フォト
無料ブログはココログ

« 新宿御苑の一角に新井白石終焉の地 | トップページ | 甦った都心のせせらぎ@新宿御苑の玉川上水分水 »

2010年12月29日 (水)

絶滅危惧種センカクツツジ@新宿御苑

新宿御苑の外周をぐるっと回っている。新井白石終えんの地を発見し、なおも塀沿いに行くと都立新宿高校のグラウンドがあるので御苑からは離れるしかない。でも、ついでだから新宿駅南口の高島屋前からまた御苑方向へ。

Cimg1686_2

あれれ、こんな近くに入り口がある。新宿高校の正門を過ぎたら入り口だった。以前は地下鉄の新宿御苑駅が最寄りだったのに再開発で移ったんだ。

新宿もご無沙汰で年に1、2度来ても丸井のあたりまでだし、こちら側は20年くらい足を伸ばしてない。変わるのも当然だ。

入り口の新宿門前の庭では水仙が見頃になっていた。そうか12月の中旬には盛りになるんだ。認識を改めなくてはいけない。野川公園の水仙も決して早くはなかったんだ。

何か施設がある。インフォメーションセンター。入ってみよう。カフェがある。何か展示をやっている。

Cimg1705_2

絶滅危惧種の植物だ。日本植物園協会では、絶滅の恐れのある植物を育てて増やす取り組みを続けて、いまでは日本産絶滅危惧植物の60%を保有してるんだそうだ。

10数種くらいが展示されている中で、オッと反応したのはセンカクツツジ。尖閣には敏感になるよね。センカクモグラなどもいて貴重な動植物の宝庫らしい。

中国のごり押しにどう対応したものやら。

ネットで調べるときれいな赤紫の花をつけるようだ。尖閣諸島では崖にへばりついて風雨にたえながらしっかりと根を張っているようだ。

Cimg1697

展示は26日までで、もう終わってますね。訪れたのは22日でした。すみません。

今年春、玉川上水の分水がつくられた。もうちょっと行ってみよう。

Cimg1690

右下の千駄ヶ谷から矢印の新宿門まで来たんだ。「千駄ケ谷(六)」の表示の下の長方形が、前回の新井白石終えんの地です。

« 新宿御苑の一角に新井白石終焉の地 | トップページ | 甦った都心のせせらぎ@新宿御苑の玉川上水分水 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/38248709

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅危惧種センカクツツジ@新宿御苑:

« 新宿御苑の一角に新井白石終焉の地 | トップページ | 甦った都心のせせらぎ@新宿御苑の玉川上水分水 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31