フォト
無料ブログはココログ

« 武蔵野市にも富士山があるんです | トップページ | はるばる秘境檜原村から武蔵野に移住してきた人々 »

2010年12月 5日 (日)

江戸時代の武蔵野新田開拓に応じた人々・境村

住みたい町ナンバーワンの吉祥寺を抱えた武蔵野市の好感度は高いが、江戸時代の初めはほとんど人が住んでいなかった。おそらく井の頭の周辺に小さな集落があった程度だろう。

武藏野市のホームページでも「吉祥寺の八幡宮や井の頭池の付近から、鎌倉時代末期以降に作られた板碑(供養の石碑)が出土されており、この時代にも人々が住んでいたことが推測されます」と遠慮がちに記述している。

Cimg1540

だから原野を開き、村を作った人々は皆、よそからの移住者だ。吉祥寺は吉祥寺門前から、西窪は西久保城山町から移り住んで五日市街道沿いを開拓する。西久保城山は今のホテルオークラの裏手です。

次いで練馬の農民が中心になって関前を、保谷の人々が境を開いた。この4か村が一緒になってできたのが武蔵野村。玉川上水が開通して耕作が可能になったのだ。

境村については前回、なぜ杵築大社がここに鎮座しているのかを中心に少し触れた。

出雲松江城主・松平直政の下屋敷が置かれ鷹狩りの際に使われた。その案内役を務めたのが保谷村の百姓三右衛門。下屋敷跡を与えられて開拓したのが三右衛門らで出雲新田と呼ばれていた。

三右衛門追善のために作られた阿弥陀如来像が今も観音院に残っている。

観音院は中央線武蔵境駅の真ん前にある。改札を出て1分だ。西武多摩川線のホームからは寺院と墓地が目の前に見える。

この寺は杵築大社の別当寺。神社と同時期に作られている。正式には来迎阿弥陀如来像で天和2年(1682)に造立された。武蔵野市所在の石仏としては最も古い。

木にさえぎられているが正面は武蔵境駅です。左手が観音院、右側は市の施設を建築中です。

Cimg1543

石仏は下田家の墓所にある。三右衛門の名字は保谷、のちに下田を名乗ったようだ。

江戸時代に百姓は名字を持っていなかった、明治になってあわててつけたという説があるが嘘っぱちです。多くの百姓は名字を持っていた。公的に使用が許されなかっただけです。

ついでにいえば刀も槍も持っていた。しまってあっただけなんです。秀吉の刀狩りで根こそぎ奪われたというのも俗説です。藤木久志「刀狩り」(岩波新書)は、その実態を調べて面白い。日本国民が本当に武器の所持を禁じられたのはマッカーサーによってなのだ。たかだか60数年前。

観音院の墓地にはもう1つ興味深い墓がある。それは次回に。

« 武蔵野市にも富士山があるんです | トップページ | はるばる秘境檜原村から武蔵野に移住してきた人々 »

武蔵野市」カテゴリの記事

近世史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37956305

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の武蔵野新田開拓に応じた人々・境村:

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

« 武蔵野市にも富士山があるんです | トップページ | はるばる秘境檜原村から武蔵野に移住してきた人々 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30