年探偵団」の追及も、知識がないのではなはだ心もとない。

判明したのは、動脈の中富線が埼玉県あたりの変電所で「前—境線」用に変圧されて武蔵境の変電所に通っており、ここから南北に計3本のJR用の高圧線が出ていること。(訂正 「前—境線」はJR独自のものでした。ただ並行して走ってるだけだった)。


よーし!一般家庭用の変電所に行ってみよう。三鷹市内は場所を知ってる。武蔵野はどこにあるんだ。

何か分かるかもしれない。期待しないで待っててね。

2011年3月26日 (土)

「計画停電」吉祥寺の菅首相自宅は「当面予定なし」から「対象外」に

武蔵野市の全域と三鷹市のかなりの地区が「計画停電」の対象外になった。理由は「鉄道用変電所と周辺地区」。住所は小金井市になるが、中央線武蔵境と東小金井の間にJRの大規模な変電所がある。JR給電技術センターが正式名称のようだ。

東電の説明は正しいのか、それとも菅直人首相の自宅が武蔵野市吉祥寺にあるための恣意的な除外なのか、素朴な疑問を解消するために給電技術センターをめざした。

Cimg2436

中央線の北に隣接して変電所はある。鉄塔が建ち、電線が張り巡らされている。ここで電車に使えるように直流に変換してるんだ。

下手に侵入すると感電しそうだから不審者も出ないんだろうけど2㍍くらいの高い塀がめぐらされている。何がどうなっているのかさっぱり分からないけど、その偉容には圧倒される。すごいもんだ。

変電所のすぐ北にあるのがスタジオジブリ。

ここの北と南の近距離に鉄塔が建ち、上空を高圧線が走っている。

鉄塔の番号を見る。「中富線No.63」だ。

三鷹市のわが家の近くにあるのが「中富線No.77」だ。変電所から南東方向に通っているんだ。

そうか、この中富線の通電をストップすると、中央線が止まってしまうんだ。(その後の調査で、中富線は変電所には引き込まれてなさそうだ。中富線とずっと並行している前久保ー武蔵境線が変電所に入っている)。

だからわが家近辺が対象外になったんだ。

門外漢だけど、東電の説明は正しそうだ。わが家へはこの高圧線から分岐した電線を使ってるんだ。(このへんの解釈はあいまいですね。中富線は動脈なので、家庭の電源とは関係ないかもしれない。素人なのですみません)。

では、武蔵野市はどうなんだ。「中富線」は通ってない。この高圧線は埼玉県の方からきてる。

北上して、どこかで北西方向に変わり狭山市の東から川越方向に行っている。通過地区は西東京市、小平市などか。

武蔵野市は関係なさそうだ。

Cimg2425_2


《手前はスタジオジブリ。真上を「中富線」が走っている》


ちょっとたどってみよう。

まるで映画「鉄塔武蔵野線」だね。

小学校最後の夏休み。送電線の番号をたどっていく少年の冒険を描いた作品だ。銀林みのる原作、監督長尾直樹。伊藤淳史の初主演作だ。

子供のころ、同じようなことをした。家の近くの送電線はどこからきているのか不思議だった。男の子なら誰でも疑問が頭をもたげるようだ。

われわれの場合は冒険にもならず、疲れて腹が減って戻ってきただけだった。

亜細亜大通りとつながってる北大通り(きたおおどおり)の向こうに鉄塔があるぞ。「中富線No.61」だ。この北から分岐してる線がある。

プレートは「前久保ー武蔵境147号」となっている。

Poster

《「鉄塔武蔵野線」のジャケット》

もうひとつあるぞ。「境ー戸4号」となっている。これはJRの専用線のようだ。とりあえず二兎は追えない。

「境—戸」線の1号は変電所の中にあるみたいだ。そこから北上してる。ほとんどの鉄塔は南下してから東へ曲がり、都心方向に行っている。

それなのにどうして北上しているのか。不思議だ。

自転車でたどってるんだけど疲れた。

続きはまた今度。

鉄塔探検の続きは「鉄塔を追って・菅首相自宅「計画停電」対象外の理由は正しいか」でご覧ください。

2011年3月25日 (金)

知らぬ間にわが家は「計画停電」の対象外になっていた

2011年3月25日(金) 地震15日目

ズルイ!不公平だ!と非難が殺到するかも知れませんが、わが家は、いつの間にか「計画停電」の対象外地区になってました。

Cimg2388
《介護施設の横を走る送電線》


東電に賄賂を贈ったわけではありません。〈第2グループ〉に入ってるんですが、確か14日に突然、計画停電が実施されてから一度も停電したことがないんです。

変だなと思いながらも、停電時間が夜の場合は、早めにご飯を炊いてまっくらになる前に夕飯をすませるなど、対応策を取っていたんですが、幸いなことに、他の〈第2グループ〉は寒い夜を過ごしたのに、わが家の周辺はこたつの電気が入りました。

年寄り(2人足して174歳)を抱えているので助かると同時に、不安な時間を送っている人たちに申し訳ない気持ちだった。

年寄りは寒さに弱いんです。わが家は真夏をのぞいて、こたつが活躍してます。梅雨明けにしまったと思ったら9月の末には、もうお世話になってる。

「対象外」と判明したのは「みたか安心安全メール」。

登録しておくと、停電実施の有無などが市役所から送られてくる。グループ全体ではなく三鷹市内では実施されるのかどうかを東電に問い合わせ、その答えを書いてくる。

テレビは「第2グループは予定通りに何時から実施」とおおざっぱにしか言わないので、大助かりだ。

きょう25日は夜6時20分から行われるとテレビで言っていた。それで「夕飯は6時には終えよう」と確認した。

その直後の24日午後6時半過ぎにはメールが着信。

<3/25(金)三鷹市内の計画停電は中止>
東京電力より3/25(金)に三鷹市内で予定されていた計画停電は、第2・第3グループとも全て中止との連絡がありましたのでお知らせします。

とありがたい情報。

さらに「なお、東京電力では国などの要請を受け、『国民の基本的生活レベルの維持に大きな影響を与える鉄道用変電所など、一部施設を計画停電の対象外』とすることとしており、これに伴って三鷹市内の第1グループに加え、第2グループについても当面、停電の対象外となりました」と続いていた。

三鷹には電車庫があり、武蔵境と東小金井の間(スタジオジブリの南側)には中央線用の大きな変電所がある。

その辺から鉄塔がわが家の方に連なってる。これを止めるわけにはいかないんだ。

三鷹の〈第1グループ〉というのは駅前周辺。いつも行く肉屋のオヤジの言うことにゃ「ATMが多くあるところは停電しない」。

そういや吉祥寺や武蔵境の駅前も一度も停電してない。

菅直人首相の自宅、武蔵野市吉祥寺本町3丁目も吉祥寺駅前と系統が一緒なんだ。

2011年3月24日 (木)

「きっこさん」西へ1000㌔「疎開」に思う

2011年3月24日(木) 地震14日目

「きっこの日記」のきっこさんのブログが更新されないので変だな、病状が思わしくないのかと案じていた。

いつものように「お気に入り」をクリックしてブログをのぞいたら、ツイッターを見るようにとあった。なんと、東京から西へ1000㌔の地点に疎開していて、久しぶりに携帯も通じない山から町に下りてネットカフェで通信してるという。

日頃から原子力発電所周辺の汚染について危険信号を発しているきっこさんだから、福島原発の事故に素早く行動したんだ。

過剰反応か。そうではない。最愛のお母上を守るための行動だと理解する。

3月22日に『「葉ものは食べるな」放射能雨と複合汚染』と題したブログをアップした。その時点では、ホウレンソウ、シュンギクから基準値を超えた放射能が検出されていた。

Cimg2406
(畑に植えられていたホウレンソウ。自家用なのか、ひと畝だけだった)

だけどレタス、白菜、キャベツなど葉ものは食べるなと書いた。それは現実になった。

政府・原子力災害対策本部は「摂取制限」を初めて発動した。

摂取制限の対象は、福島県産のホウレンソウ、小松菜、キャベツなどの葉菜類と、ブロッコリー、カリフラワーなどアブラ菜科の花蕾(からい)類。

茨城県では、21日のホウレンソウとカキナに加えて、原乳とパセリ、栃木県、群馬県でも、ホウレンソウとカキナに出荷規制がかかっている。

放射能が降っているのは、これらの県だけではない。東京、神奈川、千葉、埼玉にも降り注いでいる。野菜は黙ってこれらを吸収している。

基準値内でも、ちりも積もればになる。放射能は少しずつ体内に蓄積されていく。

東京都の水道からも基準値を超える放射性ヨウ素131が検出された。空中にただよっていた放射能が雨に含まれて地上に落ちてきたためだ。

「乳児は摂取を控えるように」とお触れを出した。甲状腺がんになる恐れが高いためだ。幼児もまずいだろう。母乳もまずい。

危険だということだ。

大人は「長期的に摂取しなければ、健康に影響はない」という。

Cimg2413_2

(出荷最盛期のブロッコリー畑。わが家の近所の農家です)

