フォト
無料ブログはココログ

« 畦道はお花畑@野草園近く | トップページ | 信州高遠藩内藤家の墓所@新宿太宗寺 »

2011年2月17日 (木)

2㍍67㌢でっかいお地蔵さん@新宿太宗寺

新宿御苑の帰り道に太宗寺に寄った。地下鉄丸ノ内線の新宿御苑駅から新宿通りを渡って北へいくとすぐそこだ。

Cimg1718

太宗寺の門前がかつての内藤新宿の中心で、本陣や問屋場があった。甲州道中の宿場として内藤新宿がつくられたのは元禄12年(1699)のこと。それまでは日本橋を出発して最初の宿場は高井戸だった。

それでは不便だというので浅草の名主らが宿場開設を願い出たのだ。新設された宿場は、四谷大木戸の西200㍍から伊勢丹のあたりまで。真ん中に位置していたのが太宗寺だ。

新宿厚生年金会館(取り壊されて今は何が建っているのか)のコンサートに行くときに、このへんは何度か通っているが、境内に入ったことはなかった。

右手にでかいお地蔵さんがある。2㍍67㌢もある。

普通にイメージするお地蔵さんは立って杓を持っているが、これは座っている。「銅造地蔵菩薩座像」といって、江戸市中6カ所に造立されたうちのひとつ。この6地蔵の3番目として正徳2年(1712)につくられた。

いずれも街道の出入り口につくられているから、これらのお地蔵さんが江戸を守っていたのだ。

こんな立派なお地蔵さんは、江戸市中の人々の浄財でつくられ、像には寄進者の名前が刻まれ像内には寄進者名簿が納められていた。その数は実に7万2000人を超えるという。

信心深かったんですね。

Cimg1722_2

他のお地蔵さんは、品川寺(品川区)、東禅寺(台東区)、真性寺(豊島区)、霊巌寺(江東区)にあり、深川の永代寺にあったものは明治の廃仏毀釈で壊されてしまった。

永代寺そのものも廃寺とされ、お地蔵さんはキューポラのある街・川口の鋳物屋に売られてしまったという。溶かされちゃったんだ。

« 畦道はお花畑@野草園近く | トップページ | 信州高遠藩内藤家の墓所@新宿太宗寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38899025

この記事へのトラックバック一覧です: 2㍍67㌢でっかいお地蔵さん@新宿太宗寺:

« 畦道はお花畑@野草園近く | トップページ | 信州高遠藩内藤家の墓所@新宿太宗寺 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30