フォト
無料ブログはココログ

« 2㍍67㌢でっかいお地蔵さん@新宿太宗寺 | トップページ | 「古代国司館と家康御殿」・郷土の森博物館の特別展 »

2011年2月18日 (金)

信州高遠藩内藤家の墓所@新宿太宗寺

太宗寺は信州高遠藩主の菩提寺でもある。高遠藩は、絵島生島事件で大奥年寄絵島が流された地としても知られる。

そもそも新宿は、内藤家の下屋敷の一部などを返上させて形成され、このへんで庶民の信仰を集めていた「太宗庵」が内藤家の信も得て寺領7396坪の寄進も受けて太宗寺となった。

Cimg1730_2

広いですね。伊勢丹の方まで全部、寺の敷地だったのか。今ではぎゅっと押し込められている。

内藤家の墓所だって300坪もあったが、1952年(昭和27)に都の区画整理事業にともなって現在地に改葬された。

だから今はそんなに大きくはない。

この写真の真ん中が内藤家累代の墓塔、右が五代正勝の墓。

このほか境内には、内藤新宿のお閻魔さん、しょうづかのばあさんとして親しまれた閻魔大王と奪衣婆像があり、江戸庶民の信仰を集めた。

Cimg1725_2

この中に三日月不動像が収められている。高尾山薬王院に奉納するため甲州街道を運搬中、休憩のために立ち寄った境内で盤石のごとく動かなくなったため、不動堂を建立して安置したのだという。

高尾山まではまだまだ遠い。こんな所で動かなくなってはしようがないね。

太宗寺の創建は寛文8年(1668)というからかれこれ450年。前身の草庵からでは500年を超える。だが、境内は縮小され、まとめられて都市の寺院になっているのが残念だ。

« 2㍍67㌢でっかいお地蔵さん@新宿太宗寺 | トップページ | 「古代国司館と家康御殿」・郷土の森博物館の特別展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38911333

この記事へのトラックバック一覧です: 信州高遠藩内藤家の墓所@新宿太宗寺:

« 2㍍67㌢でっかいお地蔵さん@新宿太宗寺 | トップページ | 「古代国司館と家康御殿」・郷土の森博物館の特別展 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31