水は長期的に摂取する。米を洗うのもみそ汁も、お茶もコーヒーも水だ。全部をミネラルウォーターではまかなえない。

だいいち、もう売ってない。

私や両親はいい。子どもたちには飲ませたくない。どうしようかと悩んでいたら三鷹市からメールが来た。登録すると「地震情報」が送られてくる。三鷹市は素早く立ち上げた。

三鷹市の水道は、市内の井戸が6割、残りを朝霞浄水場から受けていて金町浄水場はほんの一部だという。

これなら当分は大丈夫だろう。

でも、各都県の水源は確実に汚染されている。

Cimg2409_2
(畑一面のブロッコリー)

「風評被害」を訴えている人が大勢いる。

風評ではない。自分と家族を守るためだ。

現状はチェルノブイリと同レベルと考えていた方がいい。

原子力発電所をつくるとは、原水爆をつくっているのと同じなんです。

福島が最悪の事態を招いたら「黒い雨」が降ってきます。

政府や学者がいう「ただちに影響はない」は、「じわじわ影響が出る」と読み替えなければいけない。

水、野菜、空気、その他魚や肉などもやがて放射能が検出されるだろう。わずかずつでも許容量を上回らないか。

ホウレンソウだけなら許容範囲かもしれないが、すべてを足したらどうなるか。体内に蓄積された放射能は消えません。足し算です。

福島原発からは、まだまだ放射能が飛散する。ホースの放水によって海にも流される。放射能の飛散を抑えるには、数カ月かかる。屋根のとんだ建屋をおおうのに何カ月が必要なのか。

封鎖しても、これまでにばらまかれた放射能は地球上をぐるぐる回って落ちてくる。それは土にたまって、根菜類も汚していく。

60歳を過ぎた私は、少し寿命が縮まるだけだ。両親は家を離れると、その負担の方が大きそうだ。ここにとどまる。母親は心労で寝込んでしまった。

もう少し事態が深刻化したら、子どもはできるだけ遠くに避難させる。彼らには将来がある。これから子どももつくる。孫に放射能の影響が出てはならない。それが親のつとめだ。

現在、手の病気でヘアメイクの仕事ができないきっこさんは収入がない。着の身着のままで西に向かってしまった。

生き延びろよ!

三鷹市お隣の武蔵野市、杉並区の皆さん、三鷹で水を汲んでください。放射能の量は大分、少ないですから。

2011年3月23日 (水)

おーい、納豆やーい

2011年3月23日(水)晴れのち曇り、夜雪 地震13日目

昨日は雨で午後からは計画停電の予定だったので、自家発電で営業している武蔵境のイトーヨーカドーへ。放射能の雨はしのげるし暖も取れ、買い物も済ませられる。一石三鳥だ。

ウロチョロすれば散歩にもなる。(ウロチョロの歩数は8132。午前中の分も含めれば1万歩は超えてる)。

ホームセンターのある西館には八重洲ブックセンターも入っているので暇もつぶせる。

Cimg2377_2

まずは西館で商品チェック。家電売り場では単3の電池を箱から出して並べている。

「単1はないんですか」

「入荷待ちとしか言えないんです」

懐中電灯用ではなくて柱時計のが切れてしまったのだ。急ぐ話ではない。

トイレットペーパーも売っている。(さっき=23日午前=行ってみたら、プライベートブランドのトイレットペーパー12ロールが268円、クリネックスのティッシュ5箱入りが328円。サンドラッグの方が断然安い。便乗値上げじゃないのか?ふだんの値段を知らないので何ともいえないが)

午前中にサンドラッグに行ったらトイレットペーパーも箱入りティッシュも大量に積んであった。出回ってきたな。5箱入りのティッシュ、12ロールのトイレットペーパーがともに195円といつもと同じ値段だったので買っておいたから当分大丈夫。(23日も同じ値段で大量にありました。牛乳もあった)。

おっそうだ、90歳を超えた父親が健康のために毎日食べてる納豆事情を調べよう。というわけで駅の北口へ。豆腐類を中心に扱っている「三代目茂蔵」があるな。豆腐屋だから納豆もあるだろう。

見事にありません。納豆コーナーらしきところには空のプラスチックケースが積んである。「どうしてないの?」

「製造が間に合わないんじゃないですか」と店員はめんどくさそうに答える。需給バランンスからいえばそうだけど答えになってない。バカか、こいつは。

次いで、「肉のハナマサ」、ここは野菜でもなんでもある、をのぞいたら数個残っていた。入荷はしてる。いざとなればここで買えばいい。

南口に戻って成城石井に行ったら武蔵野地区の停電は中止になったけど営業停止中。はやってないから穴場なんだけどな。

Cimg2345

《先週の写真です。空っぽはかっこわるいので、きのうは豆腐類で満たしてました》

さておもむろに本丸のヨーカドー東館地下へ。米粉入りの食パンはないな。もともと入荷量が少ない。牛乳もない。代わりに低脂肪牛乳が並んでる。200本以上はある。

米もいっぱいある。千葉産のササニシキは1580円。ふだんの値段だ。もう争っては買ってない。行き渡ったんだ。

だけど納豆はない。コーナーの責任者みたいな人に訊いたら、丁寧に答えてくれた。

「おかめ納豆の工場が地震で被害を受けたんです。うちでは扱い量が多かったので、そのために品薄になってしまいました。保谷納豆も入れてるんですが、なにぶん、ほかのお店からも注文が殺到してまして数に限りがあります。申し訳ございません」。

こういう風に説明してくれれば納得する。

「本日入荷分は売り切れ」の張り紙がしてあった。ということは午前中にはあるということだ。少しずつだが入荷しだしている。


あわてることはないな。

Banner_a03_2

おかめ納豆の住所は茨城県東茨城郡小川町。相当にやられたところだ。

タカノフーズ(株)のホームページには、「弊社におきましても東北・関東地区の納豆及び豆腐工場が被災しており、復旧作業をすすめております。 一部エリアでは商品が滞り、お客様にご迷惑をおかけしておりますが、可能な限り安定的な商品供給の実現に向けて努力してまいります」とのお知らせも出てた。

頑張れよ!

2011年3月22日 (火)

「葉ものは食べるな」放射能雨と複合汚染

2011年3月22日(火)雨のち曇り 地震12日目

放射能の雨が降っている。福島原発から舞い上がった放射能は風に乗って四方に飛び散っている。それが雨滴の核となって地上に降り注いでいる。

61rtmgqsz2l_sl500_aa300_

子供のころ、といっても50年以上前のことだが、傘なんて持ち合わせてなかったから、突然の雨からは一目散に逃げ出した。「早く逃げないと頭が禿げるぞ」と遅れた仲間をからかった。

第5福竜丸の被ばく、久保山愛吉さんの被ばく死は、子どもたちにも放射能の恐ろしさを刻み込んだ。1954年(昭和29)のことだ。

ストロンチウム90なんて名前を覚えた。放射能の中でも、こいつはカルシウムと置き換わって体内で放射能を出し続ける。半減期は約30年。

放射能を測るガイガーカウンターなんて言葉の響きを面白がって使っていた覚えがある。

すでにソ連は水爆実験を行っていた。放射能は偏西風に乗って日本列島にもやってきて、おびただしい量が降り注いだ。

福島原発の放射能はすでにカリフォルニアに届いている。

ソ連だけではなく米、英、仏も水爆実験を繰り返し、地球上は放射能がぐるぐるまわっている。遅れて実験を開始した中国に至っては地下ではなく地上で爆発させた。

そのころ、野菜はよく洗って食べるのが常識だった。放射能を落とすためだ。

雨は降り始めの放射能値が高いといわれていた。塩が放射能に効くなんてうわさも出ていた。中国では先週あたりから塩が売れているらしい。

塩が清めに使われることからの連想だろうが、東アジアの民俗は共通してるんだ。ま、中国から文化は伝来してるので当たり前か。

Cimg2400_2

放射能は野菜にも容赦なく降りかかり、葉に蓄積される。

《農家の庭にニョキニョキ芽を出していたふきのとう。あんまりたくさんあるので採りきれないのだ。もう食べられないな》

ホウレンソウやシュンギクから規制値を超える放射性ヨウ素やセシウムが検出された。

学者や政府は「ただちに健康に影響を及ぼす値ではない」「これは1年間食べ続けた場合の基準で、1、2度は大丈夫」という。

ホウレンソウを毎日、食べる人はいないだろう。でも野菜は毎日、食卓にあがる。シュンギク、レタス、サラダ菜、白菜、キャベツ・・・などを順繰りに食べている。

まだ規制値を超えてないキャベツなどにも放射能は降っている。いつ、規制値をオーバーするのか。

順繰りに食べればホウレンソウを毎日、食べているのと同じことだ。

牧草も汚染されているから牛乳に放射能がたまってしまった。やがて牛や豚の体内にたまっていく。肉は大丈夫なのか。ニワトリは?卵は?

