フォト
無料ブログはココログ

« 芸術品!カラスウリの花・野川公園(三鷹) | トップページ | 映画「レオニー」のコピーが最後の仕事だった »

2010年8月15日 (日)

ヤブミョウガも立派な花をつける・野川公園(三鷹)

Cimg0488


自然観察園の入り口にヤブミョウガも咲いていると案内があったので探しに行った。この花だけ他とは離れて、雑木が生い茂りじめじめした暗いところで群生してた。

花芽がにょきっと伸びて茎に花がまつわりついている。園芸種の花もいいけど、こちらは素朴だけど工夫をこらした花をつけている。目立たせようという努力、虫を呼び寄せるために必死になって存在を主張している姿には打たれる。

立派なもんだ。

ミョウガの名前はついているが、ツユクサ科です。葉っぱが似ているのでヤブミョウガになったらしい。

花には両性花と雄花の2種類あって、両性花は白いメシベが目立つという。これは両性花だろう。

柵があるのは野鳥の保護区と分けるため。奥にもフェンスがあって、そちらはICU(国際基督教大学)の構内。お互いに自然を保護してるんです。

野川公園を訪れたのは約一月ぶり。前回は7月の初めで、ノカンゾウの盛りだった。「野川公園でノカンゾウが群生してた」と報告した。

真夏になって花の種類がすっかり変わっていたのには驚いた。

Cimg0484

Cimg0469


右の黄色い花はイヌキクイモ。キク科ヒマワリ属。そういわれればヒマワリに似てる。北アメリカ原産の帰化植物だそうだ。

Cimg0480


これはヒオウギ(アヤメ科)。通りがかった女性に教えてもらいました。花に斑点があるのが特徴です。「あっちには、もっと赤みがかったのがありますよ」と親切に教えてくれた。なるほど、色合いが異なる。日当りの差か。


夏休みの週末というので野川公園は子ども連れでにぎわっている。野川に入って小魚や虫を捕まえているお父さんもいる。浅いので大人がついていれば大丈夫。

そういえば都内ではゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)が絶滅してしまったそうだ。網ですくえばいくらでも取れたのに、そんなにデリケートな生き物とは知らなかった。

ナミゲンゴロウは体長3.5~4㌢とわが国最大のゲンゴロウ。かつては全国の池沼や水田で見られ、食用にする地域もあったが、「田んぼなど湿地が減り、湖沼の環境が悪化したため」絶滅してしまった。

湧き水広場では、子どもをせせらぎで遊ばせている。そんな光景を眺めながら、こちらものんびりした時を過ごした。

Cimg0489

« 芸術品!カラスウリの花・野川公園(三鷹) | トップページ | 映画「レオニー」のコピーが最後の仕事だった »

三鷹市」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/36150115

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブミョウガも立派な花をつける・野川公園(三鷹):

« 芸術品!カラスウリの花・野川公園(三鷹) | トップページ | 映画「レオニー」のコピーが最後の仕事だった »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30