フォト
無料ブログはココログ

« 二本松で「龍馬伝」を見てきた・福島 | トップページ | 秋深まる深大寺・あんこ入り草もちはどっちのそば屋がうまいか・調布 »

2010年11月19日 (金)

1年余の手間ひま掛けた三色千輪咲き・福島二本松

まだ菊人形展の会場にいる。「三色千輪咲き」は栽培に1年2カ月を費やした労作だ。

説明書きによると、外国産のヨモギを台木にして赤、白、黄の菊を接ぎ木するんだそうだ。まず、前年の8月下旬か9月にヨモギのタネを播き、翌年の2〜3月に配色を考えて接ぎ木をする。その後、芽を摘む摘心を繰り返す。

Cimg1373

簡単に言えばこういうことなんだけど、並みのことではないんだろう。「世界初」だそうです。

地元の人たちや菊の愛好家の努力で成り立っているんだけど年々、観光客は減っているんだって。最盛期は30万人もの人が詰めかけたが今では10万を超えるくらい。

地元の人に聞いたら「一度見ればねえ」。福島市内の知り合いも「一度は行ったけど…」の返事。リピートの魅力が失せているんだ。

地方のイベントやテーマパークはどこも苦戦している。にぎわっているのはB級グルメばかり。そういえば2年前にさきたま古墳群を見に埼玉県の行田に行ったとき、忍城の近くの公園でB級グルメ大会をやっていた。

すごい人出だった。次から次へと押し寄せている感じ。その時はあまり関心がなくて、何が出店しているのか確かめもせずに通り過ぎただけだった。惜しかった。ちゃんと見ておけば良かったと悔やんでいる。

《こんなのもありました。五重塔》

Cimg1389

《種類は分かりません。日本人はしだれているのが好きなようです。しだれ桜にしだれ梅》


Cimg1399

《これはしだれの変形?見事なもんです》


Cimg1402

《そういえば京都の学ちゃんが「ことしの菊はうまく咲かなかった」と言ってました。猛暑にやられたんだ。特に赤系がいけなかったそうです。二本松の人も大変だったろう》


Cimg1400

《これは千輪咲きとしだれ咲きですかね。それにしても皆、大輪の菊をよく咲かせたもんだ。不器用で今期のない私にはとても育てられません。頭が下がります》


Cimg1404

さて、菊も見て念願が叶ったし、次に目指すは岳温泉。高原の温泉であったまるぞ。


« 二本松で「龍馬伝」を見てきた・福島 | トップページ | 秋深まる深大寺・あんこ入り草もちはどっちのそば屋がうまいか・調布 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37717425

この記事へのトラックバック一覧です: 1年余の手間ひま掛けた三色千輪咲き・福島二本松:

« 二本松で「龍馬伝」を見てきた・福島 | トップページ | 秋深まる深大寺・あんこ入り草もちはどっちのそば屋がうまいか・調布 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30