フォト
無料ブログはココログ

« 見つけた!「コミックいわて」@有楽町から勝どき橋へ | トップページ | 苦いか甘いか映画「追憶」の青春の日々 »

2011年2月14日 (月)

名所がなくなった景色@東銀座

いわて銀河プラザから道路の向かい側を見る。あるはずのものがない。

もちろん、立て替えのために取り壊されたのは知っているが、初めて銀座に来た時からあったものがないのは落ち着かない。

Cimg2041

入り口横にあった立ち食いの歌舞伎そばは、けっこういけた。右横には喫茶店があり、この数年は安い値段でコーヒーを出していた。

夕方に通りかかると歌舞伎座の入れ替え客で混んでいた。あの独特の建物と着飾ったお客さん、それが日常だった。

大して気にもしていなかったが、失われてみると喪失感がある。伝統とはそういうものなのか。

初めて通りがかったのは多分、1964年。歌舞伎を見たわけではない。松竹セントラルに映画を見に来たのだ。

歌舞伎座から橋を渡った左側にあった松竹セントラルは、とっくに高級マンションと商業施設になっている。

そこで上映していたのは「ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」。高校生だった。

ロードショーの映画なんてふだんは見なかったが、奮発した。これは誰よりも早く見たかったんだ。

500円くらいだったか。月の小遣いが300円だったからお年玉の貯金をはたいたんだ。

今は昔の出来事。

おや、東劇ビルの1階が本屋になっている。いつからだろう?

Cimg2048_2

勝どき橋手前の九州ラーメン店、ふぐやは健在だ。歩いて橋を渡るのは何年ぶりだろう。左手の奥が聖路加病院、真ん前は佃島。右手は月島。あのビルの下にはまだ、昔の面影が残っている。もんじゃも随分と食べてないな。

そうこうしてるうちに着いてしまった。まだ30分前だ。まいいか、熱燗でも飲んであったまっていよう。

80歳を迎え一線から退いた業界の長老をお迎えしての新年会。長老はわれわれ小僧っ子と同じペースで日本酒を飲んですこぶる元気。えらいもんです。

« 見つけた!「コミックいわて」@有楽町から勝どき橋へ | トップページ | 苦いか甘いか映画「追憶」の青春の日々 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎座がなくなったのは、寂しいものです。
新しく建つ歌舞伎座に、ファンは馴染めるでしょうか?
今の歌舞伎界は、相撲界と状況が似てる気がします。

先日、私もここを通りましたが、ぽっかりでしたねぇ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38850231

この記事へのトラックバック一覧です: 名所がなくなった景色@東銀座:

« 見つけた!「コミックいわて」@有楽町から勝どき橋へ | トップページ | 苦いか甘いか映画「追憶」の青春の日々 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31