フォト
無料ブログはココログ

« 「青踏」と高村智恵子・二本松の記念館 | トップページ | 福島駅のそばで見つけたそば処「高山」 »

2010年12月 2日 (木)

安達駅で売ってたシモフリシメジ200円

智恵子の生家から歩いて東北本線の安達駅へ。「安達が原ふるさと村」があるようだが、鬼婆がいるわけではないのでパス。

Cimg1436

小さな駅舎で電車を待っていると、おじいさんがバッグからキノコを取り出して「買わないか?」という。
1パック200円。シモフリシメジだという。霜が降りる頃に採れるので名付けられた。おいしそうだ。

家に戻って調べてみると、幻のキノコで、香りは松茸よりも優れていて、いいダシが出るという。でも、本物かなあ。別名は銀茸というように、写真を見ると傘が銀色だ。これは普通の茶色。だまされたかもしれない。


Cimg1450

「きょうはキノコ鍋」と宣言したのはいいが、毒キノコじゃないかと心配になる。見知らぬおじいさんから買うなんて思慮が足りなかったと反省。1本だけソテーして試食してみる。30分経ったけど異変は起きない。大丈夫だろう。

しゃきっとしていて食感はよかった。家族みんな鍋を食べたが、特に好評ではなかった。

安達からは福島を目指す。安達の次は松川。停車時間にきょろきょろ見回したが、松川事件を思わせるものは見つけられなかった。下りてもいいんだけど次の電車まで1時間あるのであきらめた。

« 「青踏」と高村智恵子・二本松の記念館 | トップページ | 福島駅のそばで見つけたそば処「高山」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37918098

この記事へのトラックバック一覧です: 安達駅で売ってたシモフリシメジ200円:

« 「青踏」と高村智恵子・二本松の記念館 | トップページ | 福島駅のそばで見つけたそば処「高山」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31