フォト
無料ブログはココログ

« 「ゲゲゲ」ブーム最後の追い込み・深大寺周遊スタンプウォーク | トップページ | 思わず笑うタヌキマメ・神代植物公園 »

2010年9月17日 (金)

オカリナの澄んだ音色が…・また神代植物公園

続けて60歳以上無料の神代植物公園へ。日なたは暑いが晴れて気持ちがいい。

正門を入ったところでは秋の七草がまとめて植えてある。


Cimg0797_2

きちんと知らないので、お勉強。酒ばかり飲んでいたので常識に欠けている。60の手習いだ。

今回は、前回のダリアとは比べ物にならない地味な山野草園の草花をウオッチするのが目的。

雑木林の小径に、名前を知らない草が茂っている。木々が光をさえぎって空気がひんやりする。

キンミズヒキが咲いていた。黄色い花だ。「ミズヒキは紅い花なんですが、これは黄色ですね」と年配の女性が教えてくれた。

林の中でよく見る。花が小さいので、安物のデジカメではピントが合わない。撮り方がへたなのか。ミズヒキはタデ科で、こちらはバラ科。種類が異なるらしい。

人間はこうした野草の花から園芸種を作り上げてきた。でも、品種改良をされずに、野生のまま残った草花も捨てがたい。花は小さいが、精一杯主張して昆虫を呼んでいる。


あれ、今頃アジサイが咲いている。タマアジサイ。しげしげ見ると、花の要素がぎゅっと圧縮された感じだ。趣がある。

▼キンミズヒキ               ▼タマアジサイ

Photo_4

Photo_5


足早に歩いてしまえば気づかないような花たち。

こんなのもありました。ハマトラノオとカラムシ。

浜虎の尾(ハマトラノオ)は、ゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草。鹿児島県の甑島から沖縄県にかけて分布し、海岸の岩場に生える。

環境省のレッドデータブックでは、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。

生息条件が違うが間違いないのか。ネットで見ると同じ花だ。移植して生育条件を整えているのか。それにしては無造作に生えている。やや種類が違うのかもしれない。

カラムシはどこでも見られる。名札もついているので間違いないだろう。

▼ハマトラノオ               ▼カラムシ

Photo_6

Photo_7

このほか名前が確認できない小さな花が、たくさん咲いてました。

ベンチに座ってひと休みしていたらオカリナの音色が聞こえてきました。澄んだ音色が木々をわたっていく。門の外だ。行ってみよう。

着物の女性が演奏していた。見物人が少しずつ増える。しばし聴き入る。みんなで大きな拍手をして、おばさんグループが「アンコール!」と声を掛けたら応えてくれた。

時々来てほしいな。

Cimg0751

« 「ゲゲゲ」ブーム最後の追い込み・深大寺周遊スタンプウォーク | トップページ | 思わず笑うタヌキマメ・神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/36794489

この記事へのトラックバック一覧です: オカリナの澄んだ音色が…・また神代植物公園:

« 「ゲゲゲ」ブーム最後の追い込み・深大寺周遊スタンプウォーク | トップページ | 思わず笑うタヌキマメ・神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30