フォト
無料ブログはココログ

« 公園と戦争⑺・米軍基地に向かって跳び蹴り・昭和記念公園 | トップページ | お鷹の道の周りは本多さんちだらけ »

2010年10月26日 (火)

立川基地は3分割・公園と戦争⑻・昭和記念公園

米軍立川基地ゲート近くの映画館は、立川セントラルと立川中央という館名だった。ただ区別しただけ。セントラルが洋画で、中央が邦画だったか。もう1スクリーンあったかもしれない。

Cimg0946

今はシネマシティ。シネコンとしては早い方だ。余談だが、タツミ興行にはお世話になった。

ATG映画「不連続殺人事件」(77)を製作したのがタツミキカク。内田裕也さんとはじめてあったのがこの作品の新潟ロケ。

荒井晴彦(「赫い髪の女」=79、「遠雷」=81、「Wの悲劇」=84=などの脚本)、斎藤博(「セーラー服百合族」=83、「ボクの女に手を出すな」=86、「ザ・中学教師」=92=などの脚本)や荻原達(「西部警察パートⅢ」などを監督)が助監督で、新潟まで遊びに行った。

高校時代は授業をさぼってここで映画を見た。

映画館の先のモノレールのガードをくぐると景色ががらりと変わる。ぶらりと巡ってみる。モノレールの西側は開発されていず、広い道路の両側に警視庁多摩総合庁舎や災害医療センターなどが点在している。

米軍立川基地は77年に返還され、3分割されることになった。国と地方自治体と自衛隊。米軍基地は3分割で返還されるパターンが多いようだ、府中もそうだし、ジョンソン基地もそうだ。調布は自衛隊ではなく、民間の飛行場になって少し異なるが、まあ同じパターンだろう。

立川は国立昭和記念公園と自衛隊、業務地区に線が引かれた。モノレールから西が業務地区というわけだ。

Cimg0948

おっ、第4機動隊もここにある。精鋭を集め「鬼の4機」と恐れられた部隊だ。ヘリコプターがホバリングをしてる。自衛隊のものか警視庁のものか。

自衛隊立川駐屯地のゲートがあった。「写真をとっていいですか?」と一応断ると門番の隊員が「ちょっと待て」と奥の事務所に電話する。

事務所から上級らしい隊員がやってきて「基地の奥を見通せないように撮るならいい」とのことだった。

公道からとるんだから許可はいらないはずだが、連れ込まれたりすると面倒なので、門柱を中心にパチり。

地図で見ると、自衛隊は相当に広い。目分量で南北に2000㍍はある。米軍滑走路の跡らしき直線が貫いている。

このゲートは、南の端だ。米軍と同じように立川駅に近いところに入り口をこしらえている。その方が便利だもんね。

海上保安庁や裁判所、国文学研究資料館、国立国語研究所、立川拘置所などもこの一帯にある。緑は多いが、道路は直線で、歩いていても面白くも何ともない。

昭和記念公園の手前が公園になっていて、総合案内所にはベンチがあるからそこでひと休みしよう。

                    ×     ×

「現在地」の三角印の左が高島屋。縦の二本線はモノレール。右下の緑の部分はまだ昭和公園ではなく、無料の公園。その左側は空き地。国有地なのか。

Cimg0943

« 公園と戦争⑺・米軍基地に向かって跳び蹴り・昭和記念公園 | トップページ | お鷹の道の周りは本多さんちだらけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37388555

この記事へのトラックバック一覧です: 立川基地は3分割・公園と戦争⑻・昭和記念公園:

« 公園と戦争⑺・米軍基地に向かって跳び蹴り・昭和記念公園 | トップページ | お鷹の道の周りは本多さんちだらけ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30