フォト
無料ブログはココログ

« お鷹の道の周りは本多さんちだらけ | トップページ | 地獄を見た映画作り・笹倉明著「映画『新・雪国」始末記」 »

2010年10月28日 (木)

毎日新聞夕刊のバカ記者・仙谷由人過激派説

事実を知りもしないくせに、きちんと調べずに資料から孫引きしてしまうーーこういう人はどこにでもいる。でも、痩せても枯れても大手新聞の記者だったら、間違いを鵜呑みして、引用するのは恥ずかしい。

28日の毎日新聞夕刊。2面の「特集ワイド」は、影の首相の素顔を探るとして仙谷由人官房長官をクローズアップしていた。

Cimg1225_2

メーンの大きな見出しが「影の首相の影の顔」、その上に「けんもほろろの取材対応…ならば知る人に聞こう」。これも一種のやらせだ。

自宅前で待ち構えていたら、「皆さん方の商売とはいえ…」と、小声で語尾を濁して車に乗り込んでしまった、という。

アポなしで官房長官にじっくり話を聞けるわけがない。そんなの常識だ。「けんもほろろ」ではない。本論に入るためのイントロとして使っているのだが、賢明ではない。

「ならば、本人の人柄を知る人に話を聞いてみよう」と続ける。仙谷のイメージを悪化させる効果はあるが、真実らしく見せるために読者だましの細工をするのはフェアではない。

で、聞いたのは松本健一麗沢大教授。東大の同級生。

あちこちでいわれている仙谷過激派説についても確かめている。

「仙谷は比較的穏健な『フロント』(社青同構造改革派)に出入りしたが、学生運動家ではない。安田講堂事件の時も救援対策する役回り。『学生運動の闘士』とか言われるのは尾ひれがついている」。

松本氏は「フロント」とだけ話したのを記者が「社青同構造改革派」と補った。

「バカ!」と叫んで新聞をちぎりたくなったが、家族が読むので思いとどまった。

そんなセクトは存在したことがない。フロントは、統社同・社会主義学生戦線だと思う。あいまいなのは、もう忘れてしまったから。「戦線」を英語にして「フロント」と言ったのだ。当時(60年代末)はフロントで通じた。逆に言えば正式名称は知られてなかった。

勘違いや単なる間違いは誰にでもあるので、大新聞でも許す。でもこれは、資料を確認せずに写しているので深刻だ。

「社青同構造改革派」とはじめて活字にしたのは多分、文藝春秋の7月号あたり。6月の発売か。このころから仙谷過激派説が、あちこちで語られ、「社青同構造改革派」なるセクトが誕生した。元公安の有名人も、平気で使っているらしい。

社青同(社会主義青年同盟)は、もとは社会党の青年組織でのちに縁を切り(切られ?)、学生組織としては「社青同解放派」がある。青いヘルメットだった。早稲田の全共闘議長・大口明彦氏が解放派。彼の演説はかっこ良くて、女子大生に人気があった。今は人権派の弁護士になっているらしい。

フロントは、構造改革路線の穏健派。いわゆる過激派ではない。石も投げず、ゲバ棒も持たなかった。共産党を除名になった「日本のこえ」などと近く、暴力革命を否定し、社会民主主義に近いのかな。理論家はいいだもも氏だったか。

社会党では江田五月議員の父三郎氏が構造改革派だった。ほかに構造改革派の学生組織は、プロ学同、共学同があり、構改三派と呼ばれていた。70年過ぎには名前を聞かなくなったから雲散霧消したのか。

社青同と構造改革派は、似ても似つかない。

松本健一さんにもお詫びをしなければならないだろう。

署名記事だ。若い記者で知らないのは理解する。だったらちゃんと調べろよ。文藝春秋に書いてあるから、調べなくてもいいのか?

文藝春秋に疑問も抱かずに鵜呑みしているんだ。疑問、疑いが記者の初めの一歩だろうに。あー、恥ずかしい。


down 「通りすがりさん」からコメントをいただきました。

コメント欄を読んでいただければいいのですが、下の方なのでここに転載します。

いえ、社青同構造改革派というのは存在しました。「主体と変革派」と呼ばれ、国労の北海道や全逓の埼玉などにいました。70年以降、解放派などとともに社会党を離れてしまいましたが、もともとは社会党の江田三郎につながる構造改革グループです。ただ、それとフロントが何の関係もないのはご指摘の通り。産経新聞がまたまたその孫引きで「暴力装置」発言にからめて「フロント(社会主義青年同盟構造改革派)」などと書いていましたが、新聞記者って本当に何も調べずに書いているんですね。
                  ※    ※
確かに社青同はもともと社会党の下部組織ですから、江田三郎らの構造改革グループに連なる派がいたんですね。学生組織のことしか知りませんでした。

ご指摘ありがとうございます。

それにしても産経もひどい。


« お鷹の道の周りは本多さんちだらけ | トップページ | 地獄を見た映画作り・笹倉明著「映画『新・雪国」始末記」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

いえ、社青同構造改革派というのは存在しました。「主体と変革派」と呼ばれ、国労の北海道や全逓の埼玉などにいました。70年以降、解放派などとともに社会党を離れてしまいましたが、もともとは社会党の江田三郎につながる構造改革グループです。ただ、それとフロントが何の関係もないのはご指摘の通り。産経新聞がまたまたその孫引きで「暴力装置」発言にからめて「フロント(社会主義青年同盟構造改革派)」などと書いていましたが、新聞記者って本当に何も調べずに書いているんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37431684

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞夕刊のバカ記者・仙谷由人過激派説:

« お鷹の道の周りは本多さんちだらけ | トップページ | 地獄を見た映画作り・笹倉明著「映画『新・雪国」始末記」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31