フォト
無料ブログはココログ

« 黄花の突き抜きほととぎす——という名前の植物 | トップページ | 公園と戦争⑺・米軍基地に向かって跳び蹴り・昭和記念公園 »

2010年10月24日 (日)

見返り草 秋明菊・まだまだ野草が咲いてる野草園

もう冬も近いし、咲いてる花も少ないだろうと調布の野草園まで散歩したんだけど大間違い。知らない花が盛りで思わぬ収穫でした。前回は黄花の突き抜きホトトギス(きばなのつきぬきほととぎす)などに見とれたけど、これも何ともいえない不思議さがあった。

見返り草、みかえりそう。思わず見返ってしまうほど美しいのが名前の由来とか。

Cimg1179

そうですかねえ。葉っぱは虫に食われているし、なんだか毛虫みたい。あまりアップにしない方がいいのかな。

では、ちょっと引き目で。どうですか?

Cimg1181

福井県から西に分布しているので、関東の人にはなじみがない。「そう」の名前がついてるが、草ではなくて木なんだそうです。シソ科の木。

草と木の違いってなんだっけ?

基本的に、その違いは幹にある。「草」は、茎が太くなることはないが、「木」は、毎年成長を続け幹も太くなる。この幹が太くなることを肥大成長と言い、これが「木」の特徴なのだそうだ。

草は冬になると地上部が枯れてしまうが、木はそうではない。竹はどっちか?2年目からは幹が成長せず、年輪も作らないので草らしいが、意見は分かれているらしい。

これはシュウメイギク、漢字で書くと秋明菊。古い時代に中国から渡来した。京都の貴船に多く見られたことから別名貴船菊。中国では秋牡丹ともいうらしい。いずれもきれいな名前がついてます。京都貴船は京の奥座敷、鞍馬の方。牛若丸も見てたのかな。

Cimg1170

ちょっとしおれかけているのが残念。あっ、菊とついてるがアネモネの仲間だそうです。

清楚なやつを。シラヤマギク。これはキク科です。

Cimg1176

アザミもきれいだった。種類は分かりません。


Cimg1196_2

« 黄花の突き抜きほととぎす——という名前の植物 | トップページ | 公園と戦争⑺・米軍基地に向かって跳び蹴り・昭和記念公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37360426

この記事へのトラックバック一覧です: 見返り草 秋明菊・まだまだ野草が咲いてる野草園:

« 黄花の突き抜きほととぎす——という名前の植物 | トップページ | 公園と戦争⑺・米軍基地に向かって跳び蹴り・昭和記念公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31