フォト
無料ブログはココログ

« 冬来たりなば・・・@野川公園(三鷹市) | トップページ | 冬野菜がうまい・農家の庭先販売 »

2010年12月20日 (月)

修学旅行はお米を持ってったんです

土曜の夜はいつものようにNHKラジオの「今夜も大入り!渋谷極楽亭」。先週はお休みした森口博子、舞台の「裸の大将」に出ていたんだそうだ。それも母親との共演。70歳を過ぎたお母さんの舞台熱が高まって、出演にあいなってしまい、森口よりも盛大な拍手をもらったことなどを緊張気味に報告。山下清役は芦屋雁之助の弟の小雁がやってるらしい。

ゲストは声優で歌手の堀江美都子。堀江の歌にあこがれて育った森口はテンションはピークから下がらない。デュエットまでして感激しっぱなしだった。

9時に終わってテレビでも見ようかとNHKのBSにしたら「月光仮面」の映像が流れていた。

月光仮面が長ゼリフで犯人にお説教をしてる。「金や権力を持つものがのさばる世の中になっている。そんなことでいいのか。君は日本人だろ。だったら弱いものに味方するべきだ」とかさとす。おそらく犯人は、これで改心してめでたしめでたしになるんだろう。

Cimg1471_2

悪者をやっつけるんではないんです。毎週のように見てたけど、懲らしめるのではなく、諭しているとは記憶してなかった。原作脚本の川内康範さん、単純図式じゃないドラマをつくっていたんだ。

レポートはみうらじゅん。神奈川県内の寺を訪ねて月光菩薩を拝みながら川内さんの真意を探る。月光菩薩は薬師如来の右に位置して、薬師如来の教えを守る役目を果たしている。

月光仮面も、仏の教えを伝えている。みうらが感心していた。

何の番組だ。「日めくりタイムトラベル」で、この日は昭和33年(1958)。主な出来事を紹介して時々、ロングバージョンで特集するようだ。

ロカビリーブームも特集。日劇ウエスタンカーニバルの熱狂の映像が流され、平尾昌晃、ミッキー・カーチス、山下敬二郎もスタジオに登場。この年に日本の文化シーンが転換したことが実感できた。

さてタイトルの話。修学旅行にはお米を持参してたんです。思い出したのは秋田県の八郎潟を埋め立てた巨大プロジェクト。この年から埋め立てが始まり、入植が開始された頃には、もう米余りが起こっていたという、漫画みたいな話。

琵琶湖に次ぐ日本第2の湖を埋めちゃったんです。近代化というのは愚劣です。

当時、お米を買うには米穀通帳が必要だった。スーパーなんてなかったし、あっても売ってはいけなかった。通帳を持って行って米屋で買うしかなかった。配給制だったからです。それ以外で買うのはやみ米。

お米が足りなくて流通を国が管理してたんです。

だから旅館も米が大量には手に入らない。それでお米を入れた袋をバッグに入れて現地で渡してご飯を食べたんです。

何合持って行ったのか。3合くらいだったと思う。旅館では、その米を混ぜて炊いたんだろうか。その辺は分からない。

信じられないでしょ。

お米は大切だった。それが染み付いているからご飯は残したことがない。

« 冬来たりなば・・・@野川公園(三鷹市) | トップページ | 冬野菜がうまい・農家の庭先販売 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38135324

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行はお米を持ってったんです:

« 冬来たりなば・・・@野川公園(三鷹市) | トップページ | 冬野菜がうまい・農家の庭先販売 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31