福島では水道からも検出された。原発近くの海も汚染された。魚は?

規制値以下でも放射能を含んだ食品を毎日、摂り続けて大丈夫なのか。ひとつひとつを足していくと、相当な値になる。だめでしょう。

子どもたちは何十年も食べ続けるんです。

Cimg2397

《こんなにいっぱい生えてます。売ってくれればいいのに》

有吉佐和子さんの「複合汚染」は農薬、化学肥料、洗剤、合成保存料、着色料、排気ガスなどの化学物質が体内に蓄積されていく危険性を訴えた。

改善されてきているとはいえ、まだ日本人はこれらの物質を取り込んでいる。

さらに放射能が加わるとどうなのか。

新たな複合汚染は招かないのか。

「複合汚染」は市川房枝さんと紀平悌子さんの選挙が導入部だ。紀平さんが「環境汚染」の問題を訴えるのをきっかけに汚染の問題へと入っていく。

菅直人首相の政治の原点は市川房枝さんだ。

とりあえずは福島原発の対策に全力を注ぎ、早く安心させてほしい。でも、その処理には少なくとも10年はかかる。現在の危機を脱しても放射能は大気中にばらまかれ、ただよい続ける。

福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーに就任した山下俊一長崎大教授が、朝日新聞の取材に注意点をあげている。(21日3面)

ホウレンソウについては「健康への影響はない値だが、今後は口にしない方がいい」。水は「何㍑も飲み続けることはなく、健康への影響は心配ない」。

大気汚染についても同様だが、福島県の一部のように100マイクロシーベルトを超えるような時は、こうも指摘する。

「影響を受けやすい乳幼児がその地域にいることは、好ましくないだろう」。

赤ちゃんを産んで育てられない。子ども、これから子どもを産む女性たちも、望ましくないだろう。

牛乳に出たように母乳にもすぐに含まれてしまう。

普通に暮らせないということだ。

菅直人さん、原点に立ち返って普通の人々のための政治を決然として行ってくれ。

2011年3月21日 (月)

原発はどうなっているのか・現場で働いていた技術者の証言

2011年3月21日(月、彼岸の中日)雨、地震11日目


「日本人」さんからコメントが寄せられました。原発で20年間働いて100回以上内部被ばく、がんを発病、1997年1月に亡くなった平井憲夫さんという方が原発の現状について講演したものを第三者がまとめたもののようです。

数年前からネットで出回っているものが転送されてきた。

「一部、事実が含まれてはいるものの、そのほとんどが間違い」「怪文書のたぐい」「99・9%まやかし」などの反論も多数あるようです。

その文章は、「原発がどんなものか知ってほしい」というタイトルで、「私は原発反対運動家ではありません」と始まります。

Cimg2393_2
《わが家の近所の鉄塔。「中富線No.77」と名前がついてました。「鉄塔武蔵野線」じゃないんだ。埼玉県の日高市から来ているらしい》

そして「二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。

そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います」と続きます。

以下は目次です。

☆1  「安全」は机上の話
☆2   素人が造る原発
☆3   名ばかりの検査・検査官
☆4   いいかげんな原発の耐震設計
☆5   定期点検工事も素人が
☆6   放射能垂れ流しの海
☆7   内部被爆が一番怖い
☆8   普通の職場環境とは全く違う
☆9  「絶対安全」だと5時間の洗脳教育
☆10  だれが助けるのか
☆11  びっくりした美浜原発細管破断事故!
☆12  もんじゅの大事故
☆13  日本のプルトニウムがフランスの核兵器に?
☆14  日本には途中でやめる勇気がない
☆15  廃炉も解体も出来ない原発
☆16  「閉鎖」して、監視・管理
☆17  どうしようもない放射性廃棄物
☆18  住民の被曝と恐ろしい差別
☆19  私、子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原    発はいやだ。
☆20  原発がある限り、安心できない

Cimg2395_2
《近所の農家の庭を失礼してパチり。菜の花と紅梅が今を盛りと咲いてます。被災地にもきっと春はくる》

一読しましたが、極めてアホらしい文章、嘘っぱち、とは思いませんでした。福島原発の危機を目の当たりにしていると、平井さんは警鐘を鳴らし続けてきたんだと思います。

判断材料のひとつとして読まれることをお勧めします。

関心のある方はこちらのアドレスをクリックしてください。http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

また平井さんへの反論はこちらなどにあります。併せて読まれるといいでしょう。「平井憲夫」で検索するとそのほかの反論もヒットします。

Cimg2384
《別の系統の鉄塔。わが家の近所は鉄塔だらけです》

平井さんは、「1997年1月逝去。
1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。
「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました」と紹介されている。

文を読むと日立の技術者だったようだ。

福島原発の運転差し止め訴訟の原告代理人も務めているんですね。

私は、日本人の原点は、ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ、ノーモアウォーだと思ってます。

原爆の恐ろしさを身をもって知っている日本人が、自らが建設した原発で再び放射能、死の灰の恐怖にさらされるなんてことがあっていいのだろうか。

2011年3月20日 (日)

菅総理の自宅は計画停電「当面の間実施予定なし」だってさ

2011年3月20日(日)地震10日目

きのう「広報みたか」が新聞の折り込みで入ってきた。当初の東京電力の発表では三鷹市は第1と第2のグループに含まれており、わが家は第2だというのがしばらくして判明した。

Cimg2380

都心で実施しないのは釈然とはしないが、甘んじて受け入れた。でも、三鷹市内は平等に停電がまわってくるものとばかり思っていた。

ところがどうだ。「広報みたか」の「東京電力によるグループ分けと今後の『計画停電』の予定」をみると「グループ分けに含まれていない地区」というのがある。

三鷹市の上連雀、下連雀、井の頭などだ。駅の近くの繁華街と高級住宅地。「野崎1丁目の一部」というのは市役所のことだろう。

グループに入っていないこれらの地区は「予定なし」。つまり計画停電の区域から外れているのだ。市役所はいい。だけど、上連雀や下連雀はどうして含まれないのか。

駅前の繁華街だからか、金持ちの居住区だからか。納得いかない。どうしてこういうことになるのか。みんな平等に不便を我慢するべきじゃないのか。

何かの思惑があって停電地区を決めてるんじゃないか。

怪しいぞ。

隣の武蔵野市にある菅直人首相の自宅はどうだ。

Cimg2371

《色がないと寂しいのでナルキッソスでも眺めてください。神代植物公園のグリーンギャラリーで咲いてたものです》

武蔵野税務署の東側だから武蔵野市吉祥寺本町3丁目のはずだ。確定申告の帰りに捜したことがある。ぶらぶら歩いてたら警官が立っていたのですぐに分かった。

自宅横には簡易ポリボックスがつくられ、そこに2人。家の前の通りの南北の曲がり角でも立ち番。家の裏側で警備していたこともあった。

「写真を撮っていいですか」と一応、許可を求めたら「ダメ」だった。それで写真はありません。

住宅街の普通の家です。井之頭小の前の通りから東に2本くらい入ったところです。物好きな人は、警官を目印にすればすぐに分かります。

横道にそれた。話を戻して武蔵野市のホームページで確認すると「吉祥寺本町三丁目の一部」は第1グループだ。

しかし(当面の間実施予定なし)となっている。

「吉祥寺本町3丁目の一部」に首相の自宅が含まれているかどうかは分からない。でも、第2、第3、「グループに含まれてない地域」に「吉祥寺本町3丁目」はないので、「3丁目の一部」以外も停電計画には入っていないようだ。

どういうことなんだ。他の第1グループは毎日、「計画停電」が行われる。ここはなぜ除外されているのか。

意図的なのか偶然か。

分からないことだらけだ。

ちなみに武蔵野市の第1グループは以下の地区。

第1グループ(当面の間実施予定なし)
• 吉祥寺東町1丁目~4丁目
• 吉祥寺南町1丁目の一部
• 吉祥寺南町2丁目
• 吉祥寺南町4丁目の一部
• 御殿山1丁目~2丁目
• 吉祥寺本町1丁目
• 吉祥寺本町2丁目の一部
• 吉祥寺本町3丁目の一部
• 吉祥寺本町4丁目
• 吉祥寺北町1丁目~2丁目
• 吉祥寺北町3丁目の一部
• 吉祥寺北町5丁目
• 緑町3丁目の一部

