フォト
無料ブログはココログ

« とっておき!国立天文台裏の遊歩道 | トップページ | カツオ1匹600円だけど食べきれない・スリランカ便り »

2010年8月30日 (月)

合掌造りの古民家で食事・深大寺白金亭のまずいエビ

親戚の法事後に「白金亭」で食事をした。神代植物公園の東側にある。杏林病院との中間くらい。


Cimg0588

建物は飛騨・白川郷の民家を移築したものだが、屋根は茅葺きではない。従姉妹がセッティング、こんなレストランがあるとは知らなかった。予約をしておかないとならないほど有名らしい。

1階はふすまで仕切られた大きな部屋、2階には小部屋があるらしい。いろりが切ってあってたたずまいも落ち着く。

本日はおすすめランチコース。前菜盛り合わせ、深大寺そば、オマール海老のスープ、和牛の握り寿司、サラダ。ここまではおいしかった。

魚料理は伊勢エビ(あるいは大正えび、手長エビ?。とにかく大きなエビです)。これが鮮度がない。ひどい。冷凍か。冷凍の伊勢エビなんて食べたことがないぞ。材料がないんだったら、新鮮な時期の魚を用意すればいいのに、評判が台無しだ。

メーンは炭火焼のハンバーグ、数種類のソースが用意してあって、何種類かの味が試せる。デザートも果物やアイスクリームなど数種の盛り合わせ。

これで3800円。しなびたエビをのぞけばリーズナブルだろう。

ただし酒は高い。ビールは中ジョッキで700円。焼酎の水割りがべらぼうで1000円。昼間だというのに5杯も飲んでしまった。酒飲みは行かない方がいい。

はとこと大人になってからはじめて話をした。檜原村に住んで畑をやっている。村民だけが入れる共同の温泉を自慢していた。回数券を持っていけば入れるらしい。1回200円。

秋になったら檜原城跡に上って温泉につかるぞ。檜原村は甲斐の武田と関東の北条氏の国境。山の向こうは武田領だ。檜原城は防衛の拠点だった。

藤木久志さんの本を片手に、村人と戦国時代に思いをはせにいこう。

藤木さんの近刊は「中世民衆の世界ー村の生活と掟」(岩波新書)、同じ岩波新書の「刀狩り」は常識を覆してくれる。

« とっておき!国立天文台裏の遊歩道 | トップページ | カツオ1匹600円だけど食べきれない・スリランカ便り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/36428768

この記事へのトラックバック一覧です: 合掌造りの古民家で食事・深大寺白金亭のまずいエビ:

« とっておき!国立天文台裏の遊歩道 | トップページ | カツオ1匹600円だけど食べきれない・スリランカ便り »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30