フォト
無料ブログはココログ

« 「アド街」の影響?そば屋に大行列・深大寺 | トップページ | 深大寺周辺はキンモクセイだらけ »

2010年10月 5日 (火)

公園と戦争⑸・立川基地のゲートを探して・昭和記念公園

立川駅がすっかり変わってしまった。駅ビルはできるしモノレールが走っている。北口も南口も昔の面影は全くない。

毎日通ったのは、なにしろ45年も前の昭和30年代後半のこと。変わらない方がおかしい。さらに20年以上前の立川駅近くのことを書き記した本がある。


Cimg0953

「立川の中学に入った私は、忽ち武蔵野の雑木林の美しさにひきつけられた。
中学は線路の南にあったが、東のほうに南武線という、当時私鉄だった線路が走っていたが、その東はもう雑木林であった。クヌギを主体として、ナラやマツ、たまにスギなどがまじっていた。国立と立川の間、今のJRの電車は若葉の季節には緑のトンネルを走る。

それで中学一年の春、中間試験の最終日の最後の試験が昼近く終ると、私は電車に乗らずに、国立まで雑木林の中を歩いた。本当に安らかな世界だった」

三浦朱門氏の「武蔵野ものがたり」(集英社新書)からの引用です。

三浦氏が中学に入ったのは昭和13年(1938)、私も線路の南の高校に通っていたが、もう住宅地になっていた。雑木林の美しさに惹かれることはなかった。そう、三浦氏は大先輩になる。蹴球部に三月ほど籍を置いたことがあるというから、そちらも同じだ。

さらに40年、感慨に耽るよすがさえ失われている。


三浦氏が通った府立二中は今の都立立川高校。その昔、村長養成学校といわれていたそうです。多摩の村長がほとんど卒業生だった。今でも、市長に出身者がたくさんいて、同窓会をつくって多摩市政について横の連絡を取っているらしい。

北口には中武デパートがあった。唯一のデパートだった、影も形もない。かわりに、伊勢丹と高島屋がある。地元資本から中央の資本になった。ビルが建ち並んでいる。往来の混雑は新宿並みだ。

駅を出て5分くらいで米軍立川基地のゲートがあったはずだが、町並みがまるで違っている。確か、映画館のそばにあったはずだが……。

手間取りましたが、これからゲートを探しにいきます。

« 「アド街」の影響?そば屋に大行列・深大寺 | トップページ | 深大寺周辺はキンモクセイだらけ »

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37075768

この記事へのトラックバック一覧です: 公園と戦争⑸・立川基地のゲートを探して・昭和記念公園:

« 「アド街」の影響?そば屋に大行列・深大寺 | トップページ | 深大寺周辺はキンモクセイだらけ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31