吉祥寺駅の北口、南口と御殿山の高級住宅地。

Cimg2369


「グループに含まれてない地域」というのも不思議だ。

• 吉祥寺南町3丁目
• 吉祥寺南町5丁目
• 中町1丁目~3丁目

中町は三鷹駅の北口だ。

商店街や高級住宅地を外せるんなら、鉄道に供給すればいい。その方が勤め人、みんなが助かる。

東電は何かを企んでる。

やっぱり原発の必要性アピールなのか。

事態が収まった時に起こる「原発廃止」運動、「福島原発廃炉」論などをはね返して原発必要論を展開するための深謀遠慮ではないかという疑いは拭えない。

2011年3月19日 (土)

「1週間ぶりに入浴」福島の友人に激励電話

2011年月19日(土)地震9日目

「足りないものはないか?」と福島市内の友人に電話。食料品は近くのスーパー「ヨークベニマル」でそろうようだ。

だが水道が止まってると震災直後の電話で言っていた。どうなったのか。福島交通飯坂線で行ける飯坂温泉では無料で入浴させてくれるところがあると聞いていた。風呂は電車で通っているのか。

「汚れてるという話なので我慢した。それに温泉だから水道が出ないと頭が洗えないんだ」とキクチくん。

そうだな。こぞって入りにいったら汚れてしまうのは致し方ない。

待つこと1週間、きのうようやく水道が復旧、さっそく風呂を沸かしてさっぱりしたそうだ。よかった、よかった。

ーところでみんな元気か?

Cimg1440

「アライが“おっかない、おっかない”と騒いでる。さっちゃんのところは水道も通ったし、みっちゃんも
元気。アライのところはまだ水がダメなんだ。きょうは風呂に入りにくるんじゃないか。トイレ用にはポリタンクに満たして運んでるよ」。

キクチくんは、きのうの夜、自転車をこいで駅前の飲み屋に行ったそうだ。小学校の同級生がやってる小さな店だ。

ママも客も福島弁がきつくて半分しか分からなかった記憶がある。

「店はめちゃめちゃだったらしい。昨日から始めたばかりで、お見舞い分もおいてきた」

市内は大分落ち着いてきたようだ。心配なのは放射能。市内は高い数値を示している。

「洗濯物を外に干している人はいない。ベランダに出そうと思ったけどみんなが家の中なのでやめた」

ーー何かあったら電話してくれよ。新幹線が通ったら見舞いにいくから。

「それが小坂というところで鉄塔が倒れたりして、新幹線も高速道路もめちゃめちゃらしい。見通しは立たない」

落ち着いたら高速バスで見舞いにいくか。

ところで、福島駅新幹線口近くのそばや「高山」のおばちゃんは大丈夫かな。また行くからね。

Cimg2372

19日午後は武蔵境のヨーカドーへ買い出し。西館をのぞいたら電池など品切れ品が入荷してた。

トイレットペーパーは、シャワートイレ用398円、スコッティ458円、やわらかロール268円。

ティッシュは、エリエール278円、ネピア298円、スコッティ358円。

いつも買ってるのより高いのでパス。わが家のティッシュは5箱入りで200円以下だよ。便乗商法なのか、そうでもないのか、種類が違うので分からない。

携帯コンロのガスボンベ138円、簡易マスク298円、パンパース1280円。

近くにあるスーパーの成城石井では新潟産コシヒカリ5㌔を2980円で売ってました。

うまいんだろうけど、いい値段だ。うちはもっと安いので十分だ。

いつもは閑散としてる店だが、レジに客が並んでた。

Cimg2375

2011年3月18日 (金)

「計画停電」はどこかおかしい・東電の陰謀?

2011年3月18日(金)地震8日目

東電の計画停電がいきなり始まって5日目になる。わが家は第2グループに入っているが、まだ一度も停電していない。なんでだろう。

きょう18日は午前9時過ぎと午後3時過ぎの2回、スケジュールが組まれていた。

84と90の両親は寒さに耐えられないので電気こたつが使えるのはありがたい。それでも被災地のことも考えて停電くらいは我慢しようと心積もりはできている。

Cimg2272

《キジムシロの花でも眺めて心を落ち着かせてください。調布の野草園に咲いていたものです。地震前に訪ねました》

でもどこか釈然としない。福島原発が大変な事態で、柏崎もフル稼働していない。供給量は激減しているのは理解する。

東電管内において原発の供給量は全体の23%。依存度は高い。北海道や九州は40%!原発がないとやっていけない。

テレビを見ていると具体的な数字をあげて計画停電を実施せざるを得ないと説明している。この数字が本当なら確かに足りない。

でも元来が疑り深いから、本当かなと眉につばをつけている。

今回の事態で原発見直しの論議が起こるのは必至だ。これまでのように「安全でクリーン」なんて口が裂けても言えない。安全神話はもろくも崩れ去ってしまった。

そこで東電は考えた。原子力発電がないと日常生活は維持できませんと強く訴えたい。それが証拠に計画停電をしないと需要は供給を上回ってしまう。ほらご覧なさい。生活は大変なことになるでしょう。

きのうなんか、寒いので供給量をオーバーして、このままでは「大停電」の可能性があるので節電してくださいと呼びかけた。

「計画停電」では足りずにショッキングな事実を国民に突きつけた。

もっとある。夏場はクーラーが使えないかもしれませんよと、脅しも入れている。去年の猛暑を考えたらぞっとする話だ。

ーーーだから原子力発電は必要なんです。今度からは1000年に一度の災害にも備えます。しょうがないと認めてください。

そんな思惑を東電は秘めているんじゃなかろうか。

年寄りの妄想です。

2011年3月17日 (木)

バケツリレーで大丈夫か?@福島原発・放射能汚染と水蒸気爆発

=2011年3月17日(木)地震7日目=

福島原発3号機への水ぶっかけ作戦が行われた。1機目のへりは見事に目標を直撃、続いたへりは目標手前で散布したため霧状になって効果なし。

いってみれば第二次大戦の空襲時のバケツリレーみたいなもの。火事はそれでも消せるが。原発の燃料棒は、多少は冷えるが、これを何日も、何カ月もやらないと完全には安全には冷却されない。

もしかすると1年、いやもっと長期にわたって水をぶっかけないと安心できない。

それが証拠に、停まっていたはずの5号機、6号機も温度が上がってるでしょ。

だから今回のバケツリレーは気休めにしか過ぎない。

Cimg2363

このまま原子炉の熱が下がらないとどういう事態に陥るのか。

テレビを見ていても原発の御用学者たちは、口を濁すばかり。きのうのコメントから拾ってみる。

「冷やすことが大事」(岡本孝司・東大大学院教授)

「しっかりと冷やしていくということですね」(中島健・京大原子力実験所教授)

「状況把握につとめ、対策をとる」(山口彰大阪大学大学院教授)

「とにかく水を入れて冷やす」(NHKの解説者)

この学者や解説者は、何を隠しているのか。

今の事態は、状況が把握できずに、水も注入できないのが問題。それなのに「水を入れれば大丈夫」という。できないことをやれば大丈夫と言っている。

理屈になってない。お手上げといっているのに等しい。

きょうのヘリバケツ作戦は「きょうが限度」(北澤防衛大臣)で決行された。なにが「限度」なのか。

放射能が無限に飛散してチェルノブイリのようになってしまうことなのか。その場合、原発から半径30㌔は永遠に立ち入り禁止になる。

ノンフィクション作家の広瀬隆さんは、16日の毎日新聞夕刊で「仮に最悪の事態に至ったならば、放射能汚染は1週間ぐらいかけてじわじわ列島を包んでいく。逃げる場所は全くありません。これが原発の震災、人災なんです」。

こうも言っている。「発表されているのは1時間当たりの数値。365日×24時間で計算してみなさい」。

同じ紙面で、元原子炉設計技術者の科学ライター田中三彦さんは「大量の燃料棒が溶融して落下すれば、やがて原子炉圧力容器の底は溶けてしまうだろう。“その後”どうなるかは誰にも分からないが、地下水脈に触れて大規模な水蒸気爆発を起こす可能性もある」。

溶けた燃料棒が地下にもぐっていき爆発する。その規模は原爆や水爆の何個分なのか。

その被害は・・・。

信じたくないが今の事態は、半径30㌔ではすまないくらいに深刻なのだ。

CNNはこう報じている。「ワシントン(CNN) 米政府は16日午後、福島原子力発電所の50マイル(約80キロ)圏内にいる米国民に対し、避難を勧告した。

日本政府は福島第一原発から半径20キロ圏内を避難、30キロ圏内を屋内退避の対象としている。米国もこれまでは自国民に対して同じ指示を出していたが、11日の地震発生以来初めて日本政府と異なる判断を示した。

米国防総省報道官によれば、米軍はこれより数日前に、事故が起きた原発から50マイル圏外に兵士らを退避させている。国務省はその理由について説明していないが、日本時間の17日早朝までは、米国民に新たな勧告を出す必要性を感じなかったと述べた」。

何かを警戒している。最悪の事態だ。その可能性は捨てきれないとの判断だ。

こうした事態のとき、自国政府はパニックを起こさないように抑制した情報しか流さないから外国の判断の方が客観的だ。

そうならないように、ただただ願うしかない。


2011年3月16日 (水)

びっくり!開店前に2000人の行列・イトーヨーカドー

=2011年3月16日(水)地震発生6日目=

ー何時から並んでるの?

