フォト
無料ブログはココログ

« 吉祥寺ぶらぶら・小津DVDはほぼ売り切れ&コピスオープン | トップページ | バラに酔ったので山野草コーナーへ・神代植物公園 »

2010年10月16日 (土)

ドヌーブ、ロロブリジーダ&ダイアナはつぼみ・バラフェスタ

午後からは青空が出るというので神代植物公園の秋のバラフェスタ(24日まで)に行ってきました。金曜日だというのに大勢がばら見物。入場してばら園の方に向かうと、もうばらの香りがいっぱい。お目当てはスターの名前のついた種類、どんなイメージでこしらえたのか。


《カトリーヌ・ドヌーブ》

Photo

フランスの知的な名女優。近寄りがたい美しさ。華やかな中に抑えた色気が隠されてるといったところか。

彼女の新作「隠された日記 母たち、娘たち」が23日から公開、第一線を維持してるのがすごい。個人的にドヌーブの「新作」を見たのは「逢いたくて」かな。2002年、随分前だ。

主人公は毎夜、映画を見に行く。タイトルは「めぐり逢い」(1957、ケイリー・グラント、デボラ・カー、監督レオ・マッケリー。監督自身の「邂逅(めぐりあい)」1939のリメーク)。ラブロマンスの名作だ。

パリでは毎日、これを上映している映画館があるらしい。映画ではそうなっていた。ほんとうかもしれない。

とにかく毎晩、勤めを終えて「めぐり逢い」を見る。これが導入部。この一点だけで忘れられない作品だ。

ハイミス(死語か)がめぐり逢いにあこがれて連日「めぐり逢い」を見に行く。このベタさがいい。


スター特集は1カ所にまとまっている。次はジーナ・ロロブリジーダ。彼女のダイナマイトなボディーは、子供には目の毒だった。床屋に置いてあった映画雑誌のグラビアで出合ったのが最初だった。

《ジーナ・ロロブリジーダ》

Photo_2

おや、イエローだ。日本の鼻水をたらしたガキのイメージと作者とは認識が異なるらしい。

となりにダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズがあるのだが、残念ながらまだつぼみ。2、3日したら咲きそうなのが1輪ある。早かったか、残念。咲きそろうのは来週かな。

こんなのもあった。

《シャルル・ドゴール》

Cimg1125

フランスの元大統領。空港などに名前を残している。パリ五月革命を軍隊を出して鎮圧したゴリゴリ。ベトナム戦争に反対した学生の戦いで、この中から映画界ではヌーベル・バーグが生まれる。ゴダールはトリュフォーらとともに乗り込んで、68年のカンヌ映画祭を中止に追い込んだ。「映画の革命か革命の映画か」。すごいスローガンだ。

ドゴールについてのイメージはありません。

次からは別の場所。

《プリンセス・サヤコ》

Cimg1115

《スヴニール・ド・アンネ・フランク》


Photo_3

まあ、何種類あるんだ。形、いろ、花弁のつぼまったのや開いたの、基本知識がないのでいろんなのがあるとしかいえないのが情けない。

中でひときわ気品にあふれたのがあった。いい感じだ。本日、私の一等賞はこれ。

              《プリンセス・ド・モナコ》


Photo_4

グレース・ケリー。手が届かない美。「真昼の決闘」「裏窓」…。事故はショックだった。

白とピンクはモナコの国旗をイメージしたもの。

本日の〆は、名物のばらのソフトクリーム。なめながらばら園を一望。ばらの香りと青臭い味がした。

« 吉祥寺ぶらぶら・小津DVDはほぼ売り切れ&コピスオープン | トップページ | バラに酔ったので山野草コーナーへ・神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37250044

この記事へのトラックバック一覧です: ドヌーブ、ロロブリジーダ&ダイアナはつぼみ・バラフェスタ:

« 吉祥寺ぶらぶら・小津DVDはほぼ売り切れ&コピスオープン | トップページ | バラに酔ったので山野草コーナーへ・神代植物公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31