フォト
無料ブログはココログ

« マチダがえぐる「本田拓はチャラ男だ」 | トップページ | 韓国も認めた日本代表・気持ちいいね »

2011年1月27日 (木)

希望をもたらしたスノードロップ

楽園を追い出されたアダムとイブに雪が降り掛かって来た。空は暗く、やむ気配もない。永遠に続くかと思われる冬に絶望して泣きじゃくるイブ。

Cimg1954

そんなとき天使があらわれて、ひとひらの雪に息を吹きかけた。

それは地に落ちてスノードロップの花に変わった。

春がすぐそこまで近づいていることを告げる花だった。

こうして《希望》が生まれた。

かならず明日はくる。夜明けもくる。シンプルだけどしみる話だ。

ここは神代植物公園のグリーンギャラリー。なんて名前なんだろうと、しげしげと眺めていたら通りがかった人が「スノードロップです。この花にまつわる伝説もいろいろあって面白いですよ」と親切に教えてくれた。植物公園のバラ園の南側にも群生しているそうだ。

見れば見るほどスノードロップ、雪のしずくだ。でも、ドロップは「しずく」ではないらしい。「耳飾り」からの連想らしい。「雪の耳飾り」。といっても「耳飾り」も「しずく、したたり」から派生した意味だから同じことか。

Cimg1957

ドイツではこんな言い伝えがある。雪には初め色がなかった。神さまにいわれて、花たちに色を分けてくれるように頼んだが、冷たい雪には分けてくれない。スノードロップだけが自分の色を分けてくれた。

それに感謝して雪は、スノードロップに春一番に咲く栄誉を約束した。

ロシアやイギリスでも別の伝説がつくられているそうだ。

キリスト教の聖燭祭(2月2日)では祭壇に撒かれ、純潔の象徴とされる。そんな祭りがあるんですね。聖母マリアを清める日だそうです。

厳しい寒さが続いていますが、東京では日没が午後5時過ぎになりました。お天道様の時間は少しずつ伸びてます。

もうすぐ春ですねえ。(by キャンディーズ)。

« マチダがえぐる「本田拓はチャラ男だ」 | トップページ | 韓国も認めた日本代表・気持ちいいね »

調布市」カテゴリの記事

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38615051

この記事へのトラックバック一覧です: 希望をもたらしたスノードロップ:

« マチダがえぐる「本田拓はチャラ男だ」 | トップページ | 韓国も認めた日本代表・気持ちいいね »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31