フォト
無料ブログはココログ

« 梅は香り&五感を刺激するヘンテコ住宅に誓う新年 | トップページ | イイギリの赤い実が青空に映えてた深大寺初詣 »

2011年1月 2日 (日)

氏神さまにお参り・三鷹にある小字深大寺

天皇杯が始まる前に氏神さまにお参りした。ブログを始めた頃にも書いたけど三鷹にも深大寺という地名があるんです。

調布の深大寺周辺にいた兄弟が、新田開発でこの地に移り住んだんです。いきさつについてはこちらをご覧ください。

元の住所は調布の絵堂。飛び地だったので三鷹村に編入された。

移り住んだあとに、やや落ち着いたのか小さな祠を造った。18世紀の中頃のこと。明治になって場所は移ったが、原野を開拓した先人たちに敬意を表して初詣で。

Cimg1762

近隣の住民が結構お参りにくる。ここは深大寺にかつてあった別当寺多聞院の山伏から青梅・御嶽神社の木札をいただいて新田鎮護の神として祀った。

当時のここいらは尾張家の鷹場。鳥や虫を捕るのは堅く禁じられていた。鷹の餌を捕るなんて言語道断。そのため鳥獣や虫の害が百姓を悩ませていた。山伏がそれらの害を払うおまじないをしたんだろうか。


Cimg1765

だから初めは御嶽権現だったが明治の神仏分離令で御嶽神社になり、昭和天皇の御大典記念に場所を遷して社殿をつくった。多聞院もこの時に壊されたんだと思う。

村人たちが5円、10円を寄付したんだそうだ。大変な額だ。

村の神社にもこんな歴史があるんです。

家内安全、無病息災をお願いしてきました。

ところで天皇杯サッカー。鹿島は試合巧者だ。一時は清水に流れが傾いたんだけどFKをきっちり決めて、清水の勢いを断ち切ってしまった。

準決勝のFC東京戦もそうだったけど本山が入るとボールが落ち着き、小笠原が前に出られる。あのひょうひょうとした顔とプレーは好きだ。

だけどチームを去る長谷川健太監督、甲府に移籍する伊東、市川のためにも清水に勝たせてやりたかった。

« 梅は香り&五感を刺激するヘンテコ住宅に誓う新年 | トップページ | イイギリの赤い実が青空に映えてた深大寺初詣 »

三鷹市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38300643

この記事へのトラックバック一覧です: 氏神さまにお参り・三鷹にある小字深大寺:

« 梅は香り&五感を刺激するヘンテコ住宅に誓う新年 | トップページ | イイギリの赤い実が青空に映えてた深大寺初詣 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31