「7時半よ」

ー何を買いたいの?

「お米よ。あなたは」

ーパン。

「パンなんかどこでもあるわよ。あちこちいって見なさい」

ーおばさんに笑われちゃった。

武蔵境のイトーヨーカドーに開店前の9時50分くらいに着いた。

Cimg2350

あらま、すごい行列。入り口を一個所にして並ばせ、その列がざっと100㍍。警備員に訊くと1000人はいるという。もっと多いかもしれない。

ほぼあきらめて一番前のおばちゃんたちから情報収集したのが冒頭の会話。「あしたは6時半から並ぶのね」とからかわれてしまった。

話をしてる間にも列は伸び、折り返して入り口まで戻ってきてる。2000人くらいにはなったろうか。

混乱を避けるために50人ずつの入場制限を行うという。1時間は待たされるな。

ここで完全に断念。しょうがない。父親(90歳)がいつも食べてる米粉入りのパンはあきらめた。

手ぶらで帰るのもしゃくなのでパン屋のリトルマーメイドへ。1人1斤の制限で食パンを売ってたので買って帰る。260円だったか。

「ずいぶん高いのね」と、おふくろ。トーストして昼飯にした。

Cimg2347

行列の原因は、米の売り出しだったようだ。折り込みチラシには1人2袋(5㌔入り)の制限で千葉産コシヒカリ1580円、山形県産はえぬき1480円などの売り出しが出てた。

通常と比べても安い。

先頭のおばちゃんたちはチラシを見てすぐに駆けつけたんだ。反応が素早い。とてもかなわない。お行儀はいいけど平成版の「米騒動」だ。

わが家の米も少なくなってきた。手当をしないといけないな。

↓「お米お買い得」が掲載されているヨーカドーのチラシ

Cimg2353

2011年3月15日 (火)

鶏肉品不足のわけ・肉屋のオヤジのひそひそ話

午前中は病院へ。お年寄りが外出を控えているのか患者が少ない。地震のショックに疲れが重なると母親が寝込みそうなので代診というわけ。80歳を越えるとなるたけ負担はかけたくない。医師に話して薬だけ処方してもらう。

Cimg2341

すいていて早くすんだので、その足で肉屋へ。きょうは午後6時過ぎからの計画停電区域に入っているので、電気があるうちに夕食を食べ終えたい。「トンカツにしよう」との母親の命令で豚肉買い出しだ。

「豚は問題ないんですが鶏肉の入荷が少ない」と肉屋のオヤジ。「まだありますけどね」というので鶏肉も買っておく。

「ここだけの話ですけどね・・・」とオヤジ。

「なになに」内緒話は大好きだ。

「学校給食の予算が余ってるんです」

どういうこと?

「年度末で予算を使わなければならないので、鶏肉をふだんの1・5倍注文してるんです」

「そうなの」

「ぜいたくして鶏肉がいっぱい入った料理を出してるんです」

そりゃ、大量注文だ。

「学校給食が終われば落ち着くと思いますよ。もう少しの辛抱です」

蓮舫消費者相もきのう(14日)「水やガスコンロ、自転車が売れるのはある程度納得できるが、納豆が売れたり、鶏肉の売り上げが9倍になったりしているのは明らかに別の要因で、買い占めとしか考えられない」(朝日新聞)と話している。

買い占めているのは給食の業者ということか。合点がいく。

午後は、パンを探してこいとの命令で駅前のイトーヨーカドー。

鶏肉のコーナーは見事に品薄だ。豚はいつも通りだから安心。


Cimg2345

納豆はないかと大豆製品の棚を見ると見事に空っぽ。食パンも全くないので果物などをかごに入れてレジへ。

レジのおばちゃんはひまで手持ち無沙汰。

「おばちゃん暇だね」

「午前中は忙しかったのよ」

「売るものがないのに?」

「開店の時はあったのよ。豆腐や納豆も入荷したんだけど、あっという間になくなっちゃった」

「みんな早くくるんだ。米もないね」

「きのうは午後3時半に入荷したんだけど、すぐになくなったわね。次はいつ入るのかは分からない」

「おばちゃんちはどうしてるの」

「なにもしてないわよ。お肉はあるので、野菜炒めをつくったりとかね」

次の客が来たので無駄話はここまで。

↓ヨーカドーにこんな掲示が。

Cimg2338

↓いつもは競艇オヤジが利用する西武多摩川線は計画停電のために運休。

Cimg2339


入り口にはシャッターが下りてました。

2011年3月14日 (月)

おーい、米も売り切れだ・野菜も豚肉も豆腐も

足りないものをチェックしてきょうも朝から買い出し。

Photo

サンドラッグでは売り切れ寸前のティッシュペーパーを確保。駅前のイトーヨーカドーではサカナの干物やもやしなど。年寄りが健康のために毎日食べている納豆は品切れ。豆腐ももうすぐ売り切れなのをかごに入れる。

レジには長蛇の列。みんなたくさん買い込んでいるので時間がかかる。他の売り場から応援に来てる。なれてないのですぐ分かる。「どこから来たの?」、「婦人服」。

午後はうどんを買いに京王ストアへ。いつもは閑散としてる店なのに入場制限だ。

ネギ、なす、里芋などがない。入荷してないのか。パン、缶詰などは当然、ありません。うどんは棚が空っぽなので何も買わずに店内を観察。

米がないぞ。きのうはあったのに・・・。肉類も品数が少ない。

ここもレジは30分待ち。

肉屋のオヤジが「空っぽ」と言っていたサミットストアに行ってみるか。

Photo_3

まず米の確認。

見事に棚が空っぽだ。


まったくありません。向かいのせんべい類もほとんどなくなっている。

野菜はどうだ。

ありません。

じゃがいも、きゅうり、たまねぎ、もやし・・・。

みかん類がない。イチゴはあるな。

Photo_4

なんできゅうりがないんだろう。

豆腐、納豆もない。パンも弁当類もなくなりそうだ。豚肉も残りわずか。

いつもは午前零時過ぎまでやっているのに、きょうは午後5時で店じまいだそうだ。売るものがないんだからしょうがない。

そんなに慌てなくても大丈夫なんだろうけどパニックになってる。石油ショック以来だ。

他のものはなくても平気だけど米というのは困ったものだ。供給ができないのか、流通が滞ってるせいなのか。

待てば米はふんだんにある。1週間もすれば落ち着くと思うんだけどな。

帰りには農家の庭先販売所でネギ、大根、ニンジンを買いながらレタスを買っていた見知らぬ主婦とおしゃべり。「サミットはなんにもないですよ」「びっくりしました」。「石油製品はこの先、つくれなくなると化学製品の会社に勤める人が言ってました」と主婦。

不安感が増幅してるな。

↓《豆腐類の棚》

Photo_5


↓《豚肉の棚》


Photo_6


2011年3月13日 (日)

