フォト
無料ブログはココログ

« ドヌーブ、ロロブリジーダ&ダイアナはつぼみ・バラフェスタ | トップページ | 悪童マチダのおすすめB級・山形天童「鳥中華」 »

2010年10月17日 (日)

バラに酔ったので山野草コーナーへ・神代植物公園

バラの刺激に酔ってしまったので頭を冷やすために山野草園へ。神代植物公園の秋のバラフェスタ、ドヌーブやロロブリジーダと名付けられたのを確認、バラの香りに包まれたあとは、人のいない場所へ。

あったかいけど晩秋。まだ咲いてる野草はあるのか。

Photo

あるんです、ちゃんと。これはアキチョウジ。丁字形の花。いい感じでかわいい。山野草園は雑木がうっそうと繁っているので、昼でも暗い。ばら園よりも涼しい。ひんやりとして薄暗い中で、しっかりと咲いている。

右下はセキヤノアキチョウジ。

ちょっと違います。葉の先っぽがとがっていて、花柄が少し長いーーようだ。アキチョウジは西日本に見られ、セキヤノは東日本。セキヤは関所のことで、箱根の関所に多く見られたのがネーミングの由来。


暗いのでフラッシュが光ってしまいました。ほとんど日が射さない場所に生えているが、わずかな光で光合成して成長している。環境に負けないんだ。野草はほんとにたくましい。

ばらの華やかさもいいが、野草のたくましさというか、生きる力には感心させられる。

Photo_3

ナンバンギセルも咲いてました。

ススキ(イネ科)に寄生して生きてる植物だ。根元にあるので分からないが、そこだけススキを横にして空間を作り、誰でも分かるようにしてあった。

子供のころ、野っ原で遊んでいて見つけた記憶がある。変な花があるくらいしか思わなかったが、改めて名前を知りました。かき分けなければ分からないところに咲いて、受粉はどうするのだろう。地べたを張ってる虫が、花の中に入り込むのか。

万葉の頃から知られている花なんです。ススキの根元に生えてるのが珍しかったんだ。

Photo_4

詠み人知らずのこんな歌がある。

《道の辺の 尾花がもとの 思ひ草 
        今さらになど ものか思はむ》

「思い草」っていってたんだ。尾花(ススキ)だけを頼って生きているナンバンギセルのように、私はあなたを頼りに生きているのですから、あらたに何一つ考えることはありませんーーてな意味だ。 

道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今さらさらに 何をか思はむーーとなっているのもある。どっちが正しいんだ。万葉仮名の読み方が異なるのか?

《イヌショウマ》

55

小さい花がいっぱいついてます。切り花にして花瓶に挿したらよさそう。名前に「イヌ」がついてます。役に立たないんだ。サラシナショウマは薬になるけど、これは使えないというわけ。

《イチゴノキ》


Cimg1158

山野草園から芝生広場へ行く途中にあった。地中海沿岸西部が原産。実がなってる木は好きなのでパチり。実はジャムなどにするようだ。

« ドヌーブ、ロロブリジーダ&ダイアナはつぼみ・バラフェスタ | トップページ | 悪童マチダのおすすめB級・山形天童「鳥中華」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/37257192

この記事へのトラックバック一覧です: バラに酔ったので山野草コーナーへ・神代植物公園:

« ドヌーブ、ロロブリジーダ&ダイアナはつぼみ・バラフェスタ | トップページ | 悪童マチダのおすすめB級・山形天童「鳥中華」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30