テレビを消した安住アナ&朝日新聞の号外が配達された

「あまりにもつらくて、きのうからテレビを消しました」ーーー。

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」での安住アナの冒頭の発言だ。

東北・関東太平洋沿岸地域の悲惨な現実、次々に伝えられる万を超える行方不明者。

Cimg2308


pencil

テレビ局のクルーも避難場所入り、被災者の悲痛な声を届け続ける。被災者は「生活」を断ち切られてしまった。その膨大な悲しみを受け止めることができない。

安住アナの心境は理解できる。放送局に勤めていてもだ。

13日午後3時過ぎ、日曜で夕刊がないので「号外」が宅配された。大見出しは「3号機も冷却不全」。

原発が次々にいかれている。地震大国の原発、問題は多々あるが今は、メルトダウン、炉心溶融に至らず、チェルノブイリ、スリーマイルのようにならないことを願うばかりだ。

「日曜天国」は初めだけ聴いてトイレットペーパーの買い出しに自転車で近くのサンドラッグへ。

ついでに単3乾電池も買っておこうと思ったが品切れ。

他に品切れ品薄はないのかと店内を見て回ったら、あちこちで棚が空になっていた。

カロリーメイト、赤ちゃん用のおむつ、ボトル入りの水、ミネラル麦茶。伊藤園のペットボトル入り緑茶も残量が少ない。トイレットペーパー、ティッシュも品薄。

ついでに京王ストアも偵察。水は空っぽだ。

レジのおばさんに訊いたら「被災地に優先しているんです」。

それは当然だ。どんどん優先してくれ。食料品も医薬品も、生活用品もすべてだ。

多摩地方は水もガスも電気もある。米さえあればしょうゆをぶっかけて食べてもいい。米がなくたって水さえありゃ生きていける。

午後はイトーヨーカドーに夕食の買い出し。

店内をぐるっとひと回り。

懐中電灯、携帯ラジオが品切れ。乾電池は単1がない。単3はあった。

食料品売り場では、まず食パンがない。他のあんぱんなどビニールに入った菓子パンも数個しか残ってない。

「なんにもない」と男性客が驚きの声をあげていた。

隣接する専門店の菓子パンなどは豊富にある。

保存がきくパスタ、もちなども棚にほとんどない。カップラーメンはないです。

お菓子類も消えているのが多い。「東鳩オールレーズン」など腹にたまるものなどがなくなっている。

じゃがいもも残り少ない。

気がついたのはこんなところ。

でもあわてて買い占めなどはしないように。1週間もたてば流通も落ち着く。パニックに陥らないように。

2011年3月11日 (金)

デジタルテレビは買ってはいけない・大丈夫か地デジ化

家電量販店をぶらぶらしてたらデジタルテレビがずいぶんと安くなっていた。買い換えてない人はチャンスかもしれない。

デジタル化まであと4カ月、総務省は10日、地デジを受信できるテレビやチューナーの世帯普及率が昨年末時点で94・9%に達したと発表した。

だけど、眉につばをつけている。ある日、テレビが砂嵐になる世帯が相当数に上るんじゃないか。

Cimg2286

ベランダから屋根を見てもあんまり地デジのアンテナは立っていない。90%を超えたらアンテナが林立してるんじゃないかというのが正直な感想だ。ケーブルやひかりTVで見てるのか?

朝日新聞の夕刊連載「メディア激変・どうなる地デジ」(3月8日)に、こんな談話がでていた。

「受信機が昨年末に1億台突破と言うが、これは録画機などを含み、テレビだけの数ではない。7月時点で数千万の未対応テレビが残る」

「昨年9月で90・3%という普及率も、調査に協力した世帯だけで、80歳以上の世帯が入っていない。この頼りない数字によって、58年続いたアナログ放送を終了していいはずがない」

「放送レポート」の岩崎貞明編集長らが記者会見で語ったものだ。

お年寄り世帯がよくわからないまま突然、テレビを見られなくなってしまう。その数数千万、「地デジ難民」がこんなに出ては大変だ。

アナログ停波の延長が必要かもしれない。

              tv         tv

さて、まだアナログテレビが十分に映る人は、急いで買い換えなくても大丈夫。別売りチューナーを接続するのもそのひとつ。これだと約5000円が余分にかかってしまう。

前にも書いたけど先に、デジタルチューナー搭載のDVDレコーダーを買いましょう。アンテナからレコーダーに入力すればテレビはデジタルも映します。

デジサポでもこうなってます。「地デジを見るためには地上デジタルチューナー(簡易チューナーを含む)または地上デジタルチューナー内蔵録画機を購入して現在お手持ちのテレビにつなぐ方法と、地デジ対応テレビを購入する方法があります」。

テレビを買い換えろなんて言ってません。

壊れたらそのときに新しいのに買い換えればいいんです。

わが家は、テレビを先に買ってしまったためにレコーダーも買い換えなくてはならなくなってしまった。

7月まではアナログを録画しているが、その先はどうしよう。録画しなければいいんだけど、たまに録っておきたいことがある。

今考えているのは、簡易チューナーを買って録画機(ビデオデッキ)につなぐ方法。

ビデオはデジタルの信号を受け付けるのか。そこんとこは分からない。家電量販店で訊いてこよう。ダメだったら当分、録画はあきらめよう。

2011年3月10日 (木)

半分パチパチ!安住アナのパンダ名前予想はオスの方だけ的中

パンダ博士の安住紳一郎アナがTBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」で熱く語っていた来日パンダの日本名、ようやく発表され安住アナはオスのリーリー(力力)が見事に予想的中です。

大したものだ。

応募ハガキも出したので何か記念のグッッズをもらえるのか。

安住アナは2月20日の番組でパンダについてしゃべりまくってました。その実況中継はこちらでどうぞ

知恵を絞った結果、安住アナが最終的に到達したのは、オスがビービー、リーリー、メスがノンノン、ケンケン、カラカラ(これはKARAが話題になってたのでとすこぶる安易)。

シンシンは考えたんだろうけど、何か理由があってはじいちゃった。安住アナはアンアン、インイン、ウンウン、エンエン・・・と全部書き出して、すでに付けられている名前などをはじいて行くんです。

だからシンシンもノートに書いたはずだ。残念。

今度の日曜の番組では何かいうのかな。聴いてみよう!

「ヤッター」「当たったぞ」というのか、「シンシンは不覚」とさらなる精進を誓うのか。何かしゃべったら報告します。

ついでにパンダについては、《大笑い!「パンダに葛根湯」@上野動物園》なんてのも書いてます。よろしかったら、のぞいてやってください。


☆以下は上野動物園のプレスリリース。

17652_large

決定した名前
オス:リーリー(力力) 応募数359件
   ※決定理由 活発で、力持ちのイメージ

メス:シンシン(真真) 応募数127件
   ※決定理由 「純真」「天真」などの優しいイメージ

応募総数 40,438件
     (郵送 22,774件、園内応募 17,664件)

選考について
 東京都と(公財)東京動物園協会からなる選定委員会において、応募数の多かった名前100点を対象に選考作業をおこないました。一次選考結果として、次のオス・メス各4点が候補として選出され、この中から恩賜上野動物園に新たに導入するパンダにふさわしく、共同研究の成功を祈念し、明るい将来への期待を抱かせるものに決定しました。

一次選考候補
オス:リーリー(359件)、ヨウヨウ(226件)、
   ゲンキ(216件)、ソラ(128件)
メス:サクラ(817件)、シャンシャン(270件)、
   シンシン(127件)、ミライ(66件)

参考 
応募の多かった名前(上位3件)
オス:タンタン(803件)、ユウユウ(741件)、パンパン(675件)
メス:メイメイ(890件)、ルンルン(880件)、サクラ(817件)

命名者の発表
 現在、決定した「リーリー」と「シンシン」という名前にご応募いただいた方の中から「命名者」(オス・メス各3名)を抽選により選出しています。
 3月11日(金)までに、命名者には直接お知らせするほか、ホームページで命名者の住所(居住市町村まで)・氏名を公表します。

2011年3月 9日 (水)

福山雅治が差し入れに使ったあげまん「揚萬念(あげまんねん)」

従姉妹からもらって食べたらおいしかったので吉祥寺に揚萬念を買いに行った。あげまんです。

皮はさくっとした食感で、あんこは甘さ控えめ。一口大の大きさでパクッと食べられるのがいい。

Cimg2254

従姉妹によると、以前は午前中に行かないと売り切れていることもあったらしい。それで近頃は製造個数を増やしたらしい。

午後だけど、まだあるかな。

吉祥寺駅南口から井の頭公園を目指して5分くらい。焼き鳥の伊勢やの一本、西の通りです。

小さな店だ。「吉祥寺あまの」という和菓子屋さんです。おばさんが何かを買っている。はやってるんだ。

NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演したときに福山雅治がスタッフ、キャストへの差し入れに使ったと宣伝するポスターが店の前に張り出されていた。

知る人ぞ知るあげまんなんだ。すでに有名で私ら一家だけが知らないのかもしれないが・・・。

散歩をして帰ると、ちょっと甘いものが欲しくなる。このまんじゅうは小さいので腹にたまらなくてちょうどいいんだよね。

食い物にうるさい娘も、これは食べてた。

あげまんは深川、地下鉄門前仲町駅そばにもあるけど、こっちの方が好きだな。

Cimg2255

HPには「★NHK大河ドラマ龍馬伝 福山雅治さんの差し入れでご利用いただきました。
★フジテレビ どーも★キニナル 的場浩司さんと、生野アナに紹介されました。
☆フジテレビ とんねるずのみなさんのおかげでした 瀬戸朝香さんのおみやげで紹介されました。
☆TBSテレビ はなまるマーケット 
清原和博さん伊藤英明さん,井上和香さん速水もこみちさんのおめざで紹介されました。
☆関西テレビ さんまのまんま 鈴木杏さんのおみやげでお持ちいただきました。
☆フジテレビ うちくる?スペシャルにてウエンツ瑛士さんのおみやげで紹介されました。」

なんてずらずらあげてありました。人気なんだ。

3月12日公開の映画「落語物語」にも使われているようだ。映画の中で嶋田久作が楽屋でパクパク食べてるのがそうだそうです。

映画に林家わさびが出演しているので、これにちなんでわさび餡も作った。5個入り豪華金箱入り800円と、普通の餡よりも高い。

出演はピエール瀧、田畑智子、監督は林家しん平。

あげまんの値段は10個入りで840円。

2011年3月 8日 (火)

ほたるの里から上がって古墳をのぞく

野川公園の下流にあるほたるの里の畦道をそぞろ歩いたあとは、古代の夢にひたるとしよう。

いにしえの人たちもこの景色が気に入ったんでしょう。崖の中腹には古墳、横穴墓群が点在してます。

Cimg2197

三鷹市内だけでも、野川にそった国分寺崖線に7群、69基の横穴墓が確認されている。

このあたりは出山遺跡と名付けられ旧石器時代(1万2000年以上前)の石器や縄文時代(1万2000〜2400年前)の竪穴住居跡、縄文土器などが発見されている。

横穴墓は、そんなに古くなくて7世紀の半ば頃に築かれたらしい。東京都の史跡に指定されたのをきっかけにコンクリートでおおって保存・公開されている。

飛鳥時代です。もう前方後円墳などの大型古墳は築造されなくなった。

それは仏教伝来と関係してる。大型古墳の代わりにお寺を建て、そこに祀るように思想が変化したんだ。

7世紀の半ばといえば、その仏教推進派の蘇我氏が滅ぼされたころ。東国の武蔵の住人たちは横穴墓に葬られていたんだ。

眼下には野川が流れ、当時も田んぼが広がっていたのかもしれない。氾濫で壊されないように崖の中腹にお墓をこしらえた。景観も抜群、死後ものどかな自然に包まれて、安らかに眠ってもらおうと考えたんだろう。

Cimg2189_2

この墓には4体が埋葬されている。一度にではなく、次々に葬られた。家族だったのかもしれない。豪族ではなく、普通の人々が築いたものだ。

出山横穴墓から少し上がると、すぐ近くに天文台がある。構内にあるのが天文台構内古墳。

府中市の武蔵府中熊野神社古墳と同じ上円下方墳なのだ。非常に珍しいので熊野神社古墳は国の史跡に指定された。(熊野神社古墳に付いてはこちら1、こちら2、こちら3、でご覧ください)。

熊野神社古墳の方形下段の一辺が32㍍、天文台はひと回り小さく30㍍。ともに7世紀の中頃の築造だ。横穴墓と同じ時期です。

天文台古墳は首長の墓らしい。横穴墓の人たちを支配していたのか。

土着の豪族なのか、それとも大和朝廷につながる系統なのか。

このへんには弥生時代の遺跡が少ない。東京競馬場の発掘で出てきたくらい。縄文から飛鳥にいきなり飛んでいる。

遺跡上では、弥生を飛び越えていきなり飛鳥くらいの時代になる。

何らかの事情で縄文人がいなくなったか、極端に減少した。そこへ西の方から新しい人たちがやってきて多摩川や支流の近くに住居を構えた。

東国の武蔵では、縄文→弥生→古墳という発展段階をたどらずに空白が生じている。


何を物語るのだろうか。いにしえへのロマンは尽きない。

Cimg2194

コンクリでおおわれているのが横穴墓です。

見学の跡は雑木林につくられた自然観察路をめぐり武蔵野を満喫しよう。

2011年3月 7日 (月)

つぼみです深山含笑花とカワセミ@神代植物公園

神代植物公園の北にあるグリーンギャラリーに深山含笑花のチェックに行った。

素敵な名前でしょ。昨年、グリーンギャラリーに入り込んで名前に惹かれた。写真も撮ったんだけどボケボケ。ことしはリベンジと意気込んでいる。

Cimg2221

おっ、白いつぼみがいっぱい付いてる。

ところが工事中で中には入れない。金網の外から眺めるだけ。

遠いなあ。安いカメラではどうにもならない。

ズームを最大にしてみたが、いかんともしがたい。

早く工事が終わらないかな。3月いっぱいはかかるようだ。それじゃ花が散ってしまう。

指をくわえて外から眺めるしかないのか。

ここは4月から名称が変わるようだ。

植物共生センターとかなんとかになる。事務所も改装しているから展示をしたり、植物相談なども受け付けるようになるのかな。

Cimg2217

こっちの写真はどうだ?

葉にはピントが来てるんだけど花はぼけてる。

開花のころを見計らってチャレンジしてみます。

うまく撮れればおなぐさみです。

水生植物園ではカワセミが水を飲みにきていた。

撮るには撮ったけど、ひどいもんです。

お金を貯めて一眼レフを買わないといけないな。

Cimg2239

2011年3月 6日 (日)

「J開幕によせて」マチダの建設的提言

いよいよJリーグが開幕。A大サッカー部OBのマチダさんから建設的な提言がよせられました。Jリーグのためにいろいろ考えてるんですね。

           soccer        soccer


J開幕。川崎の相馬新監督が勝利しました。ちょっと注目しています。

Cimg2251

秋田も同様だけど、彼ら世代くらいから純粋なJ育ちと呼んでいいでしょう。現役時代からプロの味をしみこませた日本人監督がどんなサッカーを植え付けるのか。

名選手必ずしも名監督に非ず、とはいうものの一味違う采配があると期待しています。新しいコーチ
ングが生まれるかもしれません。

Jクラブ、Jリーグ、そして協会は観戦演出を本気で考えるべきでしょう。

一番のファンサービスは選手とファンとの距離なのは言うまでもないこと。この本質部分を改良しようとしているのかどうか、いま一つ伝わってきません。

スタジアムが作れないなら、例えば陸上トラックの上に人工芝を敷き詰め仮設スタンドを乗せることは理論上可能でしょう?。試しにサポーター席だけでも前へ出したら大反響を呼ぶこと請け合いです。

移動スタンドを数基制作して貸し出すのが手っ取り早いかも。消防法など難しい問題があるとは思いますが、Jを誕生させたことを思えば、実現性ゼロではないはず。脳みそに汗をかかせれば、知恵者が多いのだし画期的な案が出てきますよ。

totoのあがりがスポーツ振興に寄与しているのだから、マジで取り組んで腰の重いお上を動かしてほしいですよね。負けるとわかっているW杯招致で玉砕するより、よっぽど意義があると思いますがね。

マチダ


2011年3月 5日 (土)

わさび田もあるほたるの里@三鷹の農村風景

水車見学のあとは、ほたるの里へ。といっても野川の向こう側がそうだ。

Cimg2205


sun


いい景色でしょ。小高くなっているのは国分寺崖線、通称ハケ。

中腹にはコナラ、クヌギ、ヤマザクラ、崖下にはケヤキやシラカシの樹林。崖を上がれば畑が広がり、天文台のうっそうたる緑が迫っている。

雑木林を縫って上まで上がる道もついてます。

ここは豊かな湧き水がある。それを利用してワサビを栽培してる。

三鷹でワサビですよ。奥多摩ではワサビが名物だけど、三鷹でワサビなんて考えられないでしょ。立川からこっちではここだけなんじゃないか。

子供のころは柵もしてなかったから入り込んで遊んだこともある。

Cimg2187

sun

ここはわさびの畑だったところ。もうやめてしまったようだ。

この左のところでは栽培しているが、囲いがしてあるのでうまく写真が撮れない。ご勘弁を。

公園になっていて、三鷹市が有志に管理を任せているらしい。お米も作っている。昔ながらの畦道が残っているので、野草がいっぱい。

オオイヌノフグリやザゼンソウなどがあちこちにかれんな花をつけている。

夏になるとほたるが舞い、鑑賞会も行われている。餌のカワニナが棲めるきれいなところなんです。

野川沿いに散歩道も整備されているので下っていけば深大寺です。途中に東大馬術部の厩舎もあります。ぶらぶらするには最高だ。

Cimg2182

野川に群れてたカモ。野川もきれいになった。昔は上流にコンクリ工場かなんかがあって白く濁っていたけど清流がよみがえっている。

深大寺には行かないで崖を上ってみます。


2011年3月 4日 (金)

50年ぶりに深大寺だるま市へ

3月の3、4日は深大寺のだるま市。日本三大だるま市のひとつです。

Cimg2232

ガキのころは連れ立って毎年のように通ったものだけど、かれこれもう50年ぶりになるか。

こんな人出は見たことないというくらいに押すな押すなで、かきわけかきわけ店を冷やかしたもんだ。

もちろん楽しみは露店の食べ物。駄菓子屋では売ってないちょっと高級なイカ焼きやアンズあめ、ソースせんべいなどを食べながらうろちょろするのが楽しかった。

境内いっぱいに店が広がっている。縁日はいくつになってもうきうきする。人は出ているが、動けないほどではない。

だるまを買う人が減ってるのかな。小さいのから買って行って、だんだん大きくするんだと教えられた。家にもそのころはだるまがあったけど、いつの間にかなくなった。大きいのを置く場所もないし、値段も張るからね。

Cimg2238

だるまを売る店は何軒、出ているのか。本堂の前の一等席はだるま屋が占めている。毎年、同じ場所に出店しているらしい。

同じ種類じゃないらしい。高崎だるま、武州(埼玉)だるま、多摩だるまと店によって違うらしい。分かんないけどね。

この3、4日は「厄除元三大師大祭」。深大寺で最大の行事だ。江戸時代からご利益に預かろうと群集が押し寄せる名高いものだった。

「元三大師様のご霊験を崇める10万人余の人々が、押し寄せるように境内を埋め、元三大師堂では諸願成就の大護摩供が終日厳修されます」と深大寺のHP。

こっちがメーンなんだ。ついでにだるま市が開かれてるんだ。

HPには「寺の境内は大小約300余の縁起だるま店が威勢のいい掛け声でだるまを売り、それを買い求める参詣者で身動きがとれないほどになります」とあるけど、そんなには店は出ていない。

だいいち、それほどのスペースはない。

Cimg2242

隣の高みにある元三大師堂から俯瞰してみると、だるま屋だらけだけどせいぜい数十。時の移り変わりでしょうか。

「3大だるま市」についてはこちらで触れてます。

久しぶりに雑踏に疲れた。ひと休みしよう。

2011年3月 3日 (木)

機械遺産なのだ・近藤勇も遊んだ水車が復活・その3@三鷹の大沢の里

水車の仕組みは説明しきれないのでパンフレットにあった図を拝借します。

Cimg2213

上方が粉を挽く部分。下側の柱(杵)が上下して下部の穴に入れた米を搗く。歯車などが複雑に組み合わされてる。

杵の重さは67㌔、1俵(60㌔)を搗くのに約5時間かかる。

江戸時代につくられたままではないが、精巧さにはうなるしかない。無名の平賀源内があちこちにいたんですね。

ということで日本機械学会から「機械遺産」に認定された。「YS11、マツダのロータリーエンジン、ホンダCVCC、新幹線なども認定されてます」と解説員さん。

すごいんだ。日本のトップクラスの技術と並び称されてる。ホームページを見るとなるほど「東海道新幹線0系電動客車」「旅客機YS11」「札幌市時計台の時計装置」「としまえんカルーセル エルドラド」「旧金比羅大芝居(金丸座)の廻り舞台と旋回機構」などとともに名を連ねている。


Cimg2178_2

これは杵です。下に置いた玄米を精米する。機械で精米するよりおいしいそうだ。「熱を持たないですからね」と解説員さん。

日本機械学会の授賞理由は「江戸・明治・大正期の木製機械造りの巧みな伝統的職人技術と農村工場のシステム、さらには母屋や土蔵も隣接し、当時の水車精米製粉所の生活の様子も目の当りにすることができる。・・・わが国の優れた在来機械技術を示す貴重な遺産であり、日本の代表的水車場として世界に紹介できる存在である」。

世界にと来たね。胸を張っていいんだ。こんなのが地元にあるなんてうれしいね。

水車のあるあたりは大沢の里と呼んでいます。野川公園と武蔵野の森公園にはさまれ、田園風景が広がっている。

Cimg2181

これは水車小屋のある旧峰岸家を生け垣の外からパチリ。いい感じでしょ。

外に出ればすぐに野川。かもが数十羽、泳いでいる。餌をあげてるおじさんがいるので待ってるんだ。

向こう岸は「ホタルの里」。行ってみよう。

2011年3月 2日 (水)

速いぞ1分間に10回転・近藤勇も遊んだ水車が復活・その2@三鷹の大沢の里

ボランティアの解説員さんに案内されて水車小屋へ。入場料は100円です。施設の維持管理に使うそうです。

水車はぐるぐる回ってる。速い、速い。

Cimg2169

1分間に10回回転する。直径4・6㍍のでかい水車が6秒でひと回り。目はまわらないけど思い描いていた速度はもっとゆっくりしてた。きっと「森の水車」がイメージの根底にあるせいだ。

♬緑の森の彼方から 陽気な歌が聞えます
  あれは水車のまわる音

これだとゆったりまわっているイメージだ。コトコトコットン、コトコトコットン。この擬音は何の音かな?

ここでは水車自体の回転は音はしない。ただただ回転してる。

水車(水輪)の回転は歯車によって杵が搗く縦の運動に変えられる。年に何回か、実際に米を搗いたり、粉を挽いてみせるそうだが、ふだんは杵は止められている。

杵の音が出てもドン、ドンとかいう種類だろう。となるとコトコトコットンは水輪の回転音なのか。種類が違うのかな。

Cimg2174

水は下の方に流れている。上から注いでまわすんじゃないんだ。深大寺にあるのは上の方からだった。だから水がバシャバシャいう音がしてた。下からだから効率は良くない。

胸掛け式というようだ。

野川との高低差が少なかったんだ。昔は、野川の上流から流れを引き込んでまわしていた。それが野川の改修工事で流れが掘り下げられたために使えなくなってしまった。それを整備してポンプで汲み上げて動かすようにした。

右の写真は粉ひきの部分。上から小麦を流して粉にする。

うまく説明できないが、粉にするまでが全部、水車の動力で自動化されている。

木でできた精巧なからくり機械。仕組みにただただ感心するばかり。コトコトコットンの牧歌的なイメージは完全に覆る。

大人も感動するんだから小・中学生にも見てもらいたい。中学生以下は無料です。

貴重なものだというので日本機械学会から機械遺産にも認定された。マツダのロータリーエンジンなどと一緒というのだから、相当な価値がある。

機械遺産のことは次回に。

2011年3月 1日 (火)

近藤勇も遊んだ水車が復活・その1プロローグ@三鷹の大沢の里

「遊んだ」という表現がふさわしいかは別として、やんちゃ坊主の近藤勇が、このへんを縄張りにしていたことは間違いないでしょう。

勇、幼名は勝五郎。生まれた家は水車の家から150㍍くらいしか離れてないんです。勝五郎は野川にやってきて小魚を捕ったり泳いだりして少年時代を過ごしたはずです。

Cimg2183

pisces

母親に言いつけられて小麦の袋を持たされ、「水車の峰岸さんのところへ行って粉を挽いてきて」とお使いを頼まれたかもしれません。

水車は200年前から動いてます。

勝五郎は上石原村(調布)、水車は大沢村(三鷹)と異なってますが野川の恵みを受けて日々の営みを続けてきたのは共通する。

隣村同士のわんぱくどもがけんかもしたときは、川で向かい合ったんだろうな。

地図を見てください。

野川の下流、上の方の右手にあるのが「水車経営農家・新車(しんぐるま)」。上流の右側に卍龍源寺・近藤勇の墓。

東西に横切る人見街道を右、府中方向に行くと勇の生家跡がある。近いでしょ。下は野川公園、上は武蔵野の森公園。左上の黄緑のところは国立天文台。緑に囲まれた土地です。

野川を利用した水車は6基あったが、残っているのはここだけだ。

Cimg2167

つくられたのは江戸時代の1808年(文化5)ごろ。「新車(しんぐるま)」と呼ばれているのは相対的に新しいからだ。

上流には大沢村の名主を務めていた箕輪家のものがあったらしい。大沢村を開いたのが箕輪将監。その家が名主だった。いまでも箕輪家は大きな屋敷に住んでいる。

新車は三鷹市に寄贈され公開されていたが、動かなかった。止まっているのを見に行ったが、すごく精密な木造の機械だ。直径は4・6㍍もあり圧倒された。

それが平成21年度(2009)の整備工事で再び動くようになったのだ。

精米や製粉に使えるという。

昨年秋から一般公開していて、早く見たいと思ってた。

これは母屋。「すいしゃくん」なんてゆるキャラの旗が立っている。

Cimg2166_2

このへんの農家としては大きい部類ではない。養蚕も行っていたという。

この奥に水車小屋